なんとなく

母は落ち着いている。
事故後1週間目のレントゲンではまだくっついた様子は見られないけど
ズレもおきていないとのこと。
静かに過ごしているとのこと。
私は母のことを考えると胃が痛くなるので、面会に行っていない。
この次の帰宅しての受診をどうするかが今、最大の問題。
介護タクシーを使って、連れてくるか。
あちらの医療機関で血液検査だけお願いしてHbA1Cだけ
チェックするか。。
内科はいいんだけど、整形になんて説明するか。。。
これがへたすると、じゃ、今後そちらで看てもらってくださいと
なってしまうから。。。。
やっかいである。
胃の具合は治まるはずがない。毎日考え事。。

娘に言わせると、私の思い込みと勘違いと早とちりはひどいらしい。
確かにとおもうこともある。

介護の掲示板でときどき、なんでこんなこと聞くんだろうと
思うことがある。
介護中の悩みや介護法で非常事態にめんして、みな書き込んでくるところに
突然、
「あなたはだれに介護してもらいたいですか?」
とか、
「言いにくいことをどうやって説明、解決しますか?」
とか。

そして、しばらくして雑誌の特集なんかにそんな話題がでていると
あれと思うのだ。

私の勘違いとしても偶然っていうこととしても、変なのって思う。

多くの意見を手っ取り早く知りたいのかもしれないけど、
現実介護している人にとっては、ちょいと腹立たしいことなんじゃないかと思う。
もちろん、役に立つと思う人もいるけどね。

このごろ、なんか介護者の質が変わって来ているような気がする。
質というより考え方が変わって来ているのだろう。
できるかぎり、人間的な本質の部分は避けて、できるかぎり
合理的にしたい、避けられることは避けたい、そんな感じ。
それはそれでいいとは思うけど。。

私は恵まれた介護ができたと思う。
経済的に問題もなく、時間的にも十分恵まれていた。

生計を立てなくてはならない主介護者や、縁戚でまわってきてしまった
突然の介護や、いろいろな問題をかかえている場合がほとんどだと思う。

友人のところも高齢のお父さんがお母さんの世話をしているが、
お母さんの介護度は1と聞いてびっくりした。
どうかんがえても介護度3くらいなのに。
現実在宅介護はどんどん厳しくなる。
かといって、施設が充実したわけではない。

きっとこれから、周囲は認知症患者が闊歩して歩く時代?になるんだろうね。

先日娘が通りで電柱によりかかって立っている高齢のおばあさんを
助けた。
具合が悪いのかと思ったら、「美容院へ行きたい、すぐそこ」と
言われたそうだ。それでささえて、その美容院へ。
そちらはこのおばあさんを知っているらしく
「すみませんね」と受けてくれたとか。
「あのおばあちゃん、ぜったい認知症よ、家族はきっと気がついてないのね。」
娘は一日、その人のことが気になってしまったって。

私もきっとぼけてても、平気で生活するんじゃないかな。
昔、タレントだったやまぐちみえさんのお父さんが最後は英語で
話してたと聞いたけど、うちはきっと、夫は英語、
私はスペイン語で話すかも。

娘が叫んでる。
「やめてよね〜〜〜〜」
by ygracia | 2008-02-10 16:03 | 今日のお話


<< 夢の世界で 心理 >>