一年過ぎて

父が逝って1年が過ぎた。
教会での命日祭も終わっていたり、叔母から電話があったりしたくらいで11月30日は
静かな朝を迎えた。
ろうそくをともし、お香を焚き、お祈りした。
家族も順番に。
父が横着な私を「いつものことだろう〜」と笑って怒ってる。
義理堅く一周忌のお花を届けてくださった方もいた。

b0055939_11271350.jpg


こころはとても静か。。。。

忙しすぎて、脳のキャパシティがオーバーしそうな夫を連れ出し
箱根に行った。
ほんとは建築専攻の娘を連れて行くつもりだったのだけど、
夫が乗っちゃったので。。
箱根宮の下の富士屋ホテル。
昔はネクタイ、革靴じゃなければ入れなかったところ。
でもはっきり言って、今は地方のホテル。。。。
奈良の奈良ホテルにも言えるけど、せっかくの建物が。。。
フロントは抜群のホテルマン。
ミネソタからのパトリックさんが一番気が利く。
ベルマンは日本人だけど日本語わからないの?という感じの人多いぞ。

b0055939_11372084.jpg



ダイニングルームは併設するホテル学校の実習生なのかどうか
わからないけど、教わったとおりにするのはいいけど、
高い位置から注ぐ水がコップに落ちるときに思いっきり
はねてるんだけど、気がつかない。クロス、ぬれてるよ〜〜
りっぱなダイニングなのだけど、いろんな方がお食事。
時代の変化なんだろう。
その分、気軽でいい。

b0055939_11393625.jpg


建物は本館は明治24年築。

b0055939_11362646.jpg


b0055939_11403511.jpg


お部屋のお湯はすべて天然温泉。
大浴場はなく、小さいお風呂あり。貸し切りもあったらしいけど
フロントでは何も説明なかったのでわからなかった。
部屋で猫足の洋式バスにお湯をためて入る。
温泉気分とはいかないけど、かなりいい温泉。
ものすごくあたたまり、お肌がつるつるになる。

b0055939_114647.jpg


お食事は昭和のころの復刻メニュー。
食べきれないくらいで、穏やかなとってもいい味。
パンがあまり温かくなかったのはなにか理由があるのかな。
二回目のパンは完全に冷たかった。
これ、ほかのとこでコメントしてる人もいたっけ。
でも大満足でした。
ホテルオリジナルワインをいただき、ラベルも持ちかえり
お願いしたらラベルホルダーにきちんと取ってくださって、
大感激。これ、癖になりそう。そのまま、家のホルダーに
止めるだけで、ワインと旅の思い出が増えて行く。

最後のレモンクリームパイ。懐かしいアメリカの味がした。

b0055939_11515726.jpg


で、楽しく過ごすはずだったのだが、膝の激痛に襲われて
紅葉も大湧谷も美術館も何にもみないで速攻帰宅となった。

ホテル前の紅葉と、ロマンスカーの展望席で、旅気分。
休むはずの夫は荷物持ちと、私を支えるので、だいぶ疲れちゃったらしい。

b0055939_11555044.jpg


b0055939_11565765.jpg


私は現在、安静療養中。
だけど、こんなもん勉強してます。
いいぞ〜〜
「古武術介護入門」

b0055939_121633.jpg

by ygracia | 2007-12-03 12:05 | 今日のお話


<< ばんざい!! コメント下さったみなさんへ。 >>