退院前に

命の尊厳という言葉をいっぱい聞くけれど、今日は、
父の命を大切に思ってくれる人たち6人が(真のところはお仕事かもしれないけど)
退院後の準備のために集まってくれた。

私は不覚にもまた泣いた。

ほんとうの意味での在宅介護が始まるような気がする。

先生もやってみなければわからないよねと言っていた。

とにかく4月6日退院。

明日は寝台車などの予約をしなければ。

父の嚥下訓練のことを聞いてみた。
そうしたら、やはり口からの食事は無理とのこと。
嚥下能力自体が衰えているのだそうだ。
飲み込めたようでも飲めていないので結局また肺炎を起こすと言う。
胃ろうにしたのだからそれでやっていくのが本人のためだと言う。
しかし口から食べれることのほうが本人のためなのにと思った。

父がまだ生きたいという意志を示したから胃ろうにしたけれど、
またまた迷ってしまった。
父はアイスやゼリーは食べられると信じている。

訪問看護のチーフナースはベテランでいろいろ教えてくれそうだ。

あ~今日は疲れた。

そんななのに、ケアマネ以下3人の帰り際、どうやって帰るのか
心配になり、喉元まで(車で送りましょうか)という言葉がでてきたけど
必死で抑えた。
今はできることだけを選択しよう。

b0055939_21345742.jpg

父の食事の必需品だったミルサーやベビーフード、ゼリー・・
もういらなくなっちゃった~
by ygracia | 2006-03-31 21:35 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る