ミラクル、ミラグロ、その2

昨日はまたまたミラクル。

夕方、車椅子にうつりたいというのでリクライニングへ。
水戸黄門をききながら、孫とちょっとしゃべったり、
手も動かしながら、頭かいたり、鼻かいたり、ひざをたてたり・・
ずっとついていられないので、
「おとうさん、つかれたら、ゆみこ~~って呼んでね。
上でおそうじしてるから」
私はよべーる380の画面を持って3階へ。
いろいろあって、息子と夫の部屋を昼すぎからおおそうじ
してたので~~
そのあいだも父はリラックスした様子。

ひと段落したので私は自分のデトックス用のべリー系のジュースを
作った。
それをのみながら、ふと夕べ読んだネットの食支援のことを
思い出した。
「人間の食欲は目からも起きる、それを思い出させて~~」
なにげなく、父に私のジュースを見せて、(もちろん吸引器はそばにある)
「おとうさん、飲む?」
すると「お===」といって、両手をのばしてコップを受け取ろうとした。

ゆっくりゆっくり、なんとスムーズにのどぼとけが動く。
コップを見ている目。
まったくむせずに、何回もごっくんさせながら、コップの4分の1を飲んだ。
「おいしい?」
「うん、おいしい、甘い」
父の目がしっかりした。

b0055939_12594053.jpg


もちろん、これはルール違反で無謀なこと。
そのあと、しばらくして、痰が切れたので吸引すると、
のどにはみごとに痰以外のものは残っていなかった。
赤いジュースがでてくることを想定したのに、まったくなかった。

今朝は口ゆすぎのあと、コップでほんの二口、水を飲ませてみた。
やっぱりごっくん、ごっくんと飲めた。
聴診器で音をたしかめながらごっくんさせると、ちゅるちゅる、ちちょろちょろと
わずかな音。
これが水かどうかわからないけど、やっぱり喉には残っていないので
良しと判断した。

日本歯科大学病院の口腔リハビリステーションで
胃ろうの人へのアドバイスや嚥下訓練をやっているので、
こんど相談にいってこようと決めた。
もういちど、もういちどだけでいいから
好きなうなぎと、ねぎとろと、ステーキとカステラを食べさせてあげたいから。

注意は引き続き必要だけど、人間の持つ、五感を駆使して
父に食欲をひきもどせて、食道が動くようになってくれたら最高だ。
当面の目標ができたぞ~~
by ygracia | 2006-05-24 13:08 | 今日のお話


<< 抑肝散 ミラクル?ミラグロ? >>