マクロビ調理実習3

あっという間に密度の濃い1週間がすぎて、マクロビの調理実習3回目。
出かける前にばたばたして、飛んでいったものの、反対側から行ったら、
道に迷う、このあたりは、私のテリトリーのはずなのに、情けない。
なんとなく方向つけてあるいてたら、長身のHさんが手をふってくれて、
あ、着いた〜〜とほっとする。

テーブルは満席。
で、ヨギのお兄さんの隣に座る。
彼はみんなにお茶を用意してくれた。
人数調整のために、だれか別テーブルへと言われて、
お尻の重い私は躊躇してたら、彼が移ってくれた。
ほんとなら最後にはいった私がいけばいいのに。
彼はヨギの精神をしっかり持ってる。
穏やかに、たおやかに、平和に。
shantishantishantihそのものだ。
偉い。

で話はもどって、今日は朝から目が痛くて、困ってたので、
気持ちはいまいちだったけど、おいしいマクロビを教わって
すっきりした。

今日のメニューは

☆玄米の炊き込みご飯 (にんじん、れんこん、しいたけ、椎茸こんぶだし)
☆車麩のカツ 味噌ソース(車麩、キャベツ、大根、八丁味噌。。。)
☆カボチャポタージュ(かぼちゃ、たまねぎ)
☆とんぶりのやまかけ小松菜おひたし(とんぶり、やまいも、小松菜、ごま)
☆切り干し大根のサラダ(切り干し大根、きゅうり、ラディッシュ、梅干し、だし、みりん、醤油、塩)
☆もちあわとりんごのコンポート(りんご、もちあわ、松の実)

b0055939_0232768.jpg




炊き込みご飯は白米とあまりかわらないくらい、おいしかった。
車麩のカツはお店のを食べたことがあるけれど、もうすこし、歯ごたえがあったような気がする。お肉のかわりだから、私は本来、こういうものを食べるべきなんだけど。。。
カボチャはタマネギが口に残ったからもう少し、口当たりよくすればいいかな。
切り干し大根はうちの定番というか、娘の定番なんだけれど、でこさんのキャンプで
習ったのは梅酢を使っていてもうすこし、甘みがある。でも今日のも
あっさりしておいしい。
もちあわも娘の定番だけど、もうすこし、もっちりして、このもちあわはパンに
のせてジャムのように食べれるんだけど、先生言わなかったみたい。
でも私のきらいなマツの実がとてもマッチしてて、おいしかった。

今日の初耳は
「おてあて料理」という言葉。
体調を整えるための料理で、これはずっとするのではなく一定期間がよいということ。
できるかぎり、マクロビ食を食べてバランスの良い食事で体調を整えるほうが
いいということ。

また大根は今摂取した油を流す作用、切り干し大根は体に溜まった油を流しだす
作用があるという。
切り干し大根の浸した水を毎日飲むといいと聞いてはいたが、今日の先生は
煮出したスープと言っている。

先生の盛りつけ

b0055939_0294121.jpg





b0055939_030213.jpg














b0055939_0311971.jpg















教室風景
写真取るのもお勉強









b0055939_0314492.jpg







b0055939_0322430.jpg

学校でたところで、遭遇。




私のマクロビ、ちょぼちょぼ。
椎茸こんぶだしと、切り干し大根。
かげでピザ食べてるので、ちっともやせません。。。。。。

b0055939_0334816.jpg

by ygracia | 2007-04-27 00:39 | MACROBIOTIC

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る