マクロビトライアル2

10月10日(火) 
しいたけ、切り干し大根、にんじん、たまねぎを煮込んだものをミルサー、
ガーゼでこして50cc注入。
発芽玄米のおかゆをこしたもの50cc注入。
肉じゃがをミルサーしてこしたものをなめてもらおうと思ったが覚醒せず、断念。
三年番茶 朝100cc注入。

10月11日(水)
経管栄養が3回だったため、時間がとれず取りやめ。
三年番茶のみ50cc注入。

固形化トライアル 
10日夜   エンシュアH 400ml  リフラノン 5袋(75g液体)
             はじめてのため固まり具合がわからず、時間かかる。
             液体なのでだまにならず、そのまま混ぜるだけで簡単。
             固まり具合はすこしやわらかめ。でも下痢にならなかった
             からだいじょうぶだ。
             シリンジ8本。フラッシュ50cc

11日昼   エンシュアH 250ml   ソフティアENS 1袋
             寒天入りのためだまになりやすいが今日はうまく溶けた。
             1袋を75ccのお湯で溶かすが、75でははかりにくい。
             固まるのに20分。固まり具合はいい感じ。
             シリンジ5本。 フラッシュ50cc

固形化は時間がかからず、介護者にも本人にも束縛感がなくなる。
どちらにしても慣れ次第。
ただ2回のみで父のおなかがすこし張ったような気がする。
便秘のときはやめた方がいいかもしれない。
11日 夜 ラキソベロン10滴投与

身体 9月16日から23日まで朝1回投与していたネオドパストンは体が
固まってきて、(とくに上半身)投与を中止。
その後、ちょうどいい具合にやわらかくなり、自分で足なども動かせたのだが、
10月9日あたりからまた左うでの固さが目立ってきて、11日には肩から両腕とも
固まってきている。薬剤師からのアドバイズもあり、明日朝から1日おきで、投与開始
してみることにする。
父の場合、からだのちいさいこともあるが、薬がたまりやすい体質らしい。
レビーの特徴も重なって、むずかしい。
ちょうどいい具合に薬を使えるようにするには観察も大変だ。薬をなしでいきたいと
思っていたが、やはり上手に使うことが本人にも楽だということがわかった。
止めたり、はじめたりするのでは最初にもどってしまうので、本人もつらいし、
Ⅰ日おきにしていくとか週1回にするとかちょうどいいころあいを探すのがベストだと
薬剤師に教わった。
抑肝散も朝1回。ただし、すこし興奮気味かなというときは夜もう1回。


b0055939_23361589.jpg

by ygracia | 2006-10-11 23:38 | 父復活大作戦

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る