滴下問題

栄養の吸収があまりよくないということで
ラコールの量が一日に1200になった。
それに白湯を足す。

1回に400+白湯200で600mlになったのだが、
朝1回目はいいものの、そのあとがむずかしくなった。
1回目の滴下に3時間から4時間かかる。
それで昼を2時間あけていれてもまだおなかは一杯状態。
父もなんとなく苦しいと言う。

そんなんで1回を400mlにして、白湯、もしくはOS1を
別にして時間帯のいいときに入れたりしてみた。
これは200mlなのですぐおわるし、すこし早くなっても
水なのであまり気持ち悪くならないようだ。

だけど私のほうは一日中、ボトルとチューブ洗ってる感じ。
それと夜中も痰の吸引をするようになってきて
眠れやしない。
私も持病のためCPAPを装着して速攻眠りに入りかけるときに
父がごほごほ始まると、もう死にそうな覚悟で目を必死で
あけなければなくなる。
お願いだから寝させて~~とお願いすると
必ず、げほげほと始まる。
おまけに吸引のあと、またその刺激で誘発されて
ちょっとあとに、痰がでてくるため、しばらく眠れない。
さすがに疲れてきて、これで限界きたらどうしようと
考え始めたら、また眠れなくなってしまった。

そして、今朝も滴下のために6時おきで。
というか3時間しか眠ってない。
それもずっと夢をみてたような~~~

この次先生に相談して、ラコールではなくエンシュアHに変えてもらおうかな。
ハイカロリーになるので量は減らせる。

父の退院のころは固形化栄養(寒天で固める)法にしようとおもってたのだが
やはり、個人差もあるらしく、こんな父の状態では
おなかがパンパンになってしまいそうだ。
溶けて吸収するかもわからないし、チューブも詰まりそう。
うちの先生は積極的には勧めないという。
ナースたちもやはり手がかかるし、詰まることも結構多いからという。
むずかしいものだ。

そんなんで私はへとへとなんだけれど、父はいたって元気。
寝言なんかいってるのを始めて聞いた。

それと、父の口腔ケアに必死になってたら、私自身、虫歯になってた。
10年ぶりくらいで歯医者にいかなくちゃならない。
でもこんな状態で、いつ行けばいいんだろう。
参ったな。
歯医者は死ぬほどきらいなんだけど・・・・・・・・
b0055939_10133380.jpg


嚥下のことでナースにしかられる。
不顕性誤嚥というのでムセもしない場合があるからジュースなんて
とんでもないと。
それは知ってたけど・・・・
凍らせた綿棒でアイスマッサージとわずかな水分補給くらいだって・・・
by ygracia | 2006-05-27 10:03 | 今日のお話


<< お返事まとめて チーズの話 >>