暑くて

今日は、猛暑だったせいか、部屋の温度がいつもより高かった。
ベットを窓際から離し、シャッターを半分下ろしたがそれでもいつもより
3℃も高い。

訪問診療の先生に、薬のことをはなし、へらしてもいいと許可を得た。
薬のせいで身体が硬くなるのか、やめたらやわらかくなるのか
脳のせいか、その辺ははっきりはわからない。
ただ、毎日見ている私がそう感じるのだから薬を減らしてもらっていいのだ。

抑肝散も1日、1回にすることにした。

呼吸が止まったような感じになるのも中枢の問題かもしれないが
何もできないので、長く止まったら?救急車、人工呼吸か。
これなら、救急処置の講習うけなくちゃ~~
身体をゆすって呼吸を戻すとか、それがいいかどうかはわからないけど
それしかない。
レビーと神経中枢の問題、研究中らしい。

あとは、血液検査で出血反応があるというが、どこかはわからない。
便の色も正常だし、しいて言えば以前1回だけパッドが茶色い線で
汚れてて、それを携帯でとっておいたので先生に見せたら、
「あれ、茶色いじゃん」
膀胱か、尿結石か、わからない。
もうすこし様子をみて、必要ならエコーを取りにどこかの病院へ
行かなくちゃならない。
う~~ん、虎ノ門か、荏原か迷うな。

そんな状態で不安材料の話しをしていたのにもかかわらず、
体調はかなりよさそうな父で、呼吸も血圧も酸素も問題なかった。

午後から発熱。37°6.
今日は、朝から固形化で寒天で経管栄養をしたせいと、
昨日飲ませた下剤のせいでピー状態。
OS1を合間に滴下。
それでもそれから2回ピー。
寒天もききすぎちゃったか。
部屋の温度をなんとか少し下げて、アイスノンで冷やしたらすこし下がってきた。

ラコールの固形化は今日は成功。
ぱぱ寒天1本2gを100mlのポットのお湯で溶かし、
その間にラコール400mlを電子レンジで1分20秒あたためて
そのあと、寒天水とラコールをよくよく混ぜる。
今日はシリンジ50ccを8本用意し、それに吸い込ませて
トレイに並べる。
そのまま置くこと30分か40分。
作ってから、父の洗面だの、吸引だのやって、ちょうどいいぷるんぷるんに
なっている。そんなに冷え切ってもいない。
ただ冬場はどうなんだろうな。

ドレッシングボトルもいいんだけど、シリンジは簡単でいい。
ただ8本が邪魔くさい人はだめだけど。
ボトルだと作りおきしておいて常温においていい(24時間以内に使う)
とあるけど、今この暑さはだめでしょう。
冷蔵庫にいれるとこんどは暖められないし・・・・・

でもシリンジで成功したから、あとは父のおなかが寒天になれてくれることを
待つしかない。
注入は15分もかからないからほんとに楽。
父にも点滴だと時間かかるからおとうさんも大変だしね、きょうから
寒天式のでいれるからね、というと「うん」と答えた。
注入終わってすぐに楽にしていられるのも父にはいいことだ。
でも父には400mlが限界と思う。
まだしばらく試行錯誤の必要はある。

母のホームから電話。
血圧が206になったという。
暑かったんじゃないかな。
重ね着してるから。
今夜の夜勤の人も注意してこまめに血圧測るという。
どちらにしてもあ~~心配。
家にいればあれこれ見てやれるけど。
う~~んまかせよう。
いつもまかせてるんだから・・・

明日様子を見に行きたいと思っても父のほうを
置いていけないし、ほんと急なときはどうしようもない。

こういう場合にだけクローンを使いたいよ。
by ygracia | 2006-08-07 23:13 | 今日のお話


<< 夏 いつもの日々 >>