母のこと

母がホームに戻る前の晩、
娘が父の祭壇に飾る花を買って来て、寝ている母の部屋に
静かに入った。
娘がちょっとお花をとりかえるからというと母は
「何も今しなくても」と答えた。
翌日、ホームにもどるために私は車を取りにいっているとき、
娘が夕べの花を生け直していた。
「あ〜夕べのお花ね」と母がいい、
「あのね、お花はね、A型になるようにかんがえてね、
その長い枝はこっちで、手前にこれをね。。。」と
娘に生け花を教えたのだそうだ。
母は「華道表現派」の師範で長い事、お花を教えていた。
娘も私もびっくり。
この前までお花になんの興味も示さなかったのに。
娘は母のいうとおり、花を生け直し、
「そうそう、これでよくなった」と母から合格を言われた。

できることなら、また在宅でがんばりたいとおもう私なのだけど。。。。。。。。

今日突然、私の幼なじみがお花を持ってやって来た。
なにせ数十年ぶりだけど、ひとめでK枝ちゃんと叫ぶと、
そう、と言った。
ゆっくり話せなかったけど、また会いたい。
そのお花も足したので形は崩れたけど、母と孫娘がながめたお花。


b0055939_2157255.jpg

by ygracia | 2007-01-07 22:00 | 今日のお話


<< 今週は 今日は >>