<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

奇跡が起きた

一日中ばたばたして、母をあわてて迎えにいった。
母は歌の会に参加してて、他の方はまだ歌ってたけど、母、居眠り中。
特に大きな変化はないと報告を受ける。
お部屋には、今期の課題、時間で部屋から車いす自走でホールまで
来るという目標のために大きな字でで、スケジュールがかかれていた。
起床、朝食、昼食、えとせとら。まだ気分的なもんでたまに成功するくらいらしい。

車への移乗のときに、主任が車いすをすこし離しておいた。
「すこし歩いてみますよ」って。え〜〜〜〜
で、母は主任の肩に手をかけて、主任が支えてるからふわふわと
数歩足をだした。
「後ろへ行きますよ」と言われると、母は足をうしろにだした。え〜〜〜

車の中で、「みんながね、おまえのこと、私の妹だっていうのよ」
「?」
「娘なのにね」 え〜〜〜〜〜

そういえば、てっちゃんてよばずに、ゆみこって呼んだ、え〜〜〜〜〜

A主任にも「また帰って来るからね、今回はどのくらいなのかしら」え〜〜〜〜

今月、何十年も音沙汰無しだった、北海道のいとこから電話があった。
無性に母に会いたいとおもったそうだ。
母に育てられたこのいとこは、豪快なやんちゃな人。
母もずいぶん手を焼き、気をもんだらしい。

で、母にこのいとこの名前を言ってみると、
「ああ、おぼえてるよ」
「どういう関係になるの?」
「長男、いや、二番目の死んだ兄さんのこどもだよ」え〜〜〜〜

食事を済ませてから、このいとこに電話をするからおかあさん、あいさつしてね、
というと、「わかった」え〜〜〜
で、電話をスピークフォーンにして、話した、

「ぽおば(母の愛称)だよ、○○かい?」
いとこが「もうじゅうぶんに生きたべ」というと
「ああ、長く生きたね」
で、いろいろな会話をして、いとこがぽおばちゃんと○子がいちばん
頭いいさ、だから好きさっていうと、○子か、○○のだね、会ってないね、
って会話が成り立ってる〜〜え〜〜〜〜〜
声をあげて笑って会話してる。
「電話してくれてありがとう、声が聞けてよかったよ」母が言った!え〜〜〜〜〜

写真とろうと携帯探してたら、話しが終わってしまった。
受話器を持って笑ってる母の顔取りたかった!!!!!

ちょっと興奮しております、
わすれないうちのメモ。

明日の母はどんなかなぁ♪
by ygracia | 2008-12-30 20:27 | 母の記録

沖縄おいしい話

今回であったおいしいもの特集。

てだこ亭
素材も吟味され、何よりもおいしいものを食べていただきたいという、
シェフみどりさんの独り舞台。ですからみなおしゃべりして待ってます。
要予約。

b0055939_219922.jpg



b0055939_2193767.jpg



b0055939_220023.jpg



b0055939_2203518.jpg



岸本食堂

b0055939_2302074.jpg


こってり系ならきしもと。
☆あっさり系なら「淡水」 毎日食べてもいいくらい。

沖縄そば(すば)は奥が深い。好みによって、いろいろオススメがありそうで、
次回がまた楽しみだ。

おまけ。お家で作るなら、亀かめそばの[亀浜製麺]がおいしいとのこと。

那覇のまちも10年たったら、やはり赴きがかわってた。
10年前はちょっと横道にはいるとまだ舗装されていないとこもあった。
市場の近くのある通り、若者向けのおしゃれなお店がちらほらと
ならんでいる。

カフーシ
ーーー花風詩。
日本酒とワインと楽しめる。すごく静かでおちついた雰囲気。
またちょっとよって、お二人とゆっくり話してみたいものだ。

ギャラリー象今回2回目。沖縄ガラスならここ。今回は青の皿を購入。
海の青。ちょうど佐賀の平めし茶碗(森正洋)がずらっとならんでて
気に入ってしまい購入。前日ブログでジューシー(炊き込みご飯)が
のってるのがそれ。
ギャラリーのオーナーは沖縄の版画家儀間比呂志さんの親戚。
めずらしい儀間さんの油絵も飾ってある。お元気だそうだ。

宗像堂
天然酵母石窯パンの店。陶芸もされてたというご主人のパンはひとつひとつが
芸術品のようだった。

Krishna
カレーがたべたくなったらここへ。クリシュナ〜

☆ほんとの「ちんすこう」なら
     -本家新垣菓子店-新垣 淑彦 沖縄県 那覇市 首里 赤平町1-3
  デパートにいったけど、その日は売り切れ。残念だった。

☆豆腐よう。これならみなさんおいしいと言うはず。苦手なかたもトライ。
豆腐よう工房 友よせ時期によってない場合もあるので確認必要。
by ygracia | 2008-12-28 03:37 | 今日のお話

南の島の友と過ごして

ほんとに行ってよかった、今回は心の旅だった。
30年ちかくの付き合いの百合子さん
今年はお教室15周年記念ということで、お呼ばれした。
もうおばちゃんになったけど、会えばあのころのまま。
私の父の後輩、娘の先輩であり、やはり友であるご主人と
3人でおしゃべりして、おいしいもの頂いて
ほんとにすてきな一週間だった。

まずは泡盛カクテルでウェルカムドリンク〜

b0055939_2314863.jpg


昔アメリカにいたときに、私が贈ったオーナメント、大事にしてくれてたのね。

b0055939_2322521.jpg


全部彼女の手作り。クリスマスデコレーション

b0055939_234451.jpg


パーティで。

取材もあった。RBCで1月11日11時から(うちなー気分)で放送される。

b0055939_235087.jpg


b0055939_2361543.jpg


お料理は生徒さんの手作りで、それはそれはすばらしい。

b0055939_2371073.jpg


これ、私のために作ってきてくださった、Kさんありがとう。
ムーチー(鬼餅)といって、サンニン(月桃)の葉に包んである。
ちょっと漢方のカオリなのだけど、私は大好き。
前日市場で、気になってたら、パーティでお目にかかれて最高だった。

b0055939_2374163.jpg


お魚がいっぱいでてて、びっくりしたけど、お祝いのときの
ぐるぐんという魚で、唐揚げになってて頭から食べられるとのこと、
知らずに身半分だけいただいてた。だって大きいんだもの。
しかしうまかったぁ。写真なし。
 
チーズ教室の生徒もしてみた。
チーズの歴史と奥の深さにノックアウト。
百合子さん、先生だったぁ。

b0055939_2462617.jpg


b0055939_2483835.jpg


散策もした。これは楽しかった。壷屋通り。博物館必見。

b0055939_2512763.jpg


b0055939_2521051.jpg


帰りには市場で、沖縄のかまぼこ、島らっきょう、にが菜、シークヮーサー
購入。島豆腐と、鰹節を買わなかったことに帰ってから後悔。

b0055939_2585532.jpg


沖縄熱は未だにさめやらず、我が家で沖縄フェア開催中。

準備万端、泡盛カクテル!
百合子さんは泡盛マイスターでもあるからして、うん、最高!!
飲み易く、お手頃な『松藤』!!
古酒(クースー?)だからといって、うまいと言うわけではない、という。

b0055939_342178.jpg


まねっこのソーキ汁もどきとジューシーもどき。

b0055939_31357.jpg


いとしい島らっきょう〜
b0055939_314744.jpg


にが菜の豆腐あえ、島らっきょうの酢のもの、かまぼこ2種。
b0055939_333622.jpg


そして旅の思い出とともに宴は続く〜〜

b0055939_36290.jpg


でも、やっぱり百合子さんの作ってくれるのが一番おいしい。


美ら海水族館はこちらへ

沖縄宮廷料理はこちらへ


おまけ

b0055939_364576.jpg


百合子さんにもらったチーズフォンデュセットをばらしてもってきたのだけど、
那覇の空港で、このオイル入れ部分がひっかかちゃった。
このうしろに、鉄の台のワッカが写ってるし、携帯の充電器の線が
上手い具合にくっついていて、レントゲン写真のなかであやしい
ことになってた。で、口頭で「あ、それはチーズフォンデュの燃料入れ
です」係官は、ハッとした顔。あ、しまった、燃料入れだなんて、、
で、あわてて、まだ新品、使ってませんと訴えた。ま、通してくれました〜〜


by ygracia | 2008-12-26 03:18 | 今日のお話

おやすみ

b0055939_1432575.gif


  あしたから みなみのしまへ いってきます〜〜〜
by ygracia | 2008-12-10 01:44 | 今日のお話

会いたいとおもうとき

つるちゃんの手が冷たかったから、ずっと握ってた。
つるちゃんもしっかり握ってくれてた。
半袖セーターでむき出しの私のふとい腕を、つるちゃんが
しっかりさすってくれた、何回も。
つるちゃん、泣きそうだから、
「おかあさん、どこか痛いの?」って聞くと、
「ううん〜」とどこも痛くないよってつるちゃんが答えた。
「おかあさん、寒くない?」って聞くと、
「寒くないよ」って聞こえた。
つるちゃんとずっと手をつないでいた。
あったかくなったつるちゃんの手。
ふっと顔あげて、「よく来てくれたね、かめこと仲良くしてね」って
つるちゃんが言ってた。聞こえた。

ヘルパーさんが「おともだちがいっぱいきていいね」っていったら、
また私の顔見て「うんうん」って言ってくれた。

なんにもいうことありません。
「つるちゃんとかめこ」 文芸社 くろだかめこ
手にとってみてください。

野川に流れる水と鴨たちの群。
春になれば桜の花びらが舞落ちる。

つるちゃんの人生がそこにあります。
静かに支える娘がいます。。。。



b0055939_2329199.jpg



b0055939_23295279.jpg



b0055939_23302548.jpg



b0055939_23311673.jpg



b0055939_23314499.jpg



b0055939_23321382.jpg



b0055939_23331163.jpg


やっぱり私を迎えてくれるのは〜〜

b0055939_23414977.jpg



すばらしいひとときをありがとう〜〜♪



b0055939_23583644.jpg

by ygracia | 2008-12-05 23:58 | 今日のお話