大役

「大役、ご苦労様でした。」
美容院の先生に言われて、そうか~~と初めて気がついた。
今日は妻の役目をひさしぶりで行ったから。

夕べは父が寝てくれないし、吸引で喉を傷つかたのか血痰がでるし、
結局、ベットには入れたのは朝の4時近く。
2時間寝て、すぐに父の洗面、朝の支度、そして、7時すぎに
滴下開始。

ケアワーカーというか付き添いさんがきたのが8時半。
化粧中でマスカラを丁寧にぬろうとしたとこだったのに、そのままになった。
初めての人なので説明してたらもう9時で美容院の時間。
でも父の説明プリントを先に渡しておいて正解だった。
彼女の質問に答えるだけでよかったから。

ほんとにひさしぶりで(何年ぶり?)人中にでて、挨拶やらなんやらで
げっそり。おいしいものを食べようと張り切ってたけど、人に
会えば、話さなくちゃならんし、英語も出てコン。
ひっちゃか、めっちゃかで乗り越えて、おいしいソルべを発見。
2杯いただいて、すっとした。
娘を連れて行ったから、話題はそちらへいくから良かった~
でもね、感じたのは、人中にでてないから顔が緊張してないのだ。
家用の顔なんだ。
いろんな人にがんばってねと言われた。
北欧の友人には「That’s Life」と言われた。

帰りはタクシーにのるのに、どってんころりんと転がり込み
すそも乱れて、次の車をまつ外国人にしっかり見られた。
巨体を着物で車にのせるのはたいへんなのよ~~
あの人たち、「KIMONOってたいへんそう」と思ったに違いない。

家につくと、家のまえには自転車2台、車一台。
ケアマネもナースふたりも付き添いさんもいてめちゃくちゃにぎやか。
父もなにかしら返事をしなくちゃいけないから起きてる。
そのおかげで今夜はすぐに寝てくれた~~

家ではじめて父を人に託して、かなり安心して出かけることができた。
吸入の心配もほかのことも何にも考えなかった。
ベテランであること、お話しててよくわかっていることなどから安心したのだと思う。
ご自分のお母さんを在宅で3年見たそうだ。

費用は9時から5時までで1万5千円かかったけど、安心できた。
ケアマネにショートステイのことを相談していたのだが
胃ろうを受け入れるショートは混んだりすると、勧められる状態ではないという。
家でナースと付き添いさん、先生などの連携で見てもらって
私は休むという形がいいと言われた。
どちらにしてもそろそろすこしだけで休みたい。

小声で言わないと父に聞こえてまた、熱だすとか、なんやかんややられそう~~~

今日は自分に「おつかれさまでしたぁ~」
by ygracia | 2006-05-12 00:37 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る