せっせと

母の薬を一回分ずつ小袋に分ける。

脳梗塞のあと、母の服用する薬がいっきに増えた。
血流をよくする薬が主体で、あとは胃を保護するもの。
もう2年も飲んでいるわけだけど、減らして良い薬はない。
今のところ飲めているけれど、父のように嚥下が悪くなったらどうなるのだろう。
血液検査の結果はとても健康。
わたしよりずっと健康な状態。
だけど薬でキープされているのか、どうかはわからない。
できるかぎり減らしてほしいんだけど、血流に関しては増えるばかりだ。

母のことに関わるのはいまのところ、この薬の袋いれ作業と通院のみだから
私はやたらと真剣に仕事する。
パソコンで打ち出した、朝食後、昼食後など、日付などのシールを
小さいジップ付きの袋にはって、一日3回分、1ヶ月分を作る。

母のことを考える時間を一生懸命作り出している自分に
気がついて、何なんだろうなと考えてしまうのだ。

でも時間はどんどん過ぎて、日々の仕事は気がつけば
やまのようにあるのに、母に会い、何も感動しない母を見てがっかりし、
また自分の生活に戻る私。

時間が解決するであろう空虚感と日々戦っている。

b0055939_23463758.jpg

by ygracia | 2007-02-19 23:46 | 今日のお話


<< クリシュナマチャリアのヨガ 第5回 介護には >>