トラブル

入居3日目にして、「万が一」のことが起きた。
看護師ふたりとも体調不良で休んだという。

話にならない。
急遽、となりの同会社のホームまで母は連れて行かれ
インスリンを打ってもらったという。
毎食前に車で移動して、打ったら戻って食事だったらしい。
疲れただろうな。

はっきり言って、いくら体調不良といっても
なんで二日目で休む?
ナースを必要としている人がはいったばかりで
わかってるのに何でだろう。
急にナースの仕事が増えて面白くないのだろうか。
ナースはひとりしか会ってない。
以前のホームはナースが主導だったのに、
ここではナースの顔が見えない。

責めてもしかたのないことだけれど、
明日、やんわりと事情説明してもらうつもり。
こういうことが月に何回も起きるとしたら
やっぱりお願いすることができない。

看護体制のできていない施設での医療行為の体制って
どうなっているのだろう。
皆おおっぴらにできないから、あまり表面にでてこないけれど、
何とも悔しい。

こんどはこういう医療行為の必要な人びとが行き場を失って行く。

ほんとうの福祉って何なんだろう。
自分の身は自分で守ってひとりで生きて行かなきゃならないのだろうか。
by ygracia | 2007-09-04 02:12 | 母の記録


<< 今日のトピック ホーム二日目の母 >>