1日の始めに

朝起きて、そのままウォーキングへ。
なんてことはない、TUTAYAにDVDを返しにいかなくちゃならないから。
ボックスに投げ込んで、そのまま歩き続ける。
神戸屋でパンを買おうと思ってたのに、あいてない。
仕方ないので横道にはいる。
決して早いと言える時間ではないけど日曜日なので
ちょぼちょぼとジョギングのおじさんたちが通り過ぎる。
お散歩のダックスフンドも薄手のチョッキで寒そう。
小型室内犬には冬場はコートが必要だ。
犬に洋服なんてばかみたいという人がまだいるけれど、
ペットをね作り出したのは人間なのよ、ちゃんとケアしてあげなくちゃいけないんだ。。。
と考えながら、歩き続ける。
やっと別のパン屋があいてたので、そこでパリジャンを買う。
息子のためにミルクフランス。
またぶらぶらと。
小ぎれいにしたおばあさん、ゆうに80歳は超えている。
杖をつき、和菓子屋の紙袋をもち、ゆっくりゆっくり一歩ずつ進む。
病院にお見舞いにでもいくのかな。
寒いのに、だいじょうぶかな。

TUTAYAがオープンしてたから、また寄る。
いつものごとく、韓国ドラマを借りまくる。
韓国語の勉強も4日坊主だったからまた始めよう。

今日の東京の風、すごく冷たい。
急に父を思い出した。
おとうさん、って思ったら涙が溢れた。
信号、赤であわてて涙を拭った。
なぜか、まだ病院に入院してるからって感じていた。

家にもどったけど、まだ誰も起きてない。
コーヒー入れてパンたべよっと。
by ygracia | 2007-01-14 11:27 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る