気分を変えるには

父の呼吸は相変わらず。
娘に言わせると、なにか訴えようとするときにガーガーいうという。
私もなんとなく、そういうときもあるような気もしていた。

問いかけには時間がかかるけど返事をすることもある。

暇でしかたないという雰囲気のときもある。

「おとうさん、お暇なら来てよねの歌だって==、
五月みどり、まだきれいだよ、60超えてるのに。」
というと、
「ふ~~ん」と言った。

「小泉さんが靖国神社におまいりに行ったから
みんなさわいでんのよ」
「・・・ふ~~~ん」

寒天ラコールを注入しながら
「お父さん、気持ち悪くない?」
「だいじょうーぶ」
声が出る。

寒天ラコール、今回はラコール400、寒天4g、湯100でやってみたら、
少し固めのプルプル。
注入後2時間で便が出る。
下痢でもないが軟便。
おなかが慣れるのに時間がかかるかもしれない。

テレビで褥創にアミノ酸が効くというのできょうから、
OS1にアミノバイタルを混ぜて滴下。
父も元気が出てくれることを信じて開始。

小型ねブライザーを購入したので使ってみる。
ただミストも誤嚥を招くというので見張っていなければいけない。
今日はテスト程度だったけど、明日から、本格的にやってみよう。
今日はアイス綿棒を何回も使った。


b0055939_22915.jpg



夜はおそくに大型スーパーへ。
このドライブは大きな気分転換。
息子が留守番してたので行くことができた。
このごろ、家族もしっかり巻き込んでの私の生活となっている。
by ygracia | 2006-08-17 02:03 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る