報告2

主治医からの説明。
入院時にすでに4種類の菌が検出されていて、抗生物質の確定に
時間がかかった。
低栄養のためにこれをアップするべく栄養剤を替えたが
下痢になる。過敏である。
酸素マスクをつけているものの、血中酸素に関しては大きな
問題はない。
血液検査にて腎臓、肝臓とも問題ない。
呼吸器科からの見解では肺炎の繰り返しは避けられない。
肺炎を起こせば胸水もやはりなかなか引かない。
呼吸の問題は特にない。
栄養状態を改善して、菌に合う、抗生物質を用いて、利尿もよくして
在宅に向けての体作りをする。
もう少し見させてほしいとのことだった。
先生にはっきり聞いた。
「先生がご覧になって、父の生命力はどうですか?」
一瞬びっくりしてたが、「あります」

おととい、父に家にかえりたいか聞いたところ、
「病院のほうが安心だ」と答えた。
父自身がやっぱり、生きる意欲を示した。
在宅でわからない熱の原因に私がおろおろしていたのがわかってたのだろうか。
ちょっとショックで、「でも痰とかくるしいでしょ?」と聞くと
「そうでもない」
何回もうちのほうがいいんじゃない?ときくと「病院」という。
マドパーのせいで、頭もはっきりしてる。

昨日も今日も熱のせいでうとうとしていた父だが
先生がはいってくると目を開けた。
私は先生と病室のそとで話す。
気が小さい父は、悪い話をきくと、すぐ具合悪くなっちゃうから。

そのあと、いろいろございまして、病院側もかなり真剣になって
私の要望を聞き入れている。

皆さんにも心配かけたけれど、腹をくくって、父の思いもかなえて
それと、担当ナースの涙も信じて、
もうすこし、病院での治療に専念すること決めた。
b0055939_214611.jpg


私の要求でナースが張った吸引方法。
b0055939_215426.jpg

by ygracia | 2006-10-30 21:05 | 今日のお話


<< 疲労感 報告 >>