笑う

なかなか笑えない。
どきどき、猫の様子で笑うこともあるけど、
腹のそこから笑えない。
止まらないくらい、笑ったのって、最後はいつだったろう。

笑えば、血流もよくなり、脳のなかでなにかがでてきて
からだにいい働きをするんだとは分かってるけど、
介護というのはついつい黙々と進めてしまうことが多い。

今日も訪看のふたりがきてにぎやかに父をかまってくれて
最後は父も「さよなら」といい、
あがらない手でバイバイしてた。

ちょっと前は父を良く笑わせてたんだけど、このごろは
くすぐっても、笑わない。
ちょこっとニヤリとすることはあるけど・・・・

母をホームに送り、いろいろ報告して、戻り、父に昼の
滴下をはじめて、かたずけして・・・・
もう夕方になり、今朝から何にもたべてない・・・
母の残したものは山のような洗濯物。
トイレに行くときはでなくて、そのあいだ、あいだに
するし、行こうというといかないといい、
ねてるところをおこすのはかわいそうで、完全防備でねかせたのに、
なぜか、ぜんぶおろしてしまうわけだ・・・・・
だから布団もシーツもすべて・・
ホームでは夜間も巡回して変えてるから問題はないらしい。
母はやせたとはいえ、重くて夜中のパッド交換、ひっぱっても
動きやしない。

吸引も父とは正反対で、大暴れされたし。
ほんと介護てワンパターンじゃないんだ・・・

私の金切り声に母もうんざりしたらしく、「帰る」と言った。
帰りの車の中で
「おかあさん、どなってばかりでごめんね」というと、
「な~~んも」と北海道弁ですぐ答えた。
「・・疲れてるからイライラするんだから~しょうもないね~~」

う~~ん、母はアルツハイマーで前頭葉の萎縮は
ものすごいことになってるんだけど、
母が母に戻ると、私はやっぱりうれしくなってしまうんだ~~

ホームでたまたま「口腔ケア」の先生がきてたので、
母の入れ歯のことを相談した。
ほほの筋肉もベロの動きもまったく問題ないから
入れ歯を作り直して、しっかり食事できるようにしましょうって。
ほっとした。
下の入れ歯だけでいいみたいだ。

母のいた5日間。
父のADLはみごとにさがってしまった。
b0055939_2165250.jpg

by ygracia | 2006-05-18 21:07 | 今日のお話


<< ミラクル?ミラグロ? パニック >>