父がのぞむこと

うち熱はあるものの、元気になった父。
ま、発熱してても元気は元気だったけど。

私のほうは、ほとんど寝てないのでもう宙を歩いているような日々。
それでもこなさなければならないことばかり。

今日は、暇そうな父だったので、もう極端だけど、
ひさしぶりでふつうの車椅子に座らせてみた。
ベットからの起き上がりも辛くなく、しばらくベットで座位をとり、
それから「立つよ」「お~~」の一声で車椅子に移動。
足がしっかりつかなくてもこれはいいリハビリだと思う。
もうしばらく、つるべーの導入は待つことにしよう。
ケアマネさんがカタログいろいろ持ってきたけど。

車椅子に座った父、うまくフットレストに足がのらないが、
「おとうさん、足あげて、あぶないから」というと一生懸命あげようとがんばってた。
これもいいリハビリだ。
それから大好きなお相撲を見ていたら夫が来て
「おじいちゃん、お相撲すきなんだよね」
「うん」
私「野球も好きよね」
「うん △○❑※~~~♪♪」
と楽しそうだった。

外国人ばかりになったお相撲を動けないけど、身を乗り出すようにしてみていた。
1時間たったので、今日の運動終了、
でも父は、まだだいじょうぶと言う。
しかし、無理は禁物。
うち熱がすこし引いていた。

ほんとうは起き上がりたい父。
気力、体力のない私。
できるときしかできない。

あ~~明日は母のお迎えだ。
b0055939_436481.jpg

by ygracia | 2006-09-18 04:43 | 今日のお話


<< 母語録 ひととき >>