父入院

昨日夜中に38.8まで熱があがり、冷やしてなんとか37度台までさげた。
でも毎週のように熱がでるので、やはり精密な検査が必要と判断。
直接、外来にいってもいいかとおもったけど、一応、E病院の看護相談室に連絡。
訪問診療の先生の指示をうけてといわれ、訪問診療に連絡。
ま、いろいろあって(いつものごとく)、先生と病院の先生と連絡とれて
受け入れOK.
そのうえ、偶然にも訪問看護の代表が今朝、病院の看護相談室に電話して
(父の容態はしらずに)緊急のときにかならず受け入れてほしいという話を
してくれたのだった。プッシュしようねと言っててくれたのだが、それが偶然今日だった。

N先生にもあえて、今回はK先生が担当。
なんかスムーズでほっとした。
お部屋もいつものところ、ナースも顔見知り。
みんなが父に会いにきた。
入院なのに、みんなでうれしそう????

熱を繰り返していた原因は胸水。
で、肺のほうもちいさな誤嚥をくりかえしたいたらしい。
肺よりも胸水、胸膜炎の経過観察と治療のために20日ほどの入院となった。
おまけに脇腹と、腰をと背中に圧迫骨折が見つかった。
これはいつやったかはわからない。
背中がいたいとこの数日言ってたので、先生にいったらレントゲンとってくれて。。。

さて、オムツとパジャマとタオルを持ってまた行かなくちゃ。

今日は介護タクシー呼ばずに、私がつれてった。
リクライニングの車いすもコンパクトにたためたので、トランクにはいった(重かったけど)

それにしても、父はいつものように、病院についたら元気で
しっかり覚醒しちゃってて、先生まで、病状を父に説明してた。
DLBって不思議な病気だ。

ちょっとコーヒー飲んでからでかけようっと。
by ygracia | 2006-10-13 15:30 | 今日のお話


<< むずかしい やすみなし >>