<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

友、友、友

18才からの友人たちとひさしぶりで銀座で食事。
このところ4人全員そろうことがなくて、今回やっとそろった。
ゆっくりとランチをして、好きなようにして、リラックス。

私は兄弟がいないから、仲間の存在はほんとうに大きい。
葬儀のときも泣かない私が友の顔をみたとたん、
号泣してしまったのは、心の内をさらけだせるからだ。

完全にリラックスしている自分がいてうれしい。

そしてあと数年で還暦という、なんとも実感のわかないことがやってくる。

人生、ふしぎにおもしろい。
by ygracia | 2007-02-28 00:37 | 今日のお話

なかまと

レビーなかまとやっとひとときを過ごす事ができた。
はじめて会う人もいたけれど、介護の日々を皆お互いに知っているから
違和感などまるでなかった。
遠くてもそれぞれの場所から、みな集まってくれた。
オフ会と称するものなんだろうけれど、それとはまたちがって、
ひとつの苦しみや喜びを分かち合える友人という感じ。

これも親愛なるおとうさんたちが「レビー小体病」になってくれたおかげなのだ。。。

あっという間に予定の時間は過ぎて、話はつきなかった。
まだね、話したい事もあるし、遠方の友にも声を聞かせたいし、
また暖かくなったら集まろうと思う。

話に夢中であんまり食べなかったけど、みんなお腹すかなかった?

車の人、無事についたかな。

みんな集まってくれてありがとうね。

b0055939_2554110.jpg


いただいたクリスタル、吹く風のなかに猫がいて、上を見上げています。
千の風になった父がいるのだろうか。
 すばらしくて感動です、ありがとう。

b0055939_2575637.jpg

by ygracia | 2007-02-25 02:58 | 今日のお話

クリシュナマチャリアのヨガ 第5回

第五回
きょうまでに覚えた事、私にとっていちばん大きい事は

呼吸を味わう

ということば。

楽な姿勢で 10呼吸  
目をつぶり、ma-を5.6回。

本によって練習ツールの順番がかいてあるがクリシュナマチャリアはそう解いていない。
内容の濃い瞑想のためにその前にある程度の経験(準備期間)が必要な場合には
練習順序というものもでてくることもある。

先週の復習
asana 200種類
dhyana 瞑想のスタイルは自由(手の届かないものではない)
            呼吸=mind の状態
pranayana 呼吸の深さ、長さを整える
yama 社会との関わり方  
正直なコミュニケーション
 人を傷つけないために嘘をいってはいけない
ネガティブなものを寄せ付けない
パートナーとの良い関係  プラシャ?
niyama 清潔  (呼吸をするために部屋もきれいにということだ)

tapas 練習を続けていく事
         ネガティブなものを燃やしていく

クリシュナマチャリアの言葉
      物を信じる
信じるこころがないといけない
結果を手放し、また努力していく
あきらめたりしない
可能性をきってしまったりしない

pratyahara 5感 感覚の使い方のコントロール
aharaniyama 食生活 意識改善 食べ物で体調を見る、知る。

svadhyaya
self requirering
自分と話す事
自分以外のだれか信頼できる人に話をする
光をてらしてくれる人に相談する
ツールを見つけてもらう
Bhavana
visualization  あたかもそれがそこにあるかのようにクリアにしていく
                    なんとなくイメージするのではない

Ex. リハビリに使う
      手が動かない人  呼吸  吸うときに手があがることをvisualizeする
                                     吐くときにおろすことをvisualizeする
japa マントラを唱える
         サンスクリット  音に意味がある 呼吸同様パワフルな練習

Mudra
ジェスチャー  
  親指と人差し指で輪(大仏さんみたいな手)
 両手をあわせる(祈りの形)
 頭の上に手をおく
 両手とも親指と人差し指を合わせて輪をつくるかたち
ジェスチャーしながらチャンティング  シャンティヒー

Yajna儀式
ヨガは宗教ではないが、ヒンズー教の神様を使って、儀式をすることもある
練習を意識するために儀式を取り入れる
練習のまえに手を洗うとか足を洗うとか。
教会で練習するとか。
自分にとっての儀式。

実技
楽な姿勢で立つ。
両手を横にあげ息をすいながら上にあげる、吐きながらおろす。

座ってまるくなり顔を上げて前のめりに四つん這い、息を吸いながら、
ゆっくりと足をたて、はきながら腰をあげていき三角になる頭下。腕のばす。

いっぱいやったんだけど、覚えてない〜〜〜ごちゃ混ぜになってます〜〜

これもはじめた
第一回
Vedic Chanting introduction intensive

apanaにはagni(火の神様)がいる
chantingとは詠唱すること

Veda インドで一番古い書物  三大書物よりも前にあったもの
         膨大な知恵の量  ギリシャ神話の三倍以上の物語の長さ
作者は判別できないが神の声といわれている

修行していた聖人たちが瞑想してmindがクリアな状態のときに
聞こえてきた声や、音をchantingしたり、文章にしたり、または文章を
dhantingしたりした(書く技術ができる前のこと)
そのときのまま伝えられてきた  口伝

内容    知恵
          詩  神への讃歌  自然への讃歌
          chantingとして書かれている物もある

聖者がきいたものと同じ音でなければその意味はとらえる事ができない
正しい発音、長さ、高さ、低さ、ペース、早さ、ことばとことばのつなぎ目(発音など)
これらが正しく行われなければvedic chantingにはならない
あくまで個人指導
またcasualなものではないのでオープンクラスでは伝えない

先生にフォーカス、先生も生徒とchantingにフォーカス
ヨガの状態で行う。 意識を集中すること、先生と生徒との良い関係があること

vedaのマスターといわれているクリシュナマチャリアが初めて困難を持つ人々に伝える事を始めた。それまではカーストの位の高い人々しか
できなかった。女性もできなかった。

(この話を聞いたとき、なぜか涙が出て来て、自分でびっくり)

実技
大きな声を出す  ありのままの発音が聞こえる

OM O(3秒) M(0.5秒)
OM NAMo
OM NAMa
OM NAMO
OM NAMAHA
OM
OM

3高低の音の高さがあり、スペルの上下に印がつく。
キーボードで操作できないのでここにはかかない。

これは宗教ではありません
あくまで体のトレーニングで、自分でコントロールするもの、
人にコントロールされるものではありません。

大変おもしろいクラスで、やみつきになりそう???

ヨガを始めてから、ものぐさな私が電車と歩きで通い続けている。
これが体もこころも軽くて動けるのだ。
どこへ行くのも車の方が良かったという私が、ここに行くときだけは
別人になる???
by ygracia | 2007-02-21 00:25 | YOGA

せっせと

母の薬を一回分ずつ小袋に分ける。

脳梗塞のあと、母の服用する薬がいっきに増えた。
血流をよくする薬が主体で、あとは胃を保護するもの。
もう2年も飲んでいるわけだけど、減らして良い薬はない。
今のところ飲めているけれど、父のように嚥下が悪くなったらどうなるのだろう。
血液検査の結果はとても健康。
わたしよりずっと健康な状態。
だけど薬でキープされているのか、どうかはわからない。
できるかぎり減らしてほしいんだけど、血流に関しては増えるばかりだ。

母のことに関わるのはいまのところ、この薬の袋いれ作業と通院のみだから
私はやたらと真剣に仕事する。
パソコンで打ち出した、朝食後、昼食後など、日付などのシールを
小さいジップ付きの袋にはって、一日3回分、1ヶ月分を作る。

母のことを考える時間を一生懸命作り出している自分に
気がついて、何なんだろうなと考えてしまうのだ。

でも時間はどんどん過ぎて、日々の仕事は気がつけば
やまのようにあるのに、母に会い、何も感動しない母を見てがっかりし、
また自分の生活に戻る私。

時間が解決するであろう空虚感と日々戦っている。

b0055939_23463758.jpg

by ygracia | 2007-02-19 23:46 | 今日のお話

介護には

人の生き方、皆違うように、介護のかたちもみんな違う。

親を看る子
子を看る親
夫を看る妻
妻を看る夫
他人を看る人

母を看る息子
父を看る娘

家族全員で看る家
ひとりぼっちで看る家

もう考えたらきりがない。

でもただひとつ、このまなざし。。このこころ

  ただ、アルツハイマーを宣告された日から今日まで、私と母は布団を並べて眠ってきた。母の顔を真横に見ながら眠れる。これが最高なのだ。 野田明宏

これが介護にふんばる人々の「こころ」なんだ。





by ygracia | 2007-02-17 17:16 | 介護に思う

母、母、母、

今日の母は母だったので、不思議。

息子は医学部に手が届かず、薬学部に進む事になったので、
それを母に報告すると、よくやったと言ってくれたという。
息子は医学部への未練も裁ち切れ、今年は自分のやりたいと思う事が
見つかったから悔いはないと母に思いを話したのだそうだ。
そうしたら、母もすごく喜んだそうだ。

ホームに帰る支度を始めると母は
「帰らなくちゃいけないの?」
というので、私が体の具合が落ち着かない事、
母をしっかり世話する自信が今はない事を話したら、
やっぱり大変だねといい、早く治しなさいと言ってくれた。
「おかあさん、もうちょっと我慢してね」というと、
「わかったよ」と寂しそうに答えた。

車のなかでは孫息子の大学のことを、
「ちかくていいじゃない、ほんと良かったね」
と楽しそうに話していた。

ホームにつくと、初めての光景に出くわした。
玄関がおでかけの方とか、お迎えの方とかで混雑してたのだ。
母を車いすごとそこに置いて担当にバトンタッチ、帰宅。
なんと薄情な娘だろう。
でも母はもう眠くてそれどころではなかったみたいでちょっと安心。

母の残した洗濯物とオムツの山にやっぱり一抹の寂しさを感じる。。。。
by ygracia | 2007-02-14 23:29 | 今日のお話

前向きに

鼻つまりがひどい。
花粉症かな。
CPAPが付けられないので夜間の睡眠が浅い。
だから朝おきたときにヨガでならったasanaで
酸素をからだとあたまに送り込む。
ねこどもの邪魔がはいらなければ チャンティングもしてみる。

娘にいわせると人の行動は必然から生まれる?っていうんだけど、
無呼吸になり、介護で精神つかれて、ヨガに参加し、呼吸法を知り、
今無呼吸の補助のためにヨガが役立っている。
あとは太っているという点をヨガの練習から、顧みる練習をするわけだ。
まだ邪念が多すぎて、おいしいものにひかれ、お酒も飲みたいし、
だからまったく体の改善はできてない。
しかし、この点を改善しないかぎり、悪循環は続く訳だ。

てなこといってるけど、夕べの母の便騒動から鼻は
母のにおいでいっぱいでどうしようもない。鼻ずまりなのに
なんてこの匂いはとれないんだろう。
母がきてから洗濯機はまわりっぱなしだ。
これが現実。

母の知恵が見え隠れする。
てっちゃんと呼んでいいのか、なんとよんだらいいのか
わからないから、呼ばないでおこうという感じなのだ。
このひと、だれだかわからないから、うまくかわそうって言う感じ。
息子は「おにいちゃん」で娘は「おねえちゃん」
どうも親戚のこどもということらしい。

母のホームにおいてある家族写真や猫の写真を
母が家にもって帰ると言い張った。
すこしパニックになるくらい。
で、引き出しにしまったら、治まった。
どうしても人に見せたくないんだと言う。
写真に対して、どうもいやな感覚をもってるみたいだ。
ふしぎだ。
私としてはいつ、家族の顔もわからなくなるかもしれないから
見ててほしいとおもったんだけど、拒否されてる。
でも姪家族とうつっている自分だと信じているのはどうしてなんだろう。
どうしてっていわれたって、母も困るだろうけど。。。。
by ygracia | 2007-02-13 13:45 | 今日のお話

ゆうべ、初めて父の夢をみた。
元気な頃の父だ。
家はなぜか昔のうち。
母が障子のむこうの和室に行って、寝てしまい、
父はじゃぁ、寝るかと手前の広めの廊下に
引いてあった布団二組の真ん中に寝てしまった。
ふとんとふとんの間で良いのかなと思いながら、
おやすみというと、おやすみと答えた。
朝方、のぞくと雨戸を閉め忘れたのに気がつく。
眠れた?ときくと、ああ、でも背中が痛いよという。
やあだ、ふとんの間にねるからよ、もっとこっちにきてと
ふとんのまんなかに父をひっぱろうとするところで消えた。。。
父だった。
着ていた服も元気な頃の家での父だった。

初めて夢にでてきたのでうれしくてうれしくて。

という私は風邪引いてしまい、鼻がつまるし、CPAPを使えないため
寝不足で、苦しくて大変。

今日から3日間母が帰宅する。
by ygracia | 2007-02-12 10:32 | 今日のお話

クリシュナマチャリャのヨガ 第3回目4回目

第3回
自分のベストの状態で過ごすためにはどうしたらいいか、
そこでヨガが生まれて来た。

mindがクリアになる事で真我で物をみることができるようになる。

yogahstora 教典
1から4章
195項目 パールの糸でつながれている。
ストーラの中ではこころとmindは別もの。

ヨガのしあわせタイプ
1.短期的な幸福
2.長期的な幸福

永続的な幸福につなげていくのがヨガのしあわせ。

hlada 言葉では表せない喜び      Dukka 苦しみ
sukka cetana 内側の光           antaraya 障害物
viveka 知恵

asanaの練習

第4回
samskara→過去から続く思考パターン

人間の一番根本の苦しみは
永遠ではないことを永遠と思い込む、現実ではないことを現実だと思う事。

世の中は常に変化している(瞑想していても)
mindをクリアにして物事をしっかりまっすぐ見ること
これがyogahの最大の目的。

yogahの意味(ストーラから)
ストーラ 第一章 2番 ?
Citta Virtti Niradhah (チッタ ブルティ 二ローダハ)
 -apratsya praptih-
apratsya アープラタッシャ(今不可能なこと)
今までそこに行った事がないところ
今まで一度もその状態になったことがないこと
praptih プラプティーヒ(可能にすること)
そこに行く事

これら全ての過程をyogahという。
これはひとりひとり違うもので自分やシチュエーションに
あわせて練習法を選ぶ。

練習法
1. asana 呼吸、からだを意識して行う。
     体の不純物を出す、エネルギーを止める。
     骨の矯正
2.dhyana (ディアーナ) 瞑想
            楽な姿勢で。
3.pranayana (プラーナヤーナ) 呼吸法
          意識して呼吸。自分にあった呼吸レベルで
4.yama 社会への関わり方 どういう選択をするか
      暴力をふるうこと 
      正直なコミュニケーション
      パートナーと誠実な関係を持ち続けること
5.Niyama 自分との関わり
     自分に対しての姿勢をどのように意識的にもっていくか。
6.pratyahaa 自分の感覚の使い方を意識的にする
7.aharaniyama 食生活を意識する
8.vihara niyama 自分のライフスタイルを考える
9.japa マントラを唱える
    音によって効果が違う、音の意味。
10.visualization

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
asanaの練習
chanting の練習 so----ma-----ya-----(ーー ーー____)
soma(月)

先生からの直し。
世の中は常に変化している(瞑想していても)
mindをクリアにして物事をしっかりまっすぐ見ること
これがyogahの最大の目的。← 

上記は、
第1章・2項 Yogah Citta Vrtti Nirodhah
 (ヨガハ チッタ ブルティ 二ローダハ)

の意味です。

「ヨガとは、対象(物事)と、何ごとにも邪魔されることなく
 その物と完全に一体になっている状態」

「ヨガとは、定めた対象(物事)へマインドを向け
 何にも邪魔されることなく、その方向を保つ能力を言う」

というのが本来のヨガ・スートラからの全意味になります。
なのでここでは、「ヨガの目的」というよりも
「ヨガの状態」を説いています。


この第1章・2項スートラでは
  「ヨガの状態」

を指していて
  「ヨガの目的」は、2月4日に行ったように
人間本来の幸福や、自分自身をありのままに生かすことを妨げるものを最大限に減らしていくこと、又は生まれながら必然的に生じる苦しみを最大限に取り除いていくこと。
です。

「ヨガの状態」になるには、今までお話してきた
クリアで、落ち着いたマインドが
必要なのです。
その状態は、「物」(自分自身も含めて)に対しての正しい理解と判断が可能であり
「物」をありのままに見ること、表現していくこと
貧弱、不確実、不安定でなく「物」とより良くつながることにつながっていきます。


練習法
1. asana 呼吸、からだを意識して行う。
     体の不純物を出す、
     骨の矯正
   *「エネルギーを必要な部分へ流し、通していく」
    としてみて下さい。

4.yama 社会への関わり方 どういう選択をするか
     *「暴力をふるわないこと」 
      


by ygracia | 2007-02-11 12:21 | YOGA

気分すぐれず

介護の日記を書く事もなくなり、だからといって、猫日記にする気はなく
毎日ブログとにらめっこになった。

そして父の最期の日々を思い出して、ブログを振り返ってしまう。
また自己嫌悪に陥る。
どうして、ここでこうしなかったのか。。。ばかり。

写真をみれば(ごめんね)と心であやまり、
父の最期をうまくサポートできたのかできなかったのか
悩む。。

人間は命のあるかぎり、苦悶と後悔と幸福とにもみくちゃにされるのだろうか。。

という反面、呑気な私もいて
(介護はね、ほどほどに。。。)なんて言っている。

やっぱり心の平静を取り戻すのには時間が必要みたい。。。。
b0055939_9154927.jpg

by ygracia | 2007-02-10 09:16 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る