カテゴリ:DVD( 3 )

ひさしぶりのDVD

The Interpreter

ニコール・キッドマン ショーン・ペン

舞台はNew York、国連
ひさしぶりのヒットの映画だった。
評論では酷評で、ま、理由としてはアメリカサイドの映画ということからだろう。
そういう点を省いてみれば、面白い。
テロの実態、国連の様子、見ていて飽きない。
ボーナスの「もうひとつのエンディング」を見るといいらしい、今から見る。

遠い親戚の女性が今年から国連で働いていて、
同年代の娘と息子は感激しながら見ていた。
「景子ちゃん、すごいね~」
娘のこころはもうNYへ飛んでいた。

それにしてもショーン・ペンも、ニコールも役者だ~

公式サイト
b0055939_1124442.jpg




















Miliion Dollar Baby

クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン

ロサンゼルスのボクシングジムが舞台。
13才からウエートレスをしてきたマギーが32才でボクシング選手になる。
あまり話してしまうと面白くないから、見てください。
私がアメリカにいたころ、アメリカ合衆国の文盲率のドキュメンタリーがあって
広いアメリカで忘れられた地域がたくさんある、電気もガスも水道もこない
、教育施設もないそんな場所にいる白人たち。低層階級は黒人だけではないと
知り、すごく印象に残っていた。それに近い、田舎町からでてきたマギー。
なんだか、わかるような気がした。

宣伝サイト
b0055939_192539.jpg
by ygracia | 2005-10-28 11:32 | DVD

楽しみ Ⅱ

今日までにみたDVDの紹介

白いカラス

The Human Stain

二コール・キッドマン
アンソニー・ホプキンス
ゲイリー・シニーズ

白いカラスの意味、ストーリーの展開とともにわかってくる。
二コール・キッドマンが別人のごとく、すごい。
珍しかったのは、ゲイリーとアンソニーの男同士のダンスシーン。
とってもいい。
衝撃的、複雑な人種差別問題を扱った、フィリップ・ロスの小説。

恋愛適齢期

Something's Gotta Give
ダイアン・キートン
ジャック・ニコルソン
キアヌ・リーブス

b0055939_1692326.jpg
女性劇作家、実業家、ドクターとシチュエーションは
アメリカンドリームそのもので、おうちも海辺のゴージャスな
別荘。
とにかくかっこよすぎるけど、ほのぼのとして、いい。
おばちゃん、おじちゃん世代万歳、そして、必見。
by ygracia | 2004-12-16 16:10 | DVD

楽しみ


b0055939_150257.jpg
昔から映画が好きで、いまではDVDとビデオ鑑賞が唯一の楽しみとなった。
カラオケもすきだけど、めったに行かれないし。

TUTAYAに行くとほとんど見ちゃったなというくらい見ている。
このごろはすぐに見れないで返すことが多々あるので7泊8日でしか借りない。
旧作ばかりだ。

今週おもしろかったのは
「カレンダーガール」
イギリスの片田舎のおばちゃんたちが婦人会のカレンダー作り
(なぜかというのは映画をみてください)をすることになり、
なんとヌードカレンダーを作ることになったと言う実話物。
おばちゃんたちが脱ぐことになるその気持ちをふいと話す瞬間が面白い。
12ヶ月12人、それぞれの思いで潔く脱ぐ。
おばちゃんだって人間なんだ、生きてるんだ、って言う感じ!

「油断大敵」
役所広司・柄本明
刑事と泥棒という間柄。刑事は子ずれのやもめ。
泥棒は刑事を気に入って、名刑事にしてやると断言。
長年の付き合いで刑事は名刑事とよばれるようになり、泥棒は大泥棒のまま
刑事に拘束される。でも仲良し。
二人の演技に拍手。
やもめの父親のせつなさも、大泥棒の孤独も見せる。


[Brotherhood]
チャン・ドンゴン ウォンビン
私のなかでも韓流ブームなので、よかった~
号泣した。
ヨンさまよりこの二人のほうがいいって。
あと、朝鮮の歴史というのも知ってるようでほとんど知らないな
とつくづく思わされる。
私でさえそうなんだから、子供たちなど「へ~」だった。
おすぎさんがいうようにちょっと「ありえな~い」という
場面も設定もあるけれど、全体的にいい。
なかなかいい映画です!
by ygracia | 2004-11-30 01:51 | DVD

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia