目覚めよ、開業医!!

ドクターコウノにお会いして、握手することができました。
簡単ですが、父の経緯もお話し、母のフェルガードも続けて良いということ
を聞くことができました。
おまけに心強いお仲間にも会うことができました。
「お母さん、きっとお元気になるから」って言われたとき、
泣きそうになっちゃいました。

ドクターコウノ、お忙しいなか、全国開業医の目覚ましのために
西へ東へ北へ南へ?飛んでまわっていらっしゃいます。

あの無痛治療の歯科医の先生とおなじように、
おしげなくご自分のメソッドを伝えて、
多くの認知症患者とその家族のためにより良い医療を目指しています。
もちろん、医師の立場もふまえてです。

厚労省への訴えも皆の力をあわせていかなければなりません。
現場の声を伝えなくてはいけません。

感想としては、医療に関しては、私でさえ知っていることばかり。
ドクターコウノのブログ読んでいれば最新情報もはいりますしね。
でもですね、開業医の方々、あんまりご存知ない。
もちろん、だから勉強しにいらしたわけですが。
父の時代はもっとひどかったわけだから、このように関心を
もってくださる先生方がいることは嬉しいと思います。

家族は一夜にして医師以上の知識を持つとドクターがおっしゃってますが
そのとおりです。

結局発症から、薬剤副作用から、死ぬまで変化を見てるのは、介護家族で
主治医は家族ということになります。

薬の黄金比を早く探して、家族も本人も一日でも平和に過ごせるように
医師たちにお手伝いしていただきたいわけです。

ドクターコウノが漢方医学も学ばれていて、中庸へ導くということが
すごく良くわかりました。

コウノメソッドをひろめるために私たちにできること、たくさんあります。

10年以内にくるであろう、認知症社会のために、開業医、訪問診療医
介護職、医療従事者、認知症の勉強を再度していただきたいと思います。

今回は医療関係者のみでしたが、14日に倉敷で介護家族対象のセミナーがあります。
お近くの方、どうぞご参加ください。

グロービア村瀬社長様、ほんとうにありがとうございました。

フェルガードについて
by ygracia | 2008-09-07 18:37 | 今日のお話


<< たんじょうび ストレス無しの一日 >>