むずかしい

元気で入院した父が1日で病人になってしまった。
やはり、口の中はがびがび。めやにがあふれた。
痰吸引してくれるといいつつも、現実は時間でしかしないし、
してくれても家でするように、完璧にはしないから
すぐにガラガラとなっている。
唾液が多いから自動でやってといったけど、「そうですね」と
言われただけで却下。

心電図と尿道カテーテル、ツインパルの点滴、酸素マスクでもう疲れてしまった父。
おとといは必死で訴えるので聞くと、尿道の先が痛いという。
ナースに伝えると、カテーテルのせいで赤くなっていた。

経管栄養は味の素のメディエフ、プッシュケアにかわった。
150gで300キロカロリー。
これのせいで、また下痢。
入院まで元気で快適だった生活が胸水の治療のためとはいえ、
すべて壊れてしまった。

できるかぎり、そばにいてお茶ガーゼで口をふき、吸引もして
体位も楽なようにみている。
まかせておくと、ありとあらゆるところに枕をあてられて、
そっくりかえったまんまで父は緊張したまま数時間を過ごすことになる。
その間、脈も早くなっている。
私が行って、枕をはずし、足を自由にさせたとたん、脈拍も落ち着く。
そして安心して眠る。

治療はしなくちゃならないけど、精神的、体力的にすごく無理させていて
いまは辛くてしかたない。
夫はひとまず収まったらつれて帰ってきた方がいいよという。

私も父が入院したこと、あっという間にぼろぼろになった父を目の当たりにしたこと、
混乱しきっている。
夜は死んだように眠り、なんとか体力を回復することができるけど、
精神的にかなりきつい。
b0055939_9542041.jpg

by ygracia | 2006-10-16 11:15 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る