母をたずねて三千里?

大雨洪水注意報がでているのに、晴天。
だから母を迎えにむかった。
東京からK県にはいっても晴天。
しばらく行くと、突然真っ黒な雲。
高架下をくぐると、そこは。。。銀世界じゃなくて暴風雨!!!
皆、一斉に速度をおとして、30キロ。
ワイパー全開でも前が見えない!!

こういう天候、高速道路で経験済みなので、恐くはなかったけど、
なんでこんな中、母を迎えに。。とおもった。
でも待ってるからいかなくちゃ。

で、ホームが近くなったところで、突然晴天。
道路も乾いてる。

母のホームにはいり、準備して、玄関にでてきたら、
暴風雨!!!!!

ひよけパラソルをさしてもらって、車に乗せて、
出発。
母はぬれてないけど、私もスタッフもびしょぬれ。

東京にはいったら晴天。
病院について、ぬれてるのはわたしだけ。。。。
でもあっちは大雨だったんです、ほんとに、
信じてもらえないじゃない。。。。

母は呑気。。

夕べはご機嫌で8時にはねて、11時にトイレに行き、3時すぎから、
「だれかきてください」
「はやくしてください」
「だれかいないの」
「たいへんです」
「だれかきてください」
の繰り返し。
私が横になったのは2時40分だったので、起きれないから様子をみてた。
トイレではない。

5時から
「てっちゃん、てっちゃん、」
「てっちゃん、ごはんちょうだい」
「てっちゃん、てっちゃん、はやく」

仕方ないので早めに起きる。

母は元気で、うれしそう。
私は不整脈で、呼吸がうまくできない。
胃も痛い。

母のおしりを洗いながら、私が元気じゃないとどうにもこうにも△□※〜〜〜〜

母に昼食のエプロンをつけてると、ピンポーン。
「お昼時すみません」とセールスマン。
「(ムヵ!)今、介護中!!」と怒鳴ってしまった〜〜


b0055939_13313773.jpg


母、しあわせお昼寝中。
by ygracia | 2008-08-06 13:32 | 母の記録


<< オリンピック 緊急時 >>