<   2006年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

講習会追記

講習会での実習。
コップの水を3通りで飲んでみること。

1. 唇を閉じないで飲む

2. 奥歯をかみ合わせないで飲む

3. 舌を動かさないで飲む

いずれも飲むことが困難な方法で、
飲み込みには口を閉じること、
歯をかみ合わせること(入れ歯を入れること)、
舌の動きを良くすることが重要。

確認できた。

今日の滴下
変則

朝 ラコール 400         薬・白湯  50×4  滴下時間  2時間
昼 ラコール 400+白湯200   〃    〃        〃    3時間強
夜 ラコール 200+白湯200   〃    〃       〃     3時間
夜間 OS1 400 予定


今日の父は朝から起きている。
あまり寝ない。 OS1を滴下した翌日はかなり元気な感じがする。

痰 回数少ない。 1回できれいに吸引できる。

便なし、今夜漢方予定。

アイスキューブ 1個
スポンジ白湯   2回

チャレンジおやつ  おしるこ  30ccくらい 
            うまいといって、かなり味わっていた。
            ムセはしないが、最後のほうはのどにたまった、吸引。
            気がつかない誤嚥はこわいが、自分でエッへん。
            ごっくんはかなり定着してきている。

座位  車椅子へ移動 30分
     おきあがりスムーズ。立ち上がり(足はしっかりしていないが)いい。
     腰がしっかりしている感じ。
     のびるし、自分でたったつもりでいるのがわかる。

b0055939_2154677.jpg


朝、私が病院へ行くというと「いいよ」とはっきりしていたが
そのあとは、やはり視線をさける。
幻視がでてきているようだ。
抑肝散は続けているのだけど。
by ygracia | 2006-06-28 21:07 | 今日のお話

講習会2

テキストを開くと飛び込んできたのは
「食べることへの援助は、生きることへの援助そのものである」
と言う言葉。

パワーポイントで制作された画面が次々と興味深い言葉や数字を映し出す。
医師によると、高齢者の最終死因の25パーセントが肺炎だそうだ。
b0055939_22532773.jpg


嚥下障害の起きる背景は
生理的老化と病的老化に分けることができるという。

老化しにくい臓器は 肝臓、血液、内分泌管
老化しやすい臓器は 神経、骨格筋、腎臓、心臓、肺。これらの機能力は
出生時にきまっているそうだ。

その老化の原因はいろいろあるのだがレビーに関連しそうなのが
「変性生体物質」というのがあった。
表がないので比較できないけど、レビーもこれに入るのではと思う。

ここまでのお話がとてもおもしろかったのだが、残念なことにテキストにはでていない。
メモする暇もなかったからプリントほしかった。

要するに、なるべくして起きてくる嚥下障害に
どのように対処していくかというお話になるわけだ。

EBMと言う言葉も出てきた。
これは昨今注目されている考え方らしい。
勉強しなくちゃ。
(scallopsさんからの情報にあったのでリンク。)

医師はいろいろな背景を細かくお話してくれた。
結論は
人にとって、経口からの食事摂取は最大の喜びであり、
"食べること"は生命の維持に加えて、QOL(quality of life)
のうえでも重要な行為である。
医師、看護師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、栄養士、
家族を含めたチームアプローチにより、全人格的に
導いていく、嚥下リハビリの実践が、ますます
重要性を帯びてくる
ということ。

(ここまでは山王病院呼吸器センターの須藤英一先生のお話。)

つぎは言語聴覚士の伊藤さんからの
嚥下リハビリの実習。
座り方    しっかりと奥深く、90度で座る、
食べる前に 1.深呼吸  みぞおちのあたりに手をおいて。
        2.首の体操、首の筋肉をリラックスさせる。
          斜め左上→斜め右下
          斜め右上→斜め左下
          左右にまわす
          左右の横にたおす
          あごをおとしてグルーングルーンとまわす
        3.肩の体操  
          ゆっくり方を上げてストンと落とす
        4.口の体操
          大きくあけて「あ~~む」「い~~え」など
          横におおきくひいて、次にすぼめる
        5.舌の体操
          舌を大きく前にだしひっこめる
          右へ左へ
          鼻の先にくっつけるようにあげて、さげる
          ほっぺたをふくらまし、次におもいっきりへこます
        6.発声練習  パパパパパ。タタタタタ。ラララララ、ガガガガガなど
        7.深呼吸

次は嚥下に関する商品のメーカーからの紹介。
私が使っているもの、持っているものばかりだったので特になし。
(サクションスワブ、エラックスポンジ、ブラシ、各種スポンジブラシ、レトルト介護食)

休み時間はみなさん、メーカーの説明やサンプル収集に忙しい。

b0055939_22555466.jpg


次は歯科衛生士の渋谷さんのお話。
実践もの。
いちばんわかりやすく、すぐに活用できるものだった。
ヘルパーさんが利用者さんに嚥下体操を自然にアプローチするやり方とか、
楽しい体操とか。

自分でコップの水を3通りに飲んでみて、嚥下というものが
どういうメカニズムかをつかむ。
ところが私がしっかり覚えていなくてかけない。

ただ、口の中のどれかの機能がかけても嚥下は難しくなると言うこと。
特に印象的だったのが、奥歯がないとのみこめないということ。
歯が大事と言うこと。
入れ歯は使ったほうがいいということ。
新しくつくらないのなら、古いものを調整して、使うべきということ。

3時間の講習だったけど、いままで自分で得た知識を再確認できたこと、
迷っていたことがはっきり見えたこと、で自分としてはいい時間だった。

うろ覚えでレポート内容が乏しいけれど、嚥下体操に関しては
poco a pocoさんがいいのを見つけてくれて、講習会でも
でてきたことだったので、これをリンクさせてもらうことにする。
ぜひ見てください。

ごっくん体操

嚥下障害支援サイト内にも体操あり。

父の嚥下の状態があまりよくないというのはわかっている。
でも父が最後のときを迎えるまえにもういちどだけ、好きなものを食べさせたい・・
そんな気持ちで嚥下リハビリを細々でも続けると決めている。
もちろん、プロの判断も仰がなくてはならない。
まだまだ勉強することいっぱいだよ、お父さん!

今回の講習会の主催者と概要は こちら

講習会追記へ続く
by ygracia | 2006-06-27 22:58 | 今日のお話

icecube

嚥下リハビリにはアイスマッサージがいいというのは知っていた。
まだ元気なころもアイスキューブで口の中でコロコロはやっていた。
今もできるんだけど、ふとした瞬間に小さくなった氷を飲んでしまう。
リハビリのために、水分補給のために、楽しみのために、
この3つを兼ね備えるのは、棒付アイスキャンディーがいい。
でもおおきいのはだめなので作ってみた。
今回はデトックスのクランベリージュースで。

飛行機でもらったウィスキー用のグラスにサランラップをひいて、
ジュースを入れて、あらかじめジュースに浸したスポンジをたててみた。
そのまま、凍らせて出来上がり。
父は「おいしかった」そうな。


b0055939_2032885.jpg

b0055939_2034780.jpg



今日の滴下
変則

朝 ラコール 400         薬・白湯 50×3  滴下時間  1時間半(早すぎた)
昼 ラコール 400           〃   50×4    〃     3時間半
夜 ラコール 200+白湯200    〃  50×4    〃      

夜間  OS1  400予定

痰  回数少ない。 痰もそれほどひどくない。朝のみ多い。
    蒸しタオルのパックが効いているのか。

便  朝食後あり。 ふつう+軟

覚醒してきたのは3時頃。それまですやすや寝てる。

座位 10分くらい。おきあがりスムーズ。

b0055939_20114933.jpg


b0055939_2012832.jpg



          
by ygracia | 2006-06-27 20:16 | 今日のお話

今日の記録

父、寝てばかり。
「お父さん、何がしたい?」
「何もしたくない」
となぜか即座に答えは出る。
実際には
「ふぁにも しだくふぁい」

シャワーは浴びると言う。
夕方から数時間覚醒。
夜11時ごろは、せん妄か。
パッドを交換しようとすると、「こら!」と言う。
「ゆみこだよ~^」と顔の真正面から覗き込むと
「うるさい!」
これも不穏というのだろうか。

今日の滴下

朝 ラコール 600          薬・白湯 50×3    滴下時間 3時間ちょっと
夜 ラコール 400+白湯200    〃    〃        〃    4時間弱

アイススポンジ  2本    20ccくらい
スポンジ白湯   3回    30ccくらい

痰 吸引回数減る。痰はしっかりたまっている。

便 朝「通仙」3錠をひいて、溶かしていれたので夕方出た。
  トイレもいったが残りはでなかった。

チャレンジなし  りんごのすったのをいるか聞いたがいらないという。
           おなかがすいていないとやはり、食事は無理。

応急でアイススポンジビッグを作ってみたら、父も大満足。
アイスマッサージにはアイス綿棒でいいが、ちょっと水分補給のときは
これのほうがよさそうだ。
もちろん嚥下力によるけど。

b0055939_2345391.jpg


というわけで、シャワーとアイスキューブ以外は機嫌のわるい父だった、今日は。

アイスキューブをなめたあとはしっかり口も閉じる。
b0055939_2348289.jpg

by ygracia | 2006-06-26 23:50 | 今日のお話

講習会1

「かいごの学校」に出ていた講習会、「口腔ケアと嚥下リハビリテーション」に
行ってきた。
ヘルパーさんを午後から頼んで、ちょっとお疲れ気味で出発。

地下鉄の駅をでるとすぐ東京大学農学部。

b0055939_22571775.jpg


見るからにおばさんたちがはいっていくので、私もおばさんとして
いっしょに入っていく。
守衛のおじさんも少し、引いてた。
なんでも聞いちゃうおばさん、一杯人が歩いていくのに、
「弥生講堂ってどこですか?」
とどうどうと聞いてるひともいるわけで。。。。

受付すませ、ひさしぶりの同年代のお集まりに私も
少々、圧倒されながらも「写真取ってもいいでしょうか?」
と尋ねると、上の人がやってきて(若い男性社員)
「取材でしょうか?」
いえいえと介護家族であることを説明、
ブログなどにのせるのはまったくかまわない、ただ講習中は不許可。
ということで雰囲気だけ撮影させてもらった。
会社関係の人がビデオを取ってただけで撮影している人はいなかった。

講習会2へ続く

b0055939_22574488.jpg

b0055939_225853.jpg


by ygracia | 2006-06-26 22:58 | 今日のお話

このごろ

久しく、ブログの機能チェックをしていなかったので
のぞいてみたら、確実に訪問客が減っていたぁ~~
たしかに、もう自己満足なブログだし、おおきな悩みもないからだろうな。

母と父との介護で葛藤していることはお客様も応援団も
多かったけど、落ち着いたら、みんなひいちゃったみたい。

私の場合、確かに恵まれた環境にはちがいない。
生活のために働くわけでもなく、
父と母の介護のことだけ考えてすごしていりゃいいわけで・・
父が老後のために蓄えていてくれたから、私は何の心配もない。
これじゃ、あんまり説得力もないかもね。

今日は、東大の弥生講堂で開かれた、講習会に行ってきた。
私の介護生活はじまっていらいの快挙といったらおおげさだけど、
自分と父母のためにン勉強するためにでかけることなんて、介護生活はじめてから
いちどもなかった。
でかけようなんて気もなかった。

でもこのごろ、うやむやでいてもしかたない、自分の目で確かめたいと
いう気持ちがわきでてきている。
そのためにヘルパーさんをお願いしなくてはならなくても
先のことを思えば、やっぱり勉強しに行きたいと思うのだ。

詳しいことは明日、まとめよう、
忘れちゃうかもね。
ひさしぶりの電車で、かなりお疲れだし、
講義を聴くのも久しぶりだし。
でも楽しかった。

父はおとなしく、ヘルパーさんとお留守番。
そのせいか、私のことを見ようともしない。
なんだかまた幻視(でも楽しそうに笑っている)が出てきた。
なんだろう。
摩訶不思議。
by ygracia | 2006-06-25 21:59 | 今日のお話

本日は

昼間はほとんどすやすやと眠っていた父。
今週はヘルパーさんを1回お休みしたので清拭が減ってる。
「シャワー浴びる、元気ある?」
と父に聞くと
「シャワー浴びるくらい、だいじょうぶだよ!」
となぜかはっきり答える。

シャワー中もご機嫌でむにゃむにゃしゃべっているけど、わからない。

シャワーあがってからも良くしゃべる。
でも私がわからないでいると、何か起こっている。
「おとうさん、こおりなめる?」
「こおり、いるよ」
これははっきり答える。
また、むにゃむにゃむにゃとしゃべる。

きょうは、午後、氷とアイスとどっちがいいときくと、
「アイス」と答えて、はじめはうまく食べていたのだが、
途中から口の中での量の加減でむせはじめ、
やはり無理と判断。
くちをゆすいで、終了。
父は「おいしかった」で満足。

どうも嚥下がよくないのでチャレンジ夕食も今日はなし。
シャワーのあと、なにか怒ってたのが、もしかすると
夕食がないことかもしれないなと思った。

今日の滴下
朝 ラコール 600  薬・白湯 50×3  滴下時間3時間半
昼 OS1   400  〃     50×3    〃   2時間強
夜 ラコール 400   〃    〃       〃   3時間半

痰 吸引回数はすくなかったが、1回の痰が多かった。

便なし

座位、 シャワー中のみ 起き上がりはスムーズ

バニラアイス、 すこし
アイスキューブ       2個
スポンジ白湯    1回

今日のトピック
アイスを自分で持って、口に運んだ。
シャッターチャンスを逃したが、しっかり口に入れることができた。

b0055939_2322645.jpg



昨日、父のアイス綿棒をなめてみた。
おえ~~で、綿の感触がなんともおいしくないというかなんというか、
タオルを口に入れたみたいだ。
ついでにスポンジを凍らせて、なめてみた。
スポンジの味はそんなにないけど、水がほんの少々しかでてこない。
ちゅーちゅー吸ってみたら、最後はやはりスポンジの感触になって気持ち悪い。

やっぱり、棒付アイスキューブを作ろう。
綿棒、おいしくないよ。

我が家のぶどう。
はじめてのことで、娘がいろいろやってみたけど、どうも
間違ったカットをしたらしい。
だから、さきっぽだけのぶどうになりそう。
でもすくすく育っている。楽しみだ。

b0055939_23274116.jpg

by ygracia | 2006-06-24 23:30 | 今日のお話

昨日

私はあさから、病院へ。
「おとうさん、病院行ってくるから、留守番頼むね。」
「お~~」

2時間後
「おとうさん、ただいまぁ」
「お~~」

タオルケットをはがし、身体は斜め。
おそらく、おきて留守番しようと思ったのだろう。
元気でいい。

昨日の滴下
変則

朝 ラコール 200         薬・白湯 50×2  滴下時間 1時間強
昼 ラコール 400+白湯200   〃   50×4    〃    3時間半
夜 ラコール 400+白湯200   〃   50×4    〃    3時間半

私の病院の時間のせいで今日は、不完全。

痰  ケアがすくなかったせいで口が渇き、痰もおおく、喉も切れて血がでた。

便なし

座位 夕食時 車椅子  30分

チャレンジ夕食 覚醒がよくなくて失敗。
          ただ、おかず(鶏肉とトマトのハーブ煮)があったので
          いつもの玄米ペーストとおかずは「うまい」と言った。
          飲み込みが弱いのでほとんど吸引して取ってしまった。
          無理はできないこと認識。反省。
          味をたのしむだけでもいい。
          お味噌汁はわかめと小松菜(自家栽培)をミルサーしてこして
          味噌汁の上にのせてみた。ひさしぶりで「うまい」とのこと。

b0055939_121538.jpg



庭にはゆりが満開。
娘がカットしてきて父のところへ。
父も満足。

b0055939_1215623.jpg


b0055939_1221355.jpg





    
by ygracia | 2006-06-24 12:02 | 今日のお話

実験台?

今日の滴下

朝 ラコール600        薬・白湯 50×3
昼 OS1 400         薬・白湯 50×2
夜 ラコール400+白湯    〃    50×4

スポンジ白湯  3回
アイスキューブ 1個

便 朝食後少々、ピー。最後OK。
  お風呂場で洗う。ベットからの起き上がり、スムーズ。

痰  少ない。
   朝は大量にとれるが、その後、すくない。
   自分で痰が切れるようになってきた。
   口の中に痰がコロンと出てくる。

チャレンジ夕食
   玄米のペースト状ご飯(玄米をおかゆにして、ミルサーして、こしたもの)30ccくらい
   卵のお吸い物(ミルサー、片栗のとろみ少々)40ccくらい
   三年番茶20ccくらい

b0055939_20512728.jpg


失敗もした。
ちょうど夕食の最中に宅急便がきて、もどってみると
父が、お盆をおさえこんでいて、お茶碗が転がっていた。
どうも自分でたべようとしてからだをうごかし、むせたようだ。
目から涙。
「おとうさん、むせちゃった?」
「うん」
「だいじょうぶ?」
「うん」

それから父は「お茶」といい、お茶飲んで、ごはん終了。

玄米のペーストは「うまい」と言った。
今日は、味もしっかりつけて、父がほしがる順番にあげてみた。

でもやはり、目を離しちゃいけなかった。
肺炎起こすかな。

ベットに戻り、丁寧に口を洗い、吸引。
なんだか食べたばかりでかわいそうだけど、しかたない。

訪問看護の日だった。
ナースがあたらしい、別の型の経管栄養ボトルをもってきてくれた。
でかい、足がついてる~~~

父も新人のSさんと体操。
そう、先週から訪問看護のなかにリハビリを入れてもらえた。
PTではなく、まず、ナースにやってもらいましょうと言うことで、決まった。
父はなんだかわからないけど、手足を動かしたり、
にやっとしてみたり。
でも今日は、ナースには関心を示さなかった。
返事するものかという感じ。

それでも今日は夕食で車椅子にすわったし、
トイレと風呂場行きでシャワー車椅子にすわったし、いい調子。

これでアリセプト少々たせば、きっともっとクリアになるだろうと
思ってはいるんだけど。

あせるな、あせるな、あせってはいけません。。
by ygracia | 2006-06-22 20:52 | 今日のお話

今日のチャレンジ

今日の滴下

変則。
朝 ラコール200+白湯100      薬・白湯50×4   滴下時間  1時間半
昼 ラコール400+白湯200        〃           〃     3時間
夜 ラコール400+白湯200        〃  50×4     〃    3時間強


スポンジ白湯 3回
夕食      おもゆ  15ccくらい   味噌汁の上澄み  30ccくらい

痰  吸引 すくない、本人も痰はないという
   口の中に痰が出ている。咳払いができる。
   ネブライザーを買ってないので、蒸しタオルで口を
   湿らせている。床屋さんがヒゲソリ前にやるように
   鼻をすこしあけて、顔全体をくるんでいる。
   これを一日に何回もしているのが効果あったのかも。

褥創  きのうよりいい。フィブラストはまだ使っていない。

座位  車椅子 1時間くらい

便、大量。 朝トイレで。 その後ヘルパーさんが来たとき。
  夕べ夜中に「通仙」を4錠を白湯50ccで溶かし、注入。その後白湯50注入。
  OS1も400入れた、水分が良かったのか。

今日の父は、朝、便意を伝えてきて、トイレで踏ん張った。
けっこう腹筋がまだあるぞ。
大量に出て、シャワーでお尻洗い。
気持ちが良かったという。

昼ごろ、ヘルパーさんがきているときに残りが大量に出た。

ゆうべラキソベロンを使うか、漢方にするかまよったが、
漢方にした。これも効いたのかもしれない。

朝からかなり調子がいいので、重湯にチャレンジしてみることにした。
本当は、父の食欲と意欲を試してみたかったのだ。
「おとうさん、夕食よ、おもゆとおつゆだけだけど、すこしづつね」
父は、タオルケットを自分ではいで、起き上がろうとした。
起き上がりも自分で動こうとする意志があるので非常にスムーズに
起き上がる。
ベットの座位からたちあがりも、父にあわせたので
父はおそらく自分で立ち上がったと思っていると思う。
車椅子(ふつうの)にすわり、テーブルへ。

おもゆ(とろみ)、味噌汁のうわずみ、ほうじ茶

b0055939_22195956.jpg


しっかりと首をおこし、テーブルを確認する父。

b0055939_22203458.jpg


薄味だったせいで、あまり味がないといったが、おつゆは小さじで5杯は飲んだ。
飲み込みもいい。えっへん、ごっくんもウマくなった。
もしかしたら肺にいってるかもしれないけど、父の意欲は確認できた。

その後、起きているというので「日本昔話」と
所さんの番組をふたりで見る。
なんかのんびりした。

b0055939_2226396.jpg


そのあいだに、うっかり床に置いた吸引器のホースをジュリが
しっかりかんでしまい、穴だらけ。
古いほうだったから良かった。
予備もあるからほんと良かった。
油断できない。
先週、ナースの聴診器のチューブをかじってたけど、だいじょうぶかな~~

チャレンジできた今日。
多分、明日は寝てばかりの父かもしれない。

それでもいい、毎日楽しければ。
by ygracia | 2006-06-21 22:30 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る