<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

認知症って

NHKの朝の番組で認知症の特集をやっていたらしい。
野田さんのところにも取材があったから、いろんなケースを紹介するのかと
思っていたら、再現ドラマ風だったらしい。
見てないからわからないけど。

この前も金スマで、安藤加津さんの再現ドラマをやってたけど
ちょっとみてすぐチャンネルを替えてしまった。
彼女の本は何回も読んで心境が自分と全く同じだったから
テレビでそのシーンが目にはいったとたん、胸が痛くなった。
いやだ。

私の場合、母の骨折から介護というものに入ったのだけど、
気がついたら父の変化に翻弄され、突然母までもどこかへ
行ってしまい、ふたり介護に気が狂いそうになり、
まだこれから勝負だと考えていたら父が逝き、
やっぱり納得いかないうちに親の介護から放されたと感じる。

だから”認知症とは?”なんていう番組は見たくないし、
腹もたつ。

たしかにみんなの理解の上に介護がなされることはとても大事だが、
認知症にならないという保証があるわけでもなく、
なりたくてなるわけでもないのだから、はい、こんなんですよって
言われると、すごく腹が立つのだ。
わたしだけかもしれないけど。。。。
私が思うに、再現ドラマよりも、認知症の正しい情報、脳のしくみ、
栄養素の問題、現在の研究状況、そんなものを伝えて、
体験談は著名人で、介護経験者が多くいるのだからそういう人の
話でもいいと思っている。
介護は百人百様だけど、あ、こんなとこがおんなじ、とか、あ、こんな工夫が
あるんだとか、そういう小さな安心感を感じられればいちばんいい。
修羅場をみせることもないとおもっているし、まして
認知症になった悲しみなんか、写さないでほしい。
不安や、悲しみでいっぱいのお年寄りを見る痛みってないんだろうか。
もちろん、アルツハイマーを宣告されて、自分からその変化を発信するかたも
いるけれど、それはまたひとつの生き方。
言いたいのは、見せるために番組を加工しすぎないでほしいということ。

いま思うのは、父が自分の変化に気がついて来て、不安だ、悲しいと
どうしていいかわからないとときどき言っていたことに
私はちゃんと対応できていなかったのではということ。
父のそれまでの人生に合わせて、もっといろんなことができたのでは
とやっぱり自問自答している。

レビーがこの1年でずいぶん浸透してきたけれど、
じゃあ、レビーに対応してくれる、理解してくれるどんな方法があるんだ、
どこで、どんなことしているのかって言われたら、あまりわからない。
レビーの家族が、一応に研究熱心で一生懸命なのは
レビーにかかっても、やっぱりおとうさんであり、おかあさんであり、夫であるから
スイッチオンのときは、いつもの父や母や夫なんですって、
どうしても伝えたくなるからなんだろうと思う。
でも医師のほとんどはこう答える。
「レビーですか、それは大変ですね、ご家族での世話はむずかしいでしょう」

そうレビーは認知症のなかでも精神障害が著しく、重篤な状態に早く陥ると
されているから。。。
うちの場合、たしかに展開ははやかったけど、最後まで父だった。
アルツの母はやっぱり母ではない。精神的には母の介護のほうが
ずっと辛いのだ。。。。。

だからさまざまな認知症があること、介護は百人百様であること
そして「お年寄りの尊厳」をなにがなんでも守っていかなければ
いけないこと、そんなことをメディアで知らしめてほしいのだ。。。


b0055939_0493691.jpg

by ygracia | 2007-03-27 00:59 | 介護に思う

ブログのこと

アスタマニャーナ、また明日。というブログ名を付けたのは、
父と母の世話をするようになり、いろんな意味で「なんとかなるさ」と
思いたかったから。

スペインにいたときに、いろんな出来事があり、青春を謳歌した。
友達と人生を語り、恋の話に夢中になり、失恋に涙し、友との出会いや
別れに心を打ちならし、いろんな場面でいつもあったのが、この言葉。

アスタ マニャーナ!

今は父を送り、母は老人ホームにいるから、父と母といっしょの生活から
すこし遠のいている。
だから アスタ マニャーナと元気に叫べない。

介護の日記を連ねて来たけれど、今は特に記すこともない。
いままでのことを振り返って、まとめるには、まだ心の準備ができていない。
夜中に布団のなかで携帯をひらき、そこに残された父の顔を見ながら
涙する私は、まだまだだめ。

だけど書けないから、一応ここで止めておこうかなと思っている。
母のことが、またクローズアップされて来たら、書き始めよう。
ただ父の記録の後半がまとめてないので、それだけはぼちぼちやる予定。

自分日記はどうするかしばらく考えてから。

みなさん、応援ありがとう。
b0055939_1934293.jpg

by ygracia | 2007-03-18 19:34 | 今日のお話

ひさしぶりの介護2

パニックは私の方。
静かな父と違って母は受け答えもあるし、自分の意志で動くから
やっぱり大変だ。
そんなことで大変と言ってたら、認知症家族をケアしている人々から
バッシングにあいそう。

要するに母のリズムを読み取れないからパニックになる。
母は「あそこ(ホーム)ではお風呂にもはいってないし、おしりも
洗ってくれない」という。
そんなことはないんだけど。ケアはよくできてる方なのに。。。
だけど私はすぐに不安になる。

どうも連れてくるときにコートをちゃんと着せずに
かたにかけただけがわるかったのか、母が微熱。
37度まであがった。
でも本人は平気というので葛根湯エキスを飲ませた。
病院でも先生があったかくしてればいいですよというから
様子見。
夕べは夜中の2時にパッド交換する予定が、
週刊誌みながらねむってしまい、気がついたら朝の4時。
母は掛け布団もはいで丸まって寝ていた。
これで風邪引いたかな。。。
ホームとの温度差もあるし、むずかしい。

母との会話
「おかあさん、いろんな名義変更なんだけど、全部わたしでいいかしら?」
「ああ、もちろんいいに決まってる。わたしはすぐ死ぬからね。」
「え〜〜おかあさんは健康だからだいじょうぶよ」
「いや、すぐだよ、」
「げんきだってば、わたしよりげんきだもん」
「だけどね、あたまがぐちゃぐちゃになったからね」
「。。。。。」

娘と
「りょうこ、大きいんだね。」
「そんなんでもない。162くらいだから」
「ゆみこよりおおきいよ」
「おかあさんは153しかないよ」
「あれ、そんなにちいさかったんだ」

母の会話はずいぶんしっかりしている。
入居したときとは大違い。
普通の会話していたはずが、とつぜん
「△○****だからね〜〜」
「はやく〜〜はやく〜〜はやくして〜〜」
「だから*****なんでしょ〜」
「てっちゃん〜〜てっちゃん〜〜トイレトイレ〜〜あ〜〜ごはん、」

今回は2度ほど自分で車いすを動かして、トイレに行った。
パンツをあげる力がないからハンケツ状態だけど、
だまってたら、けっこう自分で動いていた。
ちょっと覗くと「あ〜〜ふ〜〜」と言ってあとは自分ではしなくなる。

わたしは2回母にどなった。
自己嫌悪も爆発した。
それでも母をいつか手元にもどしたいと考えるのはどうしてだ。。

「いつ家に帰れるの?」
「わたしがげんきになったらね」
「どこがわるいのさ〜〜」(とつぜん北海道弁で)
「高血圧に糖尿病、あとぜんそくみたいなせき、これって
ほんとおかあさんの遺伝だよね〜〜」(いやみな私)
「そうだね〜〜私もせきはよくでてたね〜〜いまはまったくないね、
なおったのかね」
「ほんといつのまにかしなくなったものね」
「糖はでてるのかい? たべるものをぐっとがまんしてごらん、
一回がまんすれば、でなくなるから。やってごらん。」
「。。。。。」

たった2泊の母との生活、なかみはかなり濃いのだ。。。
by ygracia | 2007-03-14 05:31 | 今日のお話

ひさしぶりの介護

母が来た。
車のなかではとってもふつうの母でうれしくなるくらい。
ホームで楽しく過ごせているのだなと感じた。

夕食も簡単に済ませて、寝る準備。
でもすでにお布団が。。。。。
気がつくと車いすも。。。。。。
で、ひさしぶりの大騒動で。
トイレで期待したくないことが起きて
お風呂場に。。。。
廊下は。。。。。。。
廊下を掃除しなくちゃ、部屋に戻れないし。。。
母を洗わなくちゃいけないのに、母はすでに「早くしてコール」

ひさびさにパニック。
で、母が部屋から出てくる事5回。
5回同じ事を説明してやっと寝かした。
でも帰宅してからまだ3時間しかたっていない。。。。。。。

娘が言った。
「おかあさん、もう鬼の顔」
どうしよう。。。。。
by ygracia | 2007-03-12 20:10 | 今日のお話

おばさん化

十二分におばさんであるわけだけど、自分だけは
おばさんではないと思い込んでいる私。

今日は腰の調子も悪いけど、やることいっぱいで
ひとつづつ片付けてやっと、ご飯にありつけると
韓国ドラマをセットして、さ〜〜というときに、
ピンポーン。
インターフォンの画面のむこうにはあやしげな男ふたり。
あーーだこうだと説明するけど、ケーブルテレビのなんとかという。
仕方ないから外に出て、話を聞くと、ケーブルテレビの電線が
たれさがってるから、なおしていいかという。
確かに、うちの前の電線はたれさがっていて、気にはなってたけど、
近くまでくる電気工事の連中もなにもいわないし、
電話工事の人もなんにもいわないから、ほっておいた。

で、治すというけど、このふたりの男、ネームカードも
つけていない。無料かときくと、無料だと言う。
じゃ、会社の証明になるものみせて、といったら、
なんにもなくて、出したのが、道路使用許可証。
大崎警察署の発行したものだけど、
それもコピー。ますますあやしいから、
そこに書いてある会社の電話とその男の名前を書いてもらう。
私の頭の中は、「24」状態。
もしかしたら、盗聴器付ける気かも。。。。。
夫の会社の問題がいろいろあって、敵もいるらしいし。。。。(飛躍してる。。。)
止めてある車をすばやくみると、会社名もない。
私があやしんでいることを察知して、「今すぐでなくていい」ということで
男たちは帰った。

燃え立った私はさっそくケーブルテレビ会社に電話。
受けた女性に、事のいきさつを話す。
すると、この会社は確かに、ケーブルテレビ会社の下請けだという。
でも詳しくは工事部門から電話させるというので、まつこと数分。

するとやっぱり、電線の不具合なところはチェックしてなおしているという。
説明がたりなくてもうしわけないと低姿勢。
横浜のほうでケーブルテレビの線にトラックがひっかかって死亡事故が
あったから、それでやっているという。

そこから、わたしの「おばさん根性」が沸騰。
だいたい、そういう工事なら前もってお知らせくれればいい。
またネームカードも身分証明書ももたない男がやってきて
突然工事するなんていったって、敷地にいれられるわけがない。
いまどき、ぶっそうで、そんなような詐欺だってあるじゃないか。
ぐだぐだとのたまわったわたし。
結局は工事していいわよで、終わったんだけど。

以前もあった、排水工事の詐欺男。
これは手作りのネームカードをつけてて、結局は私に追いかけられ?逃げた。

横で一部始終を見ていた娘。
「ただでやってくれるなら、やってもらえばいいのに。
最終的にクレームつけてるだけじゃない」

娘よ、おばさんは許せない事はゆるせ、な、い。
というより、韓国ドラマを邪魔されて、そっちに腹がたっていたのかも。。。。。。
by ygracia | 2007-03-02 19:47 | 今日のお話