振り返ると

母の介護はホームにお任せ。
自己嫌悪の日々ではあるけれど、自分だけの葛藤で
現実は在宅介護は体力的に無理と感じている。

介護のブログもそろそろ卒業かな。

2005年は壮絶な在宅介護状態だった。

「痴呆とは」まだまだ父もがんばってたころ。
 

「第一歩」まだ何もわからなかった施設との関係。在宅に限界感じてるころ。

「生活」必死に生活してたというころ。

「たとえば私の一日」いまでは絶対できません〜〜

このあともまだまだ怒濤の日々だった、2006年に続く。。

なんだか夢のようでもある。




b0055939_2224279.jpg

by ygracia | 2008-02-24 02:22 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る