安定

下痢が止まった父、水分補給もできて元気になった。
この数日、ほんとうに悩んだけれど、まずは治療。
ナースたちも私の書いたメモをベット脇に張って、気をつけてくれている。

K先生からもお話があり、これからは神経内科よりも内科的な問題が
繰り返されるだろうということ。
油断はできないけれど、まずは適切な栄養状態を確保して
体の調整をはかり、できればリハビリまでやりましょうとのこと。
心臓肥大もある(以前からだが)。
胸水に関しては穿刺するほどではない。

肺のまわりの空洞に水がたまってくるのだそうだ。

マドパーが開始され(ちゃんと微量調整されている)動きもよくなった。

父も酸素マスクがはずされただけで、楽になり、
また病室の天井の機械などのチェックを始めた。
「あれはなんだ?」ふがふがなので私が解釈。
「このレールは点滴なんかをぶら下げるもの」
というと、自分の点滴袋をみて、
「△○***」

周囲のことに興味を示せるだけ復活。
娘とまたテレビ電話。
今回はトラと、ジュリも参加して、父が笑った。
デジタルに非常に興味のある父。
「すごいでしょ、トラがみえたでしょ」
「うん、ふごい〜〜〜。ふぃえた(みえた)」

いろいろ起きると思うけど、私も覚悟してふんばろう。

b0055939_5363034.jpg

by ygracia | 2006-10-18 05:36 | 今日のお話


<< 兄妹 葛藤 >>