<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ほんとにいいことが

poco-a-pocoさんから励ましのメールをいただいて、それを読み返していたら元気が出た。
自分のこころしだいでほんとに前向きにもうしろむきにもなるもんだ。
ただし、こころが壊れかけてると、まずそれを修復しなくちゃならないなんて考えた。

3時に目が覚めて、父母のパッドを交換し、眠れないから
韓国ドラマの「英雄神話」を見てたら、6時にはまた寝てしまった。
ケアマネからの電話とピンポンピンポンで目が覚める。
しまった。ヘルパーさん来るの忘れてた。
私よりよその人に世話されるのに慣れてしまった父母はウレシそう。
ほんのすこし、寂しいけど、昨日母が帰る早々、う○ち騒動で
きれてしまった私なので、やっぱりもう疲れるからやりたくない気持ちが大きい。
私の気力がすっかり萎えてしまったのがわかる。

お昼に北海道の「てっちゃん」の息子、つまリ従弟から電話がきた。
私はこの従弟と話すのはたぶん39年ぶり。
でも従弟だというだけで、昨日も会ったような気分でお互いの話をした。
伯母(てっちゃん)も母と同じ状態で、車椅子ではないものの
従弟がすべて世話しているのだという。
61才の従弟、たしか今は一人身で母親の世話の日々なのだ。
ほかの従兄弟たちの話もでて(あんまり知らないんだけど)
みな、50代、60代、介護生活がんばってるそうだ。
そんななかでほかの親戚の母たちより年上のおばあさんが元気で
ヘルパーさんだけお願いしてひとりで暮らしている人もいるらしく、
たまげていたからすごいんだろうと想像した。
電話好きだった、ぽーばちゃん(母はこう呼ばれている)が電話をして
こなくなって、気にはしていたが今日、思い切って電話してくれたという。
そして、最後に母と伯母を電話口に。
母は相手の話を聞けないから「元気だよ」を繰り返し、
伯母は聞こえないのか、「ベットにいるの?なんだかね~
わかんなくてね~」懐かしい伯母の声だった。
伯母は教員をして末っ子の母を応援して学校も出してくれた
といつも言っていた。
母が最初の骨折のとき、入院中に電話をくれて、
「ゆみこ~まーちゃんはね、さみしがりやだからね、
よくめんどうみてやってね~」とやさしくゆったりとした口調で
話してくれた。今日もその口調は変わらなかった。


夕食のあと、母に「今日、電話で話したの、だれ?」
と聞くと、「私の姉よ」
そして、しばらくしたら、私を「てっちゃん、てっちゃん、ちょっと」
と呼んだ。

従弟もみんながんばってるんだと思ったら、気持ちが軽くなった。
ゆみちゃん、がんばれよと言ってくれる人がまた増えて、
気持ちがいっぱい軽くなった。b0055939_214266.gif
by ygracia | 2005-12-28 21:04 | 今日のお話

今夜は

とても重い猫のうしくんをひざにのせて今日のお話を始める。

フィギュアスケートのトリノ行き代表選手が決まった。
まおちゃんまおちゃんで騒いでたけど、村主章枝、安藤美姫が
選ばれて、個人的にはうれしかった。
息子がアイスホッケーをしていたのでこのリンクの広さはよくわかる。
ここをひとりですべったらそりゃ、最高に気持ちがいいだろうと思う。
息子も村主選手が陸のうえでジャンプ練習するのをみて
感激してたけど、やっぱりすごい。
なんとかフィギュアの練習みたくてアイホ応援とかこつけて
早めに行ったりしたけど、素人さんのジャンプ練習しかみれなかった。
それでもすごいと思ったのできっと大会の選手たちはすごいんだろうな。

うしくん重すぎたのでおろす。

クリスマスもずいぶん一般的になったものだな、クリスチャンでもないのにね。

うちはローストチキンを2羽焼いて、思う存分たべた。
父と母のいないクリスマス。
昔子育てしたころにもどったみたいでうれしかった。

お正月は息子に父母をおぶってもらい、2階でみんなでお雑煮たべよう。

ホームにいる父母、それなりに楽しく過ごしているみたい。よかった。
b0055939_21203683.gif

by ygracia | 2005-12-25 21:20 | 今日のお話

ことしは

今年はほんとに、ストレス満載の一年だった。

老人ホームのショートステイ、スタッフには申し訳ないけど
なんとか父をお願いしている。
血圧の変動がはげしく、そのたびに対応に気を使うので
ほんとに申し訳ないけど、私のほうもどうしても休暇必要で。

人間ドックでみごとにひっかっかった。
介護生活で自分の通院は無理だとか、いろいろ話したけど、
「あなたが倒れたら、家族がいちばん困るのですよ」
これはきつかった。

6ヶ月後にまた再検査が必要。
実質今日からもう病院にかかったので来月早々から
父の世話を1日頼むヘルパーさんを頼まなければならない。
これは実費になる。

とにかく、自分を健康な状態にすこしでも近づけてそれから
父母の世話だ。

先生に言われた。
利用できるものは全部利用して、自分をまず考えてと。

けっきょく、朝おきて自分のことより、父母のことから始める
この性格もすこし押さえなくちゃ。
できるかどうか不安。
ストレス度もかなりのものでストレスが病気の引き金にも
なっているらしい。
まいった、まいった。

でも今回の初めての一泊人間ドック、へとへとだったけど、
やってよかった。

もうすこし、休ませてもらえそうだけど、早く迎えにいってやりたい
自分も頭をもたげている。
でも今回のお休みで自分の体力も精神力もかなり落ちてしまった
ことがよくわかった。だから、もう無理はしない。いやできない。
by ygracia | 2005-12-22 21:57 | 今日のお話

休暇返上

どうやら1日目にして、父の変動に職員おおあわてだったらしい。
血圧の変動にびっくりしていること、話していることがわからないこと。
通じないので父もいらいらするらしいこと、などなど。

う~ん。
しかたないけど、私のお休み、短くなりそう。
by ygracia | 2005-12-14 00:36 | 今日のお話

休暇

今日から、私の休暇。
でも予定がいっぱいであっというまに終わってしまいそう。
はっきりいって、腰がたたないくらい疲れている。

父を母のいる老人ホームのショートに連れて行った。
私が人間ドックにはいるから、その間、泊まって来てというと、
「わかったよ」と返事。
おニューの服を着始めたところから、元気復活で、
きのうまでのうつろな目はどこへやら、
るんるんとお気に入りの服をきて、ズボンもいつものゴムではなく
ふつうのズボンで前のチャックをシュッとあげ、
なんだかほんとにご機嫌。
でかけるので、帽子を渡してみると、これまたうれしくなったらしく、
あれこれとかぶってみたり、楽しそう。
手も足もよく動く。

車は、低血圧をふせぐため、リクライニングをたおし、
寝かせていくことにしたが、
やはり途中からおきたくて、手をばたばたするので
うるさくなってきた。
「おとうさん、運転のじゃまだから、ちょっと静かにして~」
「うん」
帽子を顔にのせ、自分で寝る体勢を作ってたのに、帽子の
あいだから、そとの景色を見てる。
見たいだろうけど、起こせないので帰りは起こして
外をみせてあげよう。

ホームにつくと、また職員の方たちが、わいわい迎えてくれて
父もなんだか、すごくしっかりしてた。
ねたままでも、よく話す。
「じゃ、おとうさん、人間ドック終わったら迎えに来るからね、まっててね。」
「はいよ」

母はお風呂からでたばかりでうつらうつら。
「あ、迎えに来たの?」
「まだよ、まだ病院にいってないから、もうちょっとね」
「うん」
やっぱり、うちがいいんだろうな。
でもホームでは元気よく、順応性が高いらしい。

父の細かい注意点はワードで打って、プリントアウトしてきた。
レビーのことも詳しく書いた。
西村先生からもメールをいただき、そのなかにもあった、
レビー小体をやっつける薬ができればいいのに、ただし、
未来の話だけれど、そんな日が1日もはやくきてほしいなんて
いう話も受け売りでさせてもらった。
職員の方もよく聞いてくれた。

マッサージの方がかえるところだったのに、父のところに
寄ってくれて、痛むほうの足をすこし、みてくれて、
楽に動くようになった。
ステイのあいだ、見てくださることになった。
来年からマッサージも訪問でお願いしよう。

とにかく、ほっとした。
職員のみんなに「じゃ、ゆっくり休んでくださいね」と言われ、
先生方にも「先のこと考えて、とにかく休みなさいよ」
といわれ、やっと休むことができる。

とりあえず、今日は、夫の用事でデパートへ行く。
わ~ちっとも休めないジャン^~~~~
by ygracia | 2005-12-13 09:00 | 今日のお話

介護からはなれて

父は相変わらず、左に傾き、フリーズなのかなんなのか
わからなく、うつろな目でその辺を見ている。
2日間、左にかたむいているので、ベットの位置をかえ、
寝る位置も反対にしてみたら、今朝は左傾きが治まり、
どちらかというと、右に少し、傾いた。
寝るときに上をむいた状態で、かならず、壁のほうを見ようとする。
左に傾くときは左側に壁があった。
今は右側に窓だ。ひろい面というか・・・
何なんだろう。

ドプスを減らしたから、覚醒しないのか、
というか、あんまりドプスは関係ないのかもしれないし。
幻覚、幻視はなくなった。

目がしっかり開いてくれないのが残念だ。
大きな丸い目なのに。

父の髪が伸び放題で、まるで芸術家のようになってたので、
散髪した。
ほんとはいつもの理容店につれていきたかったけど、
やはり無理があるので訪問散髪と考えたがもう
年内はいっぱいとのこと。
電気バリカンつかったら、ちょっと後ろがトラ刈りになった。
やっぱり、はさみだけのほうがいい。
父は小さいこのように、ちょこちょこ動くので大変だったけど
なんとかさっぱりした。
わかってんのかなと思ったら、
娘が「おじいちゃん、散髪したの?」
「うん」
と答えてた。

おとといから、風邪気味の私、熱もでそうで、ほんとつらかった。
はうように、布団から出て、エイヤと気合をいれて
父の世話を開始する。

介護から離れたら、夫に白菜の漬物をつけることを
約束した。
by ygracia | 2005-12-11 22:26 | 今日のお話

救急車

12月7日
母を有料老人ホームのショートステイに連れて行く。
今回は助手席にすわらせ、背をすこし、倒し、足にはクッションをおき、
楽な姿勢にしてみた。
車のなかでインスリンをうち、おいなりをたべさせ、お茶を飲み、
ため息でれば、すぐ飴をあげ、だましだましの40分ドライブ。
私が手続きをして部屋にもどると、もう母はご機嫌。
爪もきってもらい、お茶をのませてもらい、声をかけてもらい
茶色い顔がいっぺんに色白の母に戻った。
環境がよくなって、こんなに顔が変わるとは。

今日、ホームから連絡がはいり、午前も午後もお仲間といっしょに
すごし、車椅子で長時間すわっていてもなにも言わなかったそうだ。
いつもなら腰が痛いとさわぐのに。
すっかりリラックスしている母。
よかった。

12月8日
父が昼過ぎまで起きてくれなかった。
やっとおこして、車椅子にすわらせたものの、左脱力。
9月の脳梗塞と同じ状態だ。
いつものことかなとおもったが、ご飯も無理だ。
おまけに、15時間も水分を取っていない。
脱水かもしれない。
脳梗塞が起きたかもしれない。
結局、訪問診療のに電話をし、指示まち。
救急車を呼んだ。
ところが、先回入院したE病院。
救急車が4台きてるとかで、いっぺんで断られた。
なにがなんでもE病院なので、結局先生にじかに電話をいれてみた。
9月の時の先生、お休み。
え~いとおもいきって、トップの先生につなげてもらうことに。
いやな態度ひとつなしに、うろ覚えであろう、父のことを思い出してくださり、
ただ、救急の権限がない、外来で手一杯ということで、
でも、私をがっかりさせない答えをだしてくださった。
ほんとうにありがとうございました。

救急隊員のかたもとても穏やかで、じっくり待ってくださって、
そして、もういちど、救急に電話すると、ちょうどあいたというので
すぐ受けてもらえた。
と、同時に、訪問診療のほうのクリニックから電話、Faxが
入ったとのことで、あとはスムーズ。
いやな顔もされなかった。

脱力してたはずの父は病院にいる間に復活して、
先生を足でけとばしたり、いろいろやってくれた。

今回私もちょっと目からうろこだったのは、若い女医さんが
MRIの父の脳の画像を詳しく説明してくれて、
ラクナ梗塞だけではなく、脳幹部の運動をつかさどる部分も
古くに梗塞でやられていること(これは西村先生にも聞いた)
あとはアルツハイマーのような脳の状況もみられるということ。
細かい梗塞がいっぱい。
いつ、また脳梗塞が起きてもちっともふしぎではないと言うこと。
レビーといわれているけれど、混合型だろうと思われると言うこと。
非常にためになった。

父にはいやな思いをさせ、疲れさせてしまったけど、
検査できたのでよかった。

あたらしい梗塞はなく、帰宅した。
脱力の原因はわからない。
ドプスを減らしたせいかとおもったけど、そうともいえない。
動きがわるくなったのはドプスのせいとおもったけど、
そうともいえない。
だれも答えはだせない。

娘にいわせると、私が父を無理に起こしたからだという、
病院では起立性低血圧はなく、血圧は高かった。
糖尿も悪くなってた。

病院の車椅子でタクシー乗り場までつれてきて、
だきあげて、のせ、家のまえまでいき、
娘が車椅子を用意して待機してたので
まただいておろし、できた。

E病院のN先生に外来でかかればいいのではといわれたけど、
もう木之下先生にお任せして、なにかのときにはE病院にいかれるように
こんどは段取りよくやらなくてはならない。
ほんと、アメリカのように、ドクターが契約している病院というふうに
ならないものかな。
そうしたら、受付拒否なんてなくなるのにな。

と、これらの出来事にほかに、父の郵貯の暗証番号がわからず、
ロックされ、委任状だったり、あとほかの件で住民票を
とるのに、委任状は自筆とかいわれたり、でも結局
私と娘で父母の名を書いてだしたり、夫も私も走り回ってた。

もうへとへと、超えて、どろどろ~~~~
by ygracia | 2005-12-08 23:21 | 今日のお話

訪問診療

今日から訪問診療が始まった。

おおきなからだの木之下先生とナースが元気よく来てくださった。

西村先生からの情報もあり、木之下先生がレビー専門であること、
いろんなお話ができた。
とにかく、私はすごかったみたいだ、東京でも10もいないレビー研究者に
もう3人出会い、父は見てもらい、名前を知っている先生が2名
(レビー発見者の小阪先生も含む)
合計5人知ってることになり、木之下先生もびっくり。
この地区には専門医は2名のみ。

でもとにかく、うれしかった。
薬の調整をはじめることになったが、今月ショートを予定しているけど
それをキャンセルして薬調整にしなければならないとおもい、
先生にはなしたら、「まずしっかり休みなさい」ということで
来月早々から薬調整をすることになった。
なんだかほっとした。

インフルエンザの予防接種もできた。

母のこともゆくゆくはお願いすることになりそうだ。

そのあと、吸引器を先生のほうから手配してくださり、
レンタルの予定だったが、値段を聞いて、即購入に変更。
会社がすぐちかくなので、そのまま、取って返し、
新品を持ってきてくれた。

薬局も宅配で薬剤師直接きて話してくれたので
安心。
また朝、昼、夜と分包してあるので、これまた最高。
なにかあったら、すぐ相談できるというのもうれしい。

訪問診療のほうは、24時間体制。
もちろん、先生が来るかどうかは状態によるし、
電話だけの指示になるかもしれないというが
それでも安心。

今日は、ひとが出たり入ったり。
お疲れ様でした。
by ygracia | 2005-12-05 21:12 | 今日のお話

確執

このごろ、精神的にだいぶ参っている。
母との対立が多く、私は暴言も吐くし、母の背中を平手で叩いたりする。
母は強いのでやりかえしてくるので、ほんとにバトルなのだ、毎日が。
すこし、すくわれるのはというより、悲しまなければいけないのか、
バトルがあっても、母は何も覚えていないことだ。
しかし、私の自己嫌悪はどんどん膨らんでたまらなくなり、
西村先生に相談した。

私はもう危険信号だという。
注意信号ではないと。

確かにかなり、無理がきていて、あっちもこっちも中途半端で
頭の中で思っている世話の半分もできていない。
下の世話に、片付けに食事で、父母が寝てくれたあと
やっとなんとか時間ができるがその時間は家族との時間。
私の精神は結局休まらないわけだ。

疲れたな、ほんとに。

明日ははじめての父の訪問診療。
インフルエンザもしてもらえるからほんと助かる。

父の歩行困難、幻覚がどうやらドプスのせいらしい。
入院時に服用回数が増えて、心配だったのだが、
やっぱり出てきた。

父とその話をすると、もともに受け答えする。
「そうか、やっぱりもうすこし、歩けたほうがいいなぁ」
「血圧が下がることが、また増えるかもしれないけど・・」
「それでも動けたほうがいい」

と、父の意思だった。
何の反応もない、母を父は指差した。
「なに? おかあさんに用事?」
「話さないね」
「なにさ?」

あ~、もう泥のような私の精神状態。
DVDでもみるか~~~
by ygracia | 2005-12-04 14:37 | 今日のお話

父、ぼけてない?

母にお金がかかるので父の定期をひとつ解約することにした。
父にはときどき話して置いたが、あんまり反応はなかった。

銀行に、どうやったらいいのか電話すると、やはり本人でないと
できないと言う。
家族が代行で行う場合も本人の確認が必要。
現段階では決まったシステムがないので本人の確認を
なんとか取ることしかできないと言う。

認知症でレビーであることを説明。
覚醒するのは3時過ぎとか、むこうにとってはどうでもいいこと
いっぱい言うと、「なんとかお電話でお話できないものでしょうか」
と言う。
昼前だったから、寝ていると思ったのだが、電話をちょっとまたせて
父をのぞいてみると、テレビを見ているので
「おとうさん、おかあさんに必要なので定期を解約するから
銀行の人と話してくれる?」
「うん」
お茶を一口のみ
「もしもし」
銀行の方がゆっくりとはっきり話してくれて
「おうちのかたが定期を解約されるということですが、よろしいですか?」
「・・・」
「もしもし」
「まだ協議していない」
はっきりした言葉になってないのでむこうに聞こえなかった
「もしもし」
「まだ協議していない」

だ~~~あせった私。
「おとうさん、必要なおかねだから、ゆみこが銀行にとりにいくから
いいでしょ?」
「・・・」
「わかる?ゆみこがいくの」
「ゆみこが行きますから」
「あ、それではゆみこさんが銀行にいらしてお手続きということで
確認させていただきます。よろしいですね。」
「ハイ。ゆみこがいきますから」

冷や汗。
これで解約しないなんていったら、こまっちゃう。

でも夫と大笑い。
「たしかに、協議してないよな~~」

これで、無事に銀行業務は済んだけど、銀行のかたも
「意地悪しているみたいですが、最近は事件も多いし、私どもも
厳しく言われてまして。でもいま、おたくさまのようなケースが
すごく多いんですよ。そのつど、いろいろなかたちで本人確認
をするのですが。」と話した。

成年後見人制度も審査に時間もかかるし、いろいろ準備も大変らしい。

なんかもう少し簡単に家族証明と、本人の意思確認ができればいいけど、
でも家族でも悪いやついるかもしれないし、やはり難しいか。

ひとつだけいえることはおとうさん、偉い、こつこつ自分の老後の
準備をしていてくれたから、私は苦労しない。
夫いわく「できの悪い娘をもつと、父親は強くなるのよ~」
私いわく「できの悪い妻をもつと夫はきっとしっかりするのでしょうね~あ~よかった」
by ygracia | 2005-12-02 22:02 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る