母に翻弄されて

お迎えにいったら、「私の娘だっていうのよ」と言われた。
だって、娘じゃない、というと、「え〜〜っ」と言う。
姉妹で、姉が迎えに来たと思っている。
顔も12日とは大違い。
脳のせいとはわかるけど、別人の顔。
そして、右目が炎症起こしていて、目やにだらけ。
朝からそうなったらしい。
白内障は手術したけど、老人性の飛蚊症というか黄班が
目の中にあるので、よく目をこする、
きっと汚い手でこすったんだろう。

車の中で、恒例のカルピスとおやつを食べて、ご機嫌で家に着く。
玄関先にいた娘には、ちゃんと挨拶する。

私もひさしぶりの介護でうまく手順があわなくて、ちょっとだけ
イライラした。
でもすぐにヨガの呼吸をして落ち着かせる。
そしたら、便の汚れも何にも気にならなくなる。

マクロビの炊き込みご飯とおすましを用意してみた。
お茶碗を抱え込んでぱくぱく食べる。
母向けに、カットした野菜もよかったし、ごはんもやわらかめに
したので、食べやすかったらしい。
それでも口につめこまないように注意する。
朝もマクロビの野菜の煮しめ。
便が薬なしで、連日でた。
これはぜったい野菜効果だと、嬉しくなる。
新鮮な、健康な野菜を食べて、海藻類、キノコ類も効果でた。
母にしてみれば普通の食事なんだけど。。

夜間はいつも防水シートもふとんもいつも洗濯となるので、
悩む。
でもぐっすりねているところを起こすのはかわいそうだし、
重いのでねたまま、パッド交換はむずかしいし、、
で、リハパンの中にテープ式オムツをパッド大のかわりに
引きつめ、そこにライフリーの夜用ずれないパッド(ドラッグストアのほうがネットより安いかも)を
二枚ずらして置いてみた。
これで朝の8時まで横漏れせずにしっかり吸収できた。
ライフリーのずれないパッドはあふれないのだ。
ただ1枚だと長時間は無理。だから2枚ずらし置きで、カバー。
テープ式おむつも横漏れをしっかり吸収してくれる。
母の様に糖尿で夜間の尿量が非常に多い場合、
これはいい。
以前は、オムツカバーを使って、洗濯に明け暮れたっけ。

朝となりのベッドに私がいるのをみて、喜ぶ母。
「あら、そこで寝てたの〜」

b0055939_22152840.jpg


名前を呼んでもらいたいので、「だーれだ」を繰り返してたら
呼んでくれなくなった。
でも父が死んだこと、息子が薬科にすすんだこと、そういうことは分かってる。

病院へ車いすで行く。母はたのしそう。
帰りに寄り道してドラッグストアにいく予定でいたが
やはり母のため息攻撃と、早く早くコールが始まったので
寄らないで帰ることにしたら、
「あら、洗剤買っていかなくていいの?」だって。
記憶力はあるじゃない。。

車いすでの通り道、おかしなことだらけなので、写真にとった。

病院へおりる坂道。
車が多い。道のど真ん中に電柱。
車がなくなるまで待たないと危険。
介助者がいればなんとかなるけど、自走の人は大変。
b0055939_22211712.jpg


そして病院へ渡る交差点の曲がり角も電柱。

b0055939_22221750.jpg



帰りは警察署の横。
駐車防止のためにコーンを置くのはわかるけど、
車いすや自転車が通るときはじゃまになり、車がこようものなら危険。
警察さん、気がついてない。。
b0055939_22235494.jpg


「子育てするならS区」というキャッチフレーズで若い世代にアピールしてるため、
都市計画も景観も無視したマンション乱立を許可しちゃう区なんだけど、
ちっとも住みやすくないじゃない。
15才まで医療費無料。はしかも追加は無料だって。
ホームページを見ても、結局は電話で聞けということになってて、
解決策はけっして出てこない区政。
介護保険の説明も最終的に電話。
なんだか遅れてるような。。
と、区政をどうのこうのいってるわけじゃないから、やめた。

そうそう子育て応援する区なのに、危険もいっぱい、
豪華マンションがたって、そのまわりの道路に、
駐車よけと、経費帳尻合わせの装飾の丸石が並んだんだけど、
小学生は飛び越えようとして転ぶし、赤ちゃんがだきついて、あごぶつけるし、
危険きまわりないこといっぱいあるんだ。
こういうのもきっと区は知らないんだろうな。。。

てなわけで、ひさしぶりの母の世話に翻弄されて、
ひさしぶりにへとへとになった。

今夜は母はホームのベットですやすや寝てる、と思う。。。
by ygracia | 2007-05-30 22:37 | 今日のお話


<< 父が逝って半年 マクロビ調理実習5 >>