<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

執念?

執念?で夏風邪を押さえ込んだ。
土曜の夜から具合悪くなり、昨日はへろへろ。
夫が買って来た薬をのみ、すぐ寝る。
目がさめた水分補給してまた寝る。
夜中に起きてまた薬を飲み、寝る。
朝起きたら熱は下がってた。

午後、母のお迎え。
母はもう「退院」と思っているので、荷物を心配する。
うそをつくのが嫌で、私の高血圧が良くならないから、
もうすこしホーム(病院)で待っててほしいというと、
わかったと、素直に答えた。

車の中でアイスをおいしそうに食べながら
「ゆみこのだんなはなんていうの?」
「ひろしよ」
「あ〜そうか、こどもはいないんだね」
「。。。大きいのがふたりいるじゃない、忘れたの?」
「わすれるわけないじゃない!」と怒る。

家に戻って、子供たちの顔みたら、ふつうに喜んでた。

「私、いつ家に帰れるの?」
「私の高血圧が治まったらね、とにかくやせなくちゃ」
「ごはんを少なくして、心を鬼にしてがんばるんだよ」
「。。。。」

今夜の夕食は野菜のごった煮。
かぼちゃ、キャベツ、やまいも、にんじん、しめじ、こんぶ。。。。

「こんなんでごめん、薄味だし。。」
「いいんだよ、こういうものの方が体にいいんだから」

食後の桃をおいしいおいしいといって、食べてくれた。

もう横になるというので、テレビもスリープにしたのに、
ちょっと見に行ったら、車いすに戻って、
たけしのTVタックルを真剣に見てた。

そういえば、夕方新聞も読んでたぞ。。。???
トイレにも車いすで自分でいこうとがんばってた。

こんなに普通だと、やっぱりうちに連れてきたくなる。

でもでもきっと続かない。。。。

新しいホームへは来月末の帰宅の後、行くことになる。

真夏のディズニーランド

b0055939_23182081.jpg

by ygracia | 2007-07-30 23:19 | 今日のお話

旅立ち

7月24日、42.195さんのお母様が旅立たれました。
心からご冥福をお祈りいたします。
42.195さん、長い間、お疲れさまでした。
でもずっと一緒でほんとに良かった!
お疲れでないようにね。
泣きたいときか、笑いたいときかなんでもいいから
連絡ください。待ってます。

7月26日、le cielさんのお母様が旅立たれました。
心からご冥福をお祈りいたします。
le cielさんもとても長い間、お母様の介護をされていました。
これからはどうぞご自分のお体を調整してくださいね、
私も調整中です。
お母様、きっとお空でのびのびしてらっしゃることでしょう。


                         合掌



b0055939_1734585.jpg

by ygracia | 2007-07-27 17:34 | 今日のお話

母の手

二日続けてホームへ行った。

昨日は眼底検査に同行。
私の腰が悪いのでヘルパーさんをお願いした。
ま、ヘルパーさんといろんな話をして、泣きそうになったけど、
母の人生を人に伝えるのは難しいなんて、思ったりもした。
母の横顔は「よその人」だった。

今日はホームを移動することについて会社の人と話し合い。
だいたいわかっていたので、問題はないのだが、
母は昨日から、「退院」できると思い込んでいる。
来週はいつものように3日間のお泊まりで、来月月末に
2週間ほどの帰宅をして、再度新しいホームへ連れて行こうと思っている。
私の心は痛むけれど、今の健康状態では、私の方が
先に倒れるのは目に見えているので、ここは心を鬼にして
覚悟せねばならない。。と思った。

私を見て、母が言う。
「妹なのに、みんなが娘だっていうのよ、ほほほ」(むすめだよ〜)
「てっちゃんは姉よ。」(あってる)
「あなたは妹」(おかあさん、末っ子でしょ〜)
「ばばちゃんは元気?」(ばばちゃんはもう天国にいるの。。)

母のつぶらな瞳を横から見ていると、やっぱりかわいいお嬢さんのように見えた。
若くなってるのかな〜〜

母が昨日、ぼさぼさの私の髪をなでて、「きれいにしなさい」と言った。
今日は美容院でカットしてきたので、伝えると
「あんまり変わらないね」とまた私の髪をなでた。
母の手がふんわりふんわりしてて、気持ちがよかった。。。。



b0055939_23151252.jpg

by ygracia | 2007-07-25 23:14 | 今日のお話

情報整理

マックになってから、ホームページ作成がうまくいかなくて、
悪戦苦闘。
レビーの父の介護日記を整理したくてもできずに、
イライラばかり募る。
まえのバイオがあかなくなっちゃって、ブログ開始以前の情報が
あけられない。
私の介護の始まりは、母の骨折からなので、10年以上前から、
父の行動が怪しくなってから、父中心になって、そのあと、
母が倒れて、ふたり介護になり、介護日記もあふれんばかりで、
症状もなにも整理することはできなかった。

なかまうちで、DLBアンケートを実施したのも、みんなで納得したのも
昨年のことで、そのころは父が亡くなるなんて夢にも思っていなかった。
そのアンケートの追跡調査もしたかったのにできなかった。
ねこみみさんも「何ができるか」と考えているとおっしゃっているけれど、
私も模索中。
ただ介護の日々があまりにも充実しすぎていたのでいまは
消えた自分探し。
いつでもどこでも父母を先に考えてきたから、自分がわからなくなったのは
ほんとう。
今の時間も父が与えてくれたと思って、大切に過ごそうと思っている。

情報整理は、まだできないけれど、いつかまとめてみたいとは思っている。

レビーと診断される人が増えて来たのに、私たちが悩んで来たことのと
同じことをやはりみな、苦労されているみたいだ。
そんなとき、ぜひ、仲間のブログや、BBSを参考にしていただきたい。
今、仲間ははっきりいって、終末期の方も多く、精神的にも身体的にも
極限のところでがんばっている。だからレビーについて話し合うよりも
心をはげましあわなけれとおもう日々なのだ。
mixiでも仲間を励ましたいとおもうけど、PCを開くこともままならない
日々なのが現実。
今月も招集かけた私がダウンしてお流れにしてしまった。
またその日を作るから、みんなもほんとうに日々を大切に過ごしてね。



b0055939_16482756.jpg

by ygracia | 2007-07-16 16:48 | 今日のお話

1day Lesson

台風もなんのその、電車にのって渡邊先生のcocina feliz出かける。
五反田も渋谷も朝から普通の人出で、台風にあわせて防備している人もいない。

今日は8人で、ゆったりとお勉強できた。
娘くらいの若い方ばかりで、おばさん、紛れ込んだけど、
ヨガと同じで若い人たちといるのは楽しい。
もちろん先生もお若い。

今日のメニュー
☆つなもどきのと豆腐クリームチーズのベーグルサンド
☆冷製コーンチャウダー
☆にんじんと柑橘のサラダ
☆ラムレーズンアイス
☆ごまとコーンミールのシートクッキー

今日の目からうろこは「豆腐クリームチーズ」
お豆腐をよく水切りしてガーゼにくるみ、玄米みそと白みそを塗りつけて
一晩好みで数日置く。
フードプロセッサーで混ぜれば、おいしいクリームチーズ。

大豆で作ったツナもどきも、ツナ。

おいしかったぁ。
コーンチャウダーは生のとうもろこしをすりおろすという、方法。
これも目からうろこ。
マクロビじゃといわなくても、文句なくおいしい。

b0055939_2234236.jpg


デザートはラムレーズンの豆乳で作ったアイス。
文句なくアイス。
懐かしのデロンギで作る。
しまい込んだデロンギ、早速出した。
厚めのビニールバックにいれて、匂いもつかないように冷やした。
明日はおいしいアイスの登場だぁ。

b0055939_22371015.jpg


楽しいレッスン風景。
b0055939_22374350.jpg


アカデミィではバタバタとしてしまうけど、おしゃべりできて、
すぐそばに先生いるのは最高。

楽しかったです。
ありがとうございました。

帰りは雨もふってないし、バイト帰りの娘と待ち合わせて、
買い物。
蒸し暑かったけど、充実した一日だった。

夕食も楽しく準備。
おいしくなりますように。。
これがヨガとマクロビの精神。。。

父にも味あわせてあげたっかし、もっと長生きさせてあげられたのになぁ
とつくづく思う今日このごろ。
母もいつ、家に連れて帰れるのだろうか。。。
by ygracia | 2007-07-15 22:42 | MACROBIOTIC

深呼吸

さちよ先生がインドに修行にいってしまったので、私もヨガお休み。
朝ヨガメニューをいただいてるので、それを始めたようとした矢先、
体調悪化し、ほんとにつらいひと月になってしまった。
眠くなったからベットにはいり、うとうとしたとたん、
眠気が消える。
そして朝までしっかり目がさめてしまう。
本を読んでも、何しても眠れないから、起きてしまうこともたびたび。
風邪もひく。
それでも日々はどんどん過ぎるので40時間くらい起きていたこともあった。
当然、血圧も乱れるし、体の調子はひどくなった。

いままでかかっていた内科の先生は来月からほかの病院へいくというので、
近所の病院を探すようにいわれた。
本来なら、だれかが引き継ぐのだけど、どうも病院の方針で、
重篤な症状がない場合は省いて行くらしい。
生活習慣病だから、どこでも見れますよっていうことらしい。
それで、ちょうどいい機会なので、私も娘の通う
漢方クリニックにいくことにした。

先生はいろいろ話をきいてくださって、引き受けてくださった。
いままでの薬はそのまま続けて、体全体のための漢方治療を
始めることになった。
結論からいうと、いまのままだと、残る人生、病気との闘いで
終わってしまうだろう、だから、まだ可能性のある今のうちに
体を管理し直そうということ。
これからいちばん、楽しい時期がやってくるんだからと
先生に諭された。

でもまだおいしいものに、目がないし、だめだな〜

娘がヨガで教わって来ている、修正体操を毎晩指導してくれて、
体がすこし、楽になった。
初日はまったく動けなくて、トド状態。
それが4回目には楽になってきた。
アロマも毎晩用意してくれたので、だいぶ気持ちも落ち着いた。

今日はマクロビの第二段階の調理実習一回目だった。
娘が尊敬する中島デコ先生。
娘は昨年キャンプに参加していろいろな方と
知り合いになり、人生勉強もさせていただいた。
そのあとから、娘のチャレンジも本格的になり、
ガーデニングプランナーから、野菜作りから
アロマセラピーまで、ひろがっている。

だから今日お顔を拝見できて嬉しかった。
小柄な方で、明るいパワーのなかに繊細な方だと感じた。

今日のマクロビでは、

車麩と玄米もちをいれたオニオンスープがおすすめ、
体をあたためるものだけど、冷房や冷たい飲み物で冷えたからだを
暖めるのには良い。

私にしてはめずらしく携帯忘れて、写真なし。

さて、今日の夕方、雨があがっているうちにと、庭木に巻き付いたツタや、
雑草をとっていたら、「クークー」と鳴き声、かなり大きい声。
はと?
なんと、つちがえる〜〜 
昔からかえるは住んでるけど、今日は2匹もいた。かわいい?

新しいデジカメ練習中の娘が取った姿
b0055939_0484672.jpg



ついでにるーちゃん。
b0055939_0492687.jpg

by ygracia | 2007-07-14 00:51 | 今日のお話

1dayLesson

昨日はマクロビSweetsの開始日だったけど、1dayのメニューに惹かれて、
こちらを受講。
大正解だったぁ。

b0055939_1231494.jpg


☆手作りトルティーヤ
  金時豆のフリホーレス
  メキシカン ライスサルサ
  豆腐のサワークリーム

☆とうもろこしのフラン


b0055939_1263579.jpg


クシの受講が始めての方も居て、楽しかった。
あとは、みんな呑気にしてたから、なぜか、トルティーヤが1個あまった〜

でもこのメニューはきっと家族全員で楽しめる。
セイタンミンチを入れた金時豆の具はいける。
またこれがなぜか豆腐のサワークリームとあう。
いつも作ってたタコソースも、コリアンダーとにんにくだけで
いい味がでること発見。

ライスサルサは玄米を増やせば、ライスサラダになる。
おいしすぎ。

帰り際にお話した方、お父様がガンなのだそうだ。
からだにいいものをと、マクロビを考えてみようと試しに
来られたそうだ。
私の介護の話をちょっとしたら、涙ぐんでいた。
思いはみんな同じ。。
すこしでもお元気になられるように。。。

このあと、Sweetsのビデオ補講を受ける。

マクロビクッキング三昧の日々開始と思ったとたん、
夕べ眠りにつけたのが朝の4時。
朝9時に目がさめたら、鼻はずるずる、腰はパンパン。
頭も痛い。
歩き出したら、おばあちゃん〜〜

で、今日の講義は欠席。
私、ほんと何事もバランス取れない人だ。。。

そうそう、トルティーヤも丸くのばせない人は
心が乱れているそうな〜〜〜
by ygracia | 2007-07-06 12:20 | MACROBIOTIC

介護認定調査

ホームで、私立ち会いのもとに、というより、ホームと私への
事情聴取のほうが主体の、介護認定の調査があった。

今回は在宅ではないので、区役所に介護保険の更新申請を
私がして、区役所から依頼された、横浜のホーム近くの
在宅支援センターのケアマネが調査することとなった。

私は母の変化がわかる人にお願いしたいと思って、以前の在宅支援の
事業所のケアマネに連絡をした。
しかし、その会社と契約していないので、仕事をすることができないため
あえなく没。
区役所にもその旨尋ねてみたが、あくまでも第三者がしなくては
いけないとのこと。ふ〜〜ん。
フリーランスのケアマネが働ける社会になればいいのに。

依頼されたケアマネさんも状況がよく読めないとのことで、
また母の病歴を最初から話した。
変化も話したけど、話す方もむずかしいから、聞く方はもっと大変。
ホームでの様子、母に対する見解は私と一致しているから、
これはほんとに良かった。

どっちにしても生活は全介助なんだけれど、
認定のレベルというか、質問の仕方が微妙。

「意思表示ができますか」
「飴や飲み物をだして、いる?ときけば、いるとかいらないとは言うけれど、
喉が渇いたから何かちょうだいとは言わないし、自分から暑いからどうのこうの
とも言わないし。。でもイヤなことは嫌というし、、」

「意志伝達は?たとえば人を呼んで、自分の意志を言うとか。。」
「人は呼ぶけれど、そこに何かの意思表示があるかどうかはわからない。
てっちゃん、てっちゃん、とは呼ぶけれど。。。認知症のなかでどこまで
ほんとの意志伝達というのか。。」

「食事はひとりで食べることができるんですね」
「見守りです、一人で食べることはできても、急いで食べてしまうので
声かけなど必要。」

「薬はひとりで飲めますね」
「口を開けてもらって、薬を飲ませます。ほっておいたら自分では飲めない」

「他人に対してのトラブル、問題は?」
「忘れた頃にときどきかんしゃく起こす、でもそれは自分の意志に反することを
されたとき。。」

微妙な答えのときは、回数で判断するのだそうだ。
そういう状況が週何回くらいあるかとか。
だけど、そんな脳の作用で起こす行動が今週は何回かあったかもしれないけど、
その後全くないかもしれないし。。。突然出るかもしれないし。。

で、母には介護保険の更新のための調査だから、答えてねとは
話していたのだが。

「はじめまして。お元気ですか?」
いぶかしげな顔の母
「はい、元気ですよ」
「お名前を教えていただけますか?」
耳が遠いので、何回か聞いた後、
「鎌田マサ子」と答える。旧姓。

「ここはどこかわかりますか?」
「え、なんで、ここは病院でしょ、」
「あ〜病院? 病院ですね。」
「なんで、病院なのに、聞くのよ、」
「。。。」
ケアマネさんが言葉を探しながら、いろいろ言うと
「あ〜〜まだるっこしい!!」
母が怒鳴った。

生年月日を聞かれると、「大正12年。。」はすぐ出た。
これは画期的な出来事!
そのあと、何月何日かと聞かれて、私の方を見る母。
私が思うに、母の言語分野のなかで、「何月」とか「何日」
という言葉が消えているのだと思った。
脳梗塞のあと、この言葉には理解不能をいう感じを受けている。
いろいろ説明して、「10月かな」と言った。
9月30日だからあたってるのかも。。。

今日の母は怒りぽかった。
トイレに連れて行くと、ほかのおばあちゃんがトイレ内で
介助されていて、ああだこうだとなかなかどかないので、
車いすの母は入れない。
ヘルパーさんに手をひかれてやっとでてきたおばあちゃんは
トイレ入り口で止まる。
母「はやく出なさい!」
おばあちゃん「すみませんねぇ〜〜」

ときどき、大声で一日中話す人にも「あなた、うるさい」というらしい。
耳が遠いはずなんだけど。。。。

母に伯母のてっちゃんの写真を見せた。
「あ〜てっちゃんだぁ、北海道行ってきたのね、会って来てくれたのね。
よかったぁ」
「おかあさん、私が北海道行くの覚えてたの?」
「そりゃ、覚えてるよ」

今日は母は私が迎えに来たとおもったらしい。
施設長がなんとなく諭してくれたのか、帰りはごねなかった。
私のほうが気持ちがぐらついて、心の中で(ごめんね)の
繰り返し。

「早く、迎えに来てね」

母の顔をまともに見れなかった。

体調悪くて引きこもってたから、今日はものすごい疲労感。
明日からはまた忙しい日々が始まる。
自分で忙しくしているだけだけれど。。だって忙しくないなら
母を連れて帰ってこなくちゃと、張り切りだしちゃうだろうから。。
もう少し、自分戻しと、体調整備をしなくちゃ、在宅はできない。。。
by ygracia | 2007-07-05 01:14 | 今日のお話

ためいき

介護から離れて、介護について書けることがなくなった。

昨年まで疑問に思ったり、怒りにあふれていたことも
このごろの介護サービス状況を見聞きするたびに、
随分改善されてきているのだなと感じる。

町内会の回覧板にも介護予防に関する催しものや、
近くの介護施設の運営状況などやお知らせが
入っているし、目につくところに積極的な取り組みも
見えてくる。

介護士が長続きしない現実がある反面、質を高めようと言う
意識を持つ介護士がほんの少しだけれど、増えて来ているような
気もする。

でも一方では、相変わらず、施設での事故隠しや
虐待は起きる。それでもそれを告発する勇気の
ある人がでてきていることも確かなのだ。

国は在宅介護を推奨していくようだけど、
システムを整えないと、悲劇がどんどん増えて行く。

「東京都認知症対策推進会」なるもので、どんな話し合いが
行われるのだろうか。

区役所から夫宛に「団塊世代へのアンケート」なるものが来た。
喜んで書きたいらしく、どこかへ持って行ってしまったから
見れないんだけど。。
団塊どころか高齢者対策の前段階なのかも。。。

明日は母の介護認定。どうなることやら。

娘が父のために植えたカサブランカ。
父がベットから見れるようにと背が高くなるようにと。。
もうすぐ七夕、父も空のどこかで、このカサブランカを見て、
香りも楽しんでくれるだろうか。。


b0055939_1414432.jpg



b0055939_142161.jpg





b0055939_1424222.jpg







b0055939_143880.jpg


道路側にも
by ygracia | 2007-07-04 01:44 | 今日のお話

7月

早いもので(ほんとに早い!)7月だ。

腰と足と精神の具合はすこしだけ良くなってるような気がするけど、
気だけかもしれない。
夕べも眠れなくて、父の残した「抑肝散」を飲んだ。
これは昔の子供の疳の虫のお薬なので、結局、更年期でも
不眠でも自律神経失調の方には効く。らしい。。
朝方になって、気持ちがほっとしてそのまま曝睡。

昼夜逆転だけど、これも自然に直るからだいじょうぶ。

ゆうべは眠れないまま、NEWSWEEKの日本語版と、
「知られざる日本人」
を読んだ。


さあ、7月はスケジュールがいっぱい。
なんとか元気に過ごしたい。

深呼吸して
アスタ・マニャーナ!!
by ygracia | 2007-07-02 01:13 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る