<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

母に会う

母に、またサインをもらいにいったら、
私は5才違いの姉になってた。てっちゃんなんだけど。
介護士さんも夜はてっちゃんとよばれてるんだそうな。

母に家族の写真を見せて、おかあさんでしょ、おとうさんでしょ、
むすめでしょ、まごでしょ、むこでしょって順番に教えたけど、
婿の名前もわかるのに、娘であることを認識できないようだ。
そこがやられたのかな。

娘を忘れないでねというと、忘れないよという。

サインは今日の書類は住所と名前欄に横線があるものだから
その線のあいだに、上手にとっても小さく書いてくれた。
でも書けた。

介護士さんが母がまたレクに参加してくれないというので
集合時間なのでといって、連れて行ってみてとお願いした。
オペラ鑑賞のときは、喜んで聞いていたり、歌の時間に
ひとりだけのテーブルにしたら、ちゃんと歌を歌ってたそうだ。
母は他の人はみんなぼけてるから一緒はいやだというのだ。

どこからどこまでいつもの母で、混乱してるよその母はいつあらわれるのか
わかっていたら、楽だけど。
そうはうまくはいかない。
でもこのホームに暮らして、元気になり、おしゃべりが戻り、笑顔も出て、
立ち上がりがスムーズになったことはまちがいない。
今日のホールではひとり仕切り屋さんがいて、歌をみんなでうたってたけど
(だれもヘルプしてないのに)みんな声だして元気だった。
私もいっしょに歌おうかとおもうくらい。

今月帰宅予定の日はいつかというので、カレンダーに印をつけた。

帰るとき、てっちゃんと呼びかけて、ゆみこと言い直した母。
こころのなかで(ごめんね)というしかなかった。

そういえば、いくたびに、3枚の写真立ては引き出しの中にある。
飾ると人が見に来るといって、しまってしまう。
困ったものだ。
こんど大きいぬいぐるみでももっていってみようかな。
by ygracia | 2007-01-31 23:50 | 今日のお話

月命日

30日は父がなくなって2ヶ月目。
たったの2ヶ月。
叔母から電話があった。
父の夢を見たという。
「つとむちゃんがね、あけてくれ、あけてくれっていうのよ、
それがうちのお風呂場なのね、だから起きていってあけたんだけど
誰もいなくてね、夢だって気がついたの。」

なんだか考えちゃった。
私はなんにも夢見ない。
父の声も聞こえない。

父の最期のときを思い出してみたんだけど、何も思い出せないのだ。
娘に聞くと、お母さんは号泣してた、それ以上聞かないでと、さえぎられた。
娘は父のほんとうの最期をしっかりみていた。
まだ痛みが続いていて、娘の体調もいまいち。

16年くらいいや、もしかすると19年くらい飼っていた金魚が今日死んでしまった。
心ココにあらずの私、忙しい夫、結局温度管理と水管理がわるかったので、
高齢の金魚にはこの季節はきびしかったのだ。
具合がわるいのは赤いの一匹だけとおもっていたので、寿命かなと感じていたが、
元気な白いほうも虫の息。
今、なんとか手当して、塩水に付け、酸素補給している。
元気を取り戻してほしい。
この2匹の金魚、体調は28cmくらいで、赤い方の金魚は
目がみえなくなり、これを白い金魚がえさの時間になると
介助していたのだ。
えさをいれると、白い金魚は、赤い金魚の腹の下にはいり、
もちあげる、すると赤い金魚はえさだとわかり、口をぱくぱくする。
それがうまくいくと、白い金魚も食べ始めるのだ。
大きくなった金魚は全部で5匹いたけれど、数年前に順番になくなり、
この2匹は最期の子たち。
白い子は私たちにすごく慣れていた。
人の声に反応して、すぐやってくる。
うれしそうに尾びれをふって、ひとの目をみる。

昔飼っていた金魚も私の手の上にのってきてえさをたべたっけ。

我が家も世代交代の波が押し寄せて来たのだろうか。
by ygracia | 2007-01-31 01:03 | 今日のお話

おちつかない

気持ちがやはり混乱しているのかどうかわからないけれど、
何かしてないと落ち着かない。
午前中は体操に行き、午後から、横浜のアウトレットに行った。
車を運転してるとどこかへ行きたくなってしまう。

予定していた靴を買い、あとはブラブラして、
娘とサンドイッチを食べる。

そこで見た光景、すごくかわいかった。
娘のところから映像を借りて来た。

b0055939_0391665.jpg


海も見れたし、この次は八景島まで遊びにいこう。

家でもやることあるのに、なんだか落ち着きのない私だ。
by ygracia | 2007-01-30 00:40 | 今日のお話

新しいスタート

心に吹く冷たい風をすこしでもあたたかくしたいとヨガを始めた。
前から娘にはすすめられていたけれど、偶然に娘のかようスタジオで
定期クラスが始まるというので、それも娘がすすめる先生だったので
早速申し込んだ。

クリシュナマチャリヤのヨガ

第一回目はヨガの歴史。
5千年前からインドでは人間が、こころとからだの調和を保ちながら生きるために
どのようにしたらよいか考えられていて、ヨガが存在した。
ヨガとはつなげるという意味があるという。
人間が生きる上で問題が三つある。

ひとつはコミュニケーション
二つ目はからだ
三つ目はmind

つなげるためには前のものを一回断ち切って
次につなげるんだそうな。

何いってるかわからないみたいだけど、こういう話を
先生がとてもわかりやすく話してくれた。

ヨガというのは元来ひとりひとりにあったものをすることで
いまのように、突然、アシュタンガとか、アイアンガーなんとか
とかどこでもいつでもできて流行るヨガというのはすこし違う。

そこで先生はもともとのヨガの姿を追い続け
元祖クリシュナマチャリヤのヨガを勉強して来たのだそうだ。
先生もひとりづつの環境を聞きたい事もあり、
15人の生徒と先生の自己紹介もした。
みなさん、インストラクターだったり、ヨガ歴長いひとばかりで、私はど素人。
でも話は面白く、興味津々になってしまった。

今日は簡単な呼吸を勉強。
好きなスタイル(あぐら、投出、正座)で背骨だけを
感じながら他の部分の力をぬき、胸からお腹へ
息をゆっくり吸い込む。お腹が少し膨らむ。
吐くときにまーと声をだし、吐ききる。(チャンティング)
お腹から胸へと息をゆっくり吐く。
つぎに両腕を吸うときにゆっくりあげ、
吐くときにゆっくり下げる。
四つん這いになり、ゆっくり腕を前に延ばして
おでこも床につける、息を吐く、
息を吸いながら体を起こす。

第2回目 ヨガのかたち

mindというものは雑念や価値観、いろいろな情報で常に混沌としている。
人間は普通、五感や外部からの情報でものごとを判断し、眺める。
しかし、そのmindをクリアにすることでコンセンシャス(真我)からmindを
通して物を見つめることができるようになる。

人間の一生はまず幼児期から青年期前18才くらいまで、
20代から50代前くらいまでの中年期、その後のシニア期の三つに
おおまかに分けられる。
1番目の時期にするヨガはシュクシュナ(アシュタンガなどの動くヨガ)
2番目はアサーナ(チャンティングなどを含む)
3番目はラクーナ(瞑想期)

ヨガの教典は「神の歌」といわれるものでインドではどこの家にも
一冊はあるという。
口伝で伝えられたヨガ、先生が歌われるものもすてきだから
きっと全部聞いたらとりこになりそう。
美しいサンスクリット語である。

呼吸をする。
鼻から吸ってプラーナ(胸の部分)にためるようにして、そこから
アサーナ(へそ周りからしたのあたり)へ流してためる。
ねこの背伸びのようにしながらする。

立って(足は開いても閉じても、自分が楽な状態で)吸うときにうでをあげながら、
吐きながら前屈(自分がらくなところまで吐ききって)吸いながら腕を上げて
体を起こし、吐きながら腕をおろして止まる。
息を鼻から胸へ胸からお腹へ、お腹から胸へ鼻へ。
雑念はない。

みなさん、ノート持参でしっかりメモしているのだが、
なにせド素人の私は、毎回ノート忘れて、必死で聞いて覚えてきた
つもりがやっぱり半分忘れてる。
来週からはノートつけよう。
by ygracia | 2007-01-28 07:24 | YOGA

お役所は

本人確認はとっても大事だそうで、
母に委任状にサインをしてもらって、印鑑登録の申請に行った。
今朝は朝から気分がさえないため気力はないので、文句はつけない、、、

で、母のミミズのような字でもだいじょうぶだったが、
こんどは回答書なるものが送られてくるので、
そこに、また母はサインをしなければならないそうだ。
う〜〜ん。そしてまたそれをもって、登録申請に行くのだ。。。。。
あくまでペーパーワークにしかすぎないんだけど、
まじめに本人自著にしちゃうとほんとちょーめんどい。。

息子の印鑑登録をしに来た女性も、急ぐのにと、困り果ててた。
親子関係を示す、住民票なりで委任状のかわりにならないのかね。
親子でも信用できない世の中だからかな。。。。

でもって、窓口に「やめよう、差別になる、身元調査」って書いてある。
ふ〜〜ん。

さ〜てと、また母のところにいってこなくちゃならない。
by ygracia | 2007-01-26 14:54 | 今日のお話

母が

母が2年ぶりに自分の名前と住所を書いた。

印鑑登録などの委任状に母の署名が必要で、
ちまたでは家族が代筆しちゃってる場合もあるらしいけど、
とりあえず母に書いてもらおう、だめなら手を取って、
一緒に書けば良いと、ホームへでかけた。

母のお部屋にアレンジのお花があった。
「あれ、誰かきたの?」
「うん、Sさんの娘たちよ」
母のお花とお茶の生徒さんだった近所の方が姉妹で
たずねてくださったのだった。前からたずねたいと
おっしゃっていた方達。
母の記憶がとてもいいのに驚く。

書類のことを話すと、「あら、そう」
とベッドから起き上がり、机に向かった。
「すいぶん、字を書いていないからね〜〜」とペンを取る。
できるかなと不安になったけど、いちおう、お手本を書いてみせた。
でもそんなものみないで、母はさらさらと住所と名前を書いたのだ。
字はミミズがはったような字だけれど、字を忘れていなかった。
雑誌が見たいという母、あんまり信用してなかったのに、
悪かったなとつくづく思った。

「この書類なんでいるの?」
「お父さんの財産の処分で、いるのよ」
「あら、財産なんてあったの?ないでしょ〜〜ほほほ」
「ないけどね、お母さんとふたりでわけるんだって〜〜」
なんだかなごやかに気分になって、母をベッドにもどす。

「かあさん、元気?」
「??」
(あ、自分のおかあさんのことか〜)
「おかあさん、83才でしょ。」
「あら、かあさん、83なの、元気なのね」
「ちがうよ、マサ子が83なの」
「???」
「おかあさんが83なのよ」
「あ、そう、私83なのね、じゃ。かあさんいないわね〜〜」

「てっちゃん、今日はもうこないの?」
「うん、書類もっていかなくちゃいけないんだ」
「あ、そう。じゃ、また来てね。」

せつない気持ちだけど、このごろよく話してくれる母はうれしい。

夜、介護長から電話がきて、母はまだこのままこのホームに
いられることになった。
よかった。
問題は解決していないけれど、なんとかスタッフの努力で
よい方向に治まりそうだ。
母のため、私のためにがんばってくれた介護長にほんとに感謝する。
ここのホームの方達は、私の心の支えでもあるので
できるかぎり、こちらの応援を受けながら、母の健康な生活を
維持しつづけたいと願っている。

b0055939_0531421.jpg

by ygracia | 2007-01-25 00:53 | 今日のお話

諸手続き

父が亡くなって、しなければいけない手続きというのがいっぱいあったけど、
夫があとでいいんだといいはるもんだから、母の国民健康保険だけ
年内に書き換えて、葬祭費の請求をした。
これもしっかり手続き内容を把握している職員は数人だけと言う有様で、
あっちへいけとかこっちでとかやられた。区役所ですよ。
社会保険庁で厚生年金などの手続きは死亡から14日以内とあったが
これもあとでということで、やはり、保険の支払いのややこしい書類が
父宛に送られて来てしまった。ケアマネが介護保険に死亡届とストップを
提出してしまったから、なんだかおかしな書類が届いた訳だ。
介護保険は喪失して、母の支払いは亡くなった父がするという形になってる。

財産の処分や名義書換えで、かなりめんどうなので、知り合いの弁護士と
会計士にお願いする事になった。
委任状は4枚だった。

また名義変更に印鑑証明が必要で、あわてて私と母の印鑑登録を
しなければならず、行ったところ、免許証のある私は即発行。
母を証明する写真付きIDはないし、委任状を書かないとわたしが
できないのだ。
委任状を提出し、役所から確認のハガキが着たら、それをもって
また登録にいくのだって。
まーね、なんとかしますけど。

役所のいたるとことに本人確認をしますと書いてある。
成年後見人制度だって、もっと手続きも楽になるとか、
お年寄りのIDだって写真付きのものを用意するとか、
ひとりでできない人には職員が出向いてつくるとか、
もっともっとやり方あるだろうに。
うちの区で災害時のお年寄りマップみたいのを作成するから、
希望する人は知らせなさいという知らせが昨年来てた。
知らせなさいじゃなくて、調べなさいでしょうが。
そんなことしなくたって、災害時にはみんな声かけなくちゃ。
あそこは申し込んでないから助けにいかなくていいっていうのか。
ほんと、おかしなことばかりだ。
窓口にいろいろな届けを出しに来ている人みんな、聞かなくちゃわからない、
このお役所仕事って何なんだろう。

補足
調べたら、うちの区は区民のIDを作ってくれるそうな、だけどそれも
本人確認作業と写真があるから、動けないお年寄りは作りにいけない。
2種類のIDがあるが、身分証明になるのはひとつ。だったら1種類でいいのに。
私、この区でそだってるけど、たまにしか区民ニュースみないから
こんな制度があるのもしらなかった。知らない人いっぱいだと思うけど。。。
by ygracia | 2007-01-22 19:51 | 今日のお話

ひさしぶりに

一日、かなりハードに過ごして、朝から飲まず食わずでやっと5時に食事して、
すぐに子供たちの夕飯の支度にとりかかる。
実は喉のリンパが腫れていて、調子よくないんだけど、
じっとしてられなくて動いている
リンパの腫れが続くようなら来月検査らしい。
夫いわく、それもこれも太り過ぎだと。

息子も明日から受験開始。
のど元までいいたいことは溢れ出てるけど、ぐっとこらえて、ちらっというたりして、、、
うるさいのひとこと、かえってくるけど、つらいのは家族だっておんなじなんだけどね。

さて、昨日母の主治医から電話があり、前日取れなかった尿をできれば
取って、精密検査をしたいとのこと。
経口薬へ変えられるか、インスリンので具合を検査するらしい。
で、ホームに電話して採尿を二本お願いする。
昼過ぎに母のところへ取りにいく。
ただし、母には会わない。帰れるとおもっちゃうから。
そのまま、病院へ提出に行く。

このごろ生協も休んでたから今日は買い出し。
とりあえず、今日は朝から主婦仕事。
洗濯機がやばいことになっているのに、ずっと手をうたなかったのだけど、
やっぱり寿命がきてるらしいこと確認する。
1階の父の洗濯機で洗濯。
息子の部屋の掃除。
学校案内が床に積んであるけど、こんなんでいいのかい。。。。

はっきり言って、介護をしなくなって、
人生空しく感じてしまった。
主婦仕事も空虚。
でも汚いよりきれいなほうがいいからやってるわけで。。。。

でもね、与えられた時間は楽しく使わなくてはいけないと思ってはいる。
by ygracia | 2007-01-19 22:06 | 今日のお話

1日の始めに

朝起きて、そのままウォーキングへ。
なんてことはない、TUTAYAにDVDを返しにいかなくちゃならないから。
ボックスに投げ込んで、そのまま歩き続ける。
神戸屋でパンを買おうと思ってたのに、あいてない。
仕方ないので横道にはいる。
決して早いと言える時間ではないけど日曜日なので
ちょぼちょぼとジョギングのおじさんたちが通り過ぎる。
お散歩のダックスフンドも薄手のチョッキで寒そう。
小型室内犬には冬場はコートが必要だ。
犬に洋服なんてばかみたいという人がまだいるけれど、
ペットをね作り出したのは人間なのよ、ちゃんとケアしてあげなくちゃいけないんだ。。。
と考えながら、歩き続ける。
やっと別のパン屋があいてたので、そこでパリジャンを買う。
息子のためにミルクフランス。
またぶらぶらと。
小ぎれいにしたおばあさん、ゆうに80歳は超えている。
杖をつき、和菓子屋の紙袋をもち、ゆっくりゆっくり一歩ずつ進む。
病院にお見舞いにでもいくのかな。
寒いのに、だいじょうぶかな。

TUTAYAがオープンしてたから、また寄る。
いつものごとく、韓国ドラマを借りまくる。
韓国語の勉強も4日坊主だったからまた始めよう。

今日の東京の風、すごく冷たい。
急に父を思い出した。
おとうさん、って思ったら涙が溢れた。
信号、赤であわてて涙を拭った。
なぜか、まだ病院に入院してるからって感じていた。

家にもどったけど、まだ誰も起きてない。
コーヒー入れてパンたべよっと。
by ygracia | 2007-01-14 11:27 | 今日のお話

今週は その2

今日は日本医療企画へ。
ちょっとちょっとのお話会にでかける。
経緯はまたあとで書くとして、父のおかげで人の輪がぐんとひろがる。

介護の話をしながら、やっぱり涙が抑えられない。
こころの整理も、介護への疑問点もなにも整理できていないことに気づいた。
中山さんと話していて、本当にその通りと思った。
父がなくなってから、あたふたと時間を過ごし、いつのまにか悲しみを
隠している自分がいる。
何をしていいのかわからない自分もいる。
自然に父の死をさけている自分もいる。
朝起きて、父の部屋の雨戸をあけるとき、「おはよ〜お父さん」と
言うものの、父の写真をみれない私がいた。

介護に没頭しているとき、よくおもったことが
淡々と。。暮らしたいということ。
今、淡々と。。が望めるのに、からっぽみたいな、おかしな自分がいる。

それでもにんげん、生きている。

来週はまた母との日々だ。

撮影風景
b0055939_23415463.jpg

by ygracia | 2007-01-12 23:42 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る