成分分析

scallopsさんのとこにあった、成分分析やってみたら
うれしくなっちゃったのでのせよっと~~♪

わたしの70%は元気玉で出来ています
わたしの14%は雪の結晶で出来ています
わたしの9%はミスリルで出来ています
わたしの5%は成功の鍵で出来ています
わたしの2%はお菓子で出来ています


いいね~~

成分分析onWEB

追記
私はおばちゃんなのでずっと「ミスリル」って何だ?と思ってた。

ミスリル(Mithril)は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』及び『シルマリルの物語』の世界に出てくる架空の金属である。

シンダール語で、mithは灰色を、rilは、輝きを意味する。すなわち「灰色の輝き」である。硬度は鉄より勝り、銀色の輝きを持つ金属とされ、「まことの銀」とも呼ばれる。

『指輪物語』の影響を受けて後に出てきたファンタジー小説やRPGなどでも良く使われている。例えば、人気RPGのファイナルファンタジーシリーズでは、剣や鎧、籠手、ピアス、果てはベルトなどの素材としてミスリルが多用されている。

現実世界でミスリルの元になった金属として、一説にはある錬金術師が精錬したアルミニウムが挙げられている。 当時、電気も無いようなその時代にアルミニウムを精錬する事は、まさしく奇跡と呼ばれるにふさわしいものだった。 そうして作られたその銀色の金属は軽く、そして錆びる事が無かった事から、錬金術師の間で「魔法の銀」と呼ばれるに至ったのである。

といわけでなぞが解けた。
by ygracia | 2006-04-18 18:52 | 雑感


<< ふぉ~~~ 敗戦 >>