不安的中

遊びすぎたのか、生活が変化したせいか、体調をくずして、発熱。
娘もひどい風邪を引いていたので、私も風邪かもしれず、
とりあえず、父のところへは二日間行かなかった。
電話で様子を聞くと、熱もさがり36度台とのことだったし、
昨日は昼の経管栄養も始まったというのですこし安心した。
私は家でだらだらし、昨日はだるくて眠りっぱなし。

今日は私の内科の診察だったので朝から病院へ。
昼には父のところへ顔をだした。
顔に赤いところがある。
まぶたにも赤い点。
顔を拭いてないから何かできちゃったかなと思った。
レビーは自律神経失調なので顔などもすぐにべたべたしてくるのだ。
ここのナースたちはあまり知らないみたい。

婦長から報告で、ベット柵に頭をぶつけたまま寝ていたらしい。
動きがよくなったからというけど、結局見に来てないということだ。
怒る気もなくなった。

父は、あっちの人で、なにやらぶっ飛んでる。
ひげがのびてるから剃ろうかというと、「そらない」とはっきり言った。
でも私をみようとはしない。

熱が下がって3日。
明日、先生と話して、落ち着いてれば家にかえることにする。
ケアマネからも先週電話があり、カンファレンスを開きたいというから
お願いしなくては。

ま、いろいろあったけど、父は今元気。

私の怒濤の日々ももうすぐ始まる。
by ygracia | 2006-11-08 00:05 | 今日のお話


<< 親類 記録 >>