第三日目と四日目

やっぱり、理想どおりにはできない。
理想で動くこともできない。
理想は理想。

何言ってんだろう。

かなりお疲れの私です。

母はマイペースでなんていうことなし。

昨日は病院で待てなくて、何人何人とか、あの人後からきたのにとか
うるさかった。
でも先生の顔をみたとたん、ちょー元気に挨拶。
先生も母の変化に喜んでた。

三日目は病院だけで母は満足。
寒がりもせず、ブラウスだけで外出出来た。不思議。

野菜料理がよかったのか、うん○が大量にでた。
薬いらなかった。
でも好きな物もあげてたら、たとえばカルピスソーダとか、前日の
お寿司とか、朝はトーストとジャムとか(ホームではパンはでない)
フルーツゼリーとか。。。
そして一番悪いことは食事の時間帯がホームとはまったく異なって
いることで、血糖値が上がってしまった。

糖尿病食でしっかりやらないとやっぱりだめだ。。

先生によると時間帯や、ストレスなどでも血糖値あがるそうだ。
あ〜〜あ。

またホームに入ったら、きちんと管理されるからいいか。。。

四日目、私はというとなんだか眠れない。

母は多重人格みたいなそうでないような。。ほんとに難しいものだ。
混乱しているときの母は目の周りが茶色くなっている。
落ち着いていて、母の人格があるときはいい顔色。
脳の状態で顔つきも顔色もかわる。不思議。

食べ方やいろいろいうから、「うるさい」人となった私。
あいかわらず、「てっちゃん」コール。
大きな声だ。

私を睨むので、娘におやつをもっていってもらう。
ローズヒップのジュースをおいしいといってのんでたらしい。

健康な生活を管理することって、大変だ。

何がいちばんたいへんかって、食べることと出すこと。
これにつきるかも。。。。。。

母、自分でぱじゃまに着替えてた(上だけだけど)
えらい。

娘のおともだちのわんこ〜〜〜

b0055939_201351.jpg

by ygracia | 2007-08-29 20:13 | 母の記録


<< 第五日目 別れ >>