フェルガード

ドクターコウノのブログでご存知の方も多いとはおもうが、
フェルガードを試させる方が増えている。

kuririnさんもそのひとりでスタート。
パンドラさんはお母様がずっとアルツハイマーとされていたのが、
最近ピック病と分かった。フェルガード効果も感じられているそうだ。

アミノ酸ブーム(2006年)のときに父にもアミノ酸を取り入れた。
たしかに元気になり、肌艶もよくなり、効いたとおもった瞬間は
父の朝の元気な挨拶と、笑顔だった。
当時はブログに詳しく書く気力もなかったので経過がないけれど、
とにかく、元気になったのは本当。

フェルガードを健康維持のために早くから飲む方もいるだろう。
そういう方々の認知症発症状況なんかも研究してみないのかな。。
無理か〜〜

私も今、コンドロイチンとグルコサミンのサプリメントを整形医から
勧められて飲んでいる。
効果のほどはまったくわからない。
足の痛みは減ったけど、運動療法のおかげかもしれないし
もちろん相乗効果ということもあるし。

でもやらないより、やったほうがいい。
これだけは決まってる。

うちの保護猫らんらんちゃんは、猫エイズキャリアと、猫伝染性腹膜炎
で、余命はわからない。
医師が処方した整腸剤や消炎剤やそして、アガリクスをいれた薬を
フードにいれて飲ませている。
お腹の具合は調子はいい。
でも食欲が増長されてしまう。
そこで、今日から半夏瀉心湯をみみかきいっぱいだけ混ぜてみることにした。
お腹のバランス、食欲のバランスをとってもらえればうれしい。
ただ療養食の説明のなかに、ほかのサプリメントを飲むと
療養食の本来の効果は落ちるともでていた。
やってみないとわからない。

完治するわけではない。

ただ、優しく、いっしょに過ごせる時間を延ばせるなら、のばしたい、
ただそれだけ。




by ygracia | 2008-02-04 11:36 | 今日のお話


<< 心理 昨日の母は >>