現状維持

父の状態はまあまあだけど痰吸引の回数はやはり少ない。
私の気力が萎えていて、家事を優先してだらだらしているとすぐに夕方になり
のそのそと病院へ出かける。
父の病室にはいったとたん、いつも吸引だ。

それ以外のときは空になった経管栄養のボトルをじ〜っとながめて
いつ片付けにくるのか時間計測。

「吸入します、10分したら来ます」
ずっとこないよ。。

父の呼吸が一瞬とまり、鬼顔になった、なにか飲み込んで引っかかったと思ったので
ナースコール。
「ひっかかったみたいです、なにか」
「無呼吸にはときどきなるので、それだと思います。数値はなんともないですし」
「。。。」
「様子をみましょう」
あきらかにこの最後の言葉尻に(心配しすぎなのよ)という雰囲気を感じてしまった。
なんで気がつかないんだろう、なんでだろう。
父の目尻に涙が溢れてるのに、苦しかったって訴えてるのに。

すぐに吸引して痰がかなりとれた。

父の目の周りがまた白くなっている。
おそらく、誤嚥しているだろう。
また熱をださなければいいけれど。。。。

疑問。
吸引って適度なところでストップするのがいいのか、
本人の体力あるなら完璧にとるのがいいのか。
病院ではしっかり取った事が無い。
私は父が「とれた」というまで取るんだけど。
それがかえって誤嚥を増長してしまうことあるのかな。
でものどになにかへばりついてる方が苦しいと思うけど。
主治医はこまめにやるのがいいといってるけど、ナースたちはしないじゃん。
なんだかわからん。
by ygracia | 2006-11-13 10:03 | 今日のお話


<< 友よ 快復の兆し >>