最近の父

いつから寝たきりになったのかよくおぼえていない、
あれよあれよというまだったような・・・

11月に突然立てなくなり、ドプスがたまってきたせいかと
考えていた。
それでも脱力しながらでもトイレまで車椅子で行き、
なんとか用をたし、お風呂もシャワーも浴びていた。

12月、訪問診療が始まり、父の身体の硬直がパーキンソン症状の
悪化であること、腕をまげると、わずかに残る筋肉が痙攣していること
などからまず、身体の緊張をとらなくてはということになった。
そしてネオドパストンの開始。
本来なら薬はあまり増やしたくないというのが先生にも私にも
あったのだが、緊張が強すぎること、そして、何よりも
父自身がもう少し歩きたいという希望を示していたことが大きかった。

ドプスを減らしながら
ネオドパストンを半錠を2回に分けて飲んでから4,5日して
父が私においでおいでをした。
私の前で手のひらを開いたり、握ったりして、
動くことを知らせた。
緊張が取れたのだ。
夜もがちがちで眠っていたのが、リラックスしている。

そして25日からドプスをやめてネオドパストン1錠を飲み始まった。
身体の緊張はゆるやかになってきた。
心配した幻視で不穏になることもない。

ただ毎日様子は変化するのでこれだという決まった形にはならない。
昨日は昼まで寝てたかと思うと、今日は8時から起きていたりする。
規則正しかった父も自由人になった。

血圧の変動はやはりひどく、父が一番活動的なときは140台、
車椅子に座らせたり、おむつ交換で動かすと一挙に70台になってしまう。
怖いのでいまはベット上の生活になってしまった。
また車椅子にすこしでも座らせてみたい。

訪問入浴1回目、
私のほうが興味津々だったので楽しかった。
父も何事が起きるのかとしっかり覚醒していた。
ヘルパーさんが言ってくれた言葉「お風呂屋さんがくる」
これは最高によかった。
来週もおふろやさんくるよ~というと、父がニッとした。
気持ちがよかったと言った。

痰の吸引もする。
口腔洗浄も吸引器でするようになった。

いろんなことが変わったけど、父はやっぱり父で
いろんなこと考えているらしく、いろんなことに答えてくれる。
by ygracia | 2006-01-28 19:15 | 今日のお話


<< 毎日 まぁまぁ復活 >>