春まっさかり

母は発熱中。
昨日お迎えにいったものの、どうも元気がないのと、
鼻水が出ていて。。
ホームについてすぐ会ったのが入浴介助のヘルパーさん。
あれ、今日は入浴日か、母はどうしたかな、寒いのに。
と思ったことが大当たり。
午前中に入浴したとかで、おまけに着ていたのがサマーカーディガン。
重ね着はしているものの、外の温度が低かったから
きっと体が冷えちゃったのだ。

私が帰宅するかどうか考えているうちに、寒いと言い出した。
震えだした。
熱は37.4度から一気に37.7度になった。
冷たい風の中、ダウンコートでぐるぐるまきにして、
ホームのすぐ近くにあるクリニックに行く。
熱のせいでごちゃごちゃ言っている。
でも先生には「なんともない」と答えていた。

私も家につれてかえって、PL顆粒を飲ませて翌日受診でも
いいかなと思ったら、出された薬もPL顆粒とフロモックス。

ひとまず安心は安心だけど、そとに出したことは
ちょっと解せない。ナースもあせってたけど、
反発する気持ちも私にはなかった。
疲れてたから。

帰宅は中止。
今日も熱は下がっていない。
食欲が落ちて来たのでおかゆにかえてもらう。
OS1ゼリーを飲ませてと伝えた、
忘れてたみたい。
アイスクリームもおねがいしたが、半分しか食べなかったらしい。
それでもいい。
なにか口にしてくれてたら。

めったに風邪をひかない母なので、心配。
明日は早く様子をみにいかなくちゃ。

母は「なかなか帰れないね」と気落ちしている。

私の足は最悪な状態。
今日、受診予定だった病院へ、薬を取りに行く。
足が痛くて耐えられなくなり、ロキソニンを飲む。
母の通帳がいっぱいになり、郵便局にいったら、なんと
あたらしい通帳だしてもらうのに、母の証明と私の証明が必要だった。
たまたま母の後期高齢者医療被保険証を持ってたので、それと
私の免許証で用が足りた。
どんどんめんどうになる。
そうこうしてたら、ロキソニンのせいで、冷や汗と、気分が悪くなって来た。
それでもなんとか用を済ませて、帰宅。
ダウン。

介護は体力。
母を思う気持ちは強いけれど、自分をなんとかしなくちゃならない。

そとは春のまっさかり。

うちのとなりのさくら。



b0055939_21124117.jpg




近所の桜風景。

b0055939_21132235.jpg



b0055939_21134526.jpg

by ygracia | 2008-04-01 21:13 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る