いつまでも

母のホームにひさしぶりで出かけた。
肋骨の骨折は、まだ完治はしていない。
動かなければ問題はないがくっついてはいない。

今月の帰宅は取りやめた。
母には医師から許可がでていないといったのだか、
娘が「お父さんがインフルエンザだから連れて帰れない」と言ってしまった。
そしたら、母は両方信じてくれた。

なぜか母はしっかりしていて、問題なさそうだったが、
帰り道、娘とよくよく考えてみると、
姪と、姪のその子供として、私たちと話していたのではないか
という結論になった。
なぜなら、母が姪たちにつかう自分をさす言葉
「ぽ〜ばちゃん」で話していたから。

嬉しいのか悲しいのかわからなかった。

3ケ月ごとのケアプランの説明を聞き、判を押す。
細かくていいのだけれど、この作成も介護主任にはかなりの
重労働。時間を取るだろう。
もっと簡潔に、それでいて的を得て、事務上も用をなす
形式のものを考案できないのだろうか。

オムツ交換一回いくら。
着替え一回いくらって、いつまでやるんだろう。。

今日は母の薬の準備。
唯一こだわっている私の仕事。

これをしなければ母を介護放棄してしまうような気がするのだ。

そとの風は冷たい。
でも日差しはだんだん暖かくなる。

私の毎日にも、母との日々もいまのところ、このまま
静かに過ぎて行きそう。。。。

心のわずかのあたたかいともしびを、忘れないように。。。。


b0055939_1105230.jpg

by ygracia | 2008-02-28 01:11 | 母の記録

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る