執念?

執念?で夏風邪を押さえ込んだ。
土曜の夜から具合悪くなり、昨日はへろへろ。
夫が買って来た薬をのみ、すぐ寝る。
目がさめた水分補給してまた寝る。
夜中に起きてまた薬を飲み、寝る。
朝起きたら熱は下がってた。

午後、母のお迎え。
母はもう「退院」と思っているので、荷物を心配する。
うそをつくのが嫌で、私の高血圧が良くならないから、
もうすこしホーム(病院)で待っててほしいというと、
わかったと、素直に答えた。

車の中でアイスをおいしそうに食べながら
「ゆみこのだんなはなんていうの?」
「ひろしよ」
「あ〜そうか、こどもはいないんだね」
「。。。大きいのがふたりいるじゃない、忘れたの?」
「わすれるわけないじゃない!」と怒る。

家に戻って、子供たちの顔みたら、ふつうに喜んでた。

「私、いつ家に帰れるの?」
「私の高血圧が治まったらね、とにかくやせなくちゃ」
「ごはんを少なくして、心を鬼にしてがんばるんだよ」
「。。。。」

今夜の夕食は野菜のごった煮。
かぼちゃ、キャベツ、やまいも、にんじん、しめじ、こんぶ。。。。

「こんなんでごめん、薄味だし。。」
「いいんだよ、こういうものの方が体にいいんだから」

食後の桃をおいしいおいしいといって、食べてくれた。

もう横になるというので、テレビもスリープにしたのに、
ちょっと見に行ったら、車いすに戻って、
たけしのTVタックルを真剣に見てた。

そういえば、夕方新聞も読んでたぞ。。。???
トイレにも車いすで自分でいこうとがんばってた。

こんなに普通だと、やっぱりうちに連れてきたくなる。

でもでもきっと続かない。。。。

新しいホームへは来月末の帰宅の後、行くことになる。

真夏のディズニーランド

b0055939_23182081.jpg

by ygracia | 2007-07-30 23:19 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る