快復の兆し

先々週、先週と比べて、父の元気さがしっかりしている。
もちろん今週になって熱が下がった日が続いているから。
先生の説明によると、呼吸器科と相談して、抗生物質を倍にしたところ
ぴたっと熱がさがったという。
あとは栄養状態をアップして、体力をつけて肺炎を起こりにくくするとのこと。
経管栄養で誤嚥してる可能性もあるとのことで、
滴下の前に、REP-P1をいれてからエンテルードを落としているけど、
あれってそういう使い方だっけ。
あとで調べてみなくては。
でもうちからソフティアの経管栄養剤用と、リフラノンを持っていったので
先生が研究するとのこと。
在宅で使うようになるものでやったほうがいいからとのこと。
こぶたさんから送ってもらったリフラノンのカードが大助かり。
でも、病院によってほんとに取り扱う栄養剤とか固形化剤とかちがう。
でも病院側ももっと幅広く勉強してほしいなとは思う。

おとといは心電図のケーブルが頭の後ろに行ったまま、体位交換をしていったらしく、
ケーブルが頸動脈と、鎖骨の上にしっかりひっかかり、首閉め状態。
ま、動けばはずれるからだいじょぶだけど、見に来てないということだ。

毎日何かは起きる。
おととい、パジャマを2着持っていったけど、今日はもうない。
週2回の清拭で着替えるけど、その前にあまりにもきたないからきがえさせたら、
翌日は清拭の日で、また着替えたから。。。
なんだかね。。。

父も先生には慣れたらしく、父が元気か具合悪いか、先生もすぐわかるように
なってきたらしい。
しっかり起きてるか、起きてないかなんだけど。

あとすこし、がんばれ、おとうさん!!
by ygracia | 2006-11-11 12:38 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る