今日は

母の甥が奥さんと尋ねて来た。
母ははじめ「どなた?」といってたが、名前を何回かいうと
「あ〜ら、ずいぶんふけたわね」と言った。
それからはまるで話がわかったように、つぎつぎとおしゃべりし
「おまえがきて、おじさんもきっとよろこんでるよ」などとしっかり話していた。

で、私を呼ぶのは「テッちゃん、テッちゃん、トイレ」
いままでトイレに行くなどと言った事ないのに、今回は何回もトイレと
言った。いいことなんだけど、感覚の方はあやしいもので
私の方が疲れて、おととしの頻尿の悪夢が戻って来てしまった。

ホームへ行く途中、マクドナルドのドライブインでコーラを買い、
ふたりで飲んだ。
二人とも喉が渇いていたので、おもわず「ああ、おいしいね」と言った。
楽しかった。
ふたりでドライブ行ってもいいかもと思った瞬間、
「てっちゃん、トイレに行かないと、こまるから」と母。
もうすぐホームだったので助かった。
やっぱり母との旅行って、たいへんだろうな。。。

医療行為に関して、いろいろ調べてたけど、ちょっと告発になってしまうのか
あるブログにコメントしたらしっかり消されていた。
介護関係の掲示板でもある介護士が内部告発ぽい話をしてたが
そこにつなげる人はひとりもいなく、どうやらタブーのものらしいことがわかった。

結局は厚生労働省が現場の意見とはほどとおい、お役所的発想をするから
ややこしくなるのと、はっきりとした法律で取り締まるなら、はっきりさせて
看護師の地位向上をはかり、介護士のレベルアップ、専門介護士の確率、
老人ホーム設立のためのはっきりとした基準を作る事、それも
ありえない、30人だかなんだかにひとりのナースとか(例えば)そういう
ばかげた発想しないことだ。施設の介護士の人数もしかりだ。

これから国は在宅にむけてそちらに力をいれてくらしいけど、じゃ、
なんで同居家族のヘルパー利用の範囲は狭まっちゃうのか。
よーくわかりません。

で、この話はしばらく様子見。
その間、わたしなりにチェックしていきますけれど。。。。
by ygracia | 2007-01-05 20:36 | 今日のお話


<< 母のこと 喪中ではあるけれど >>