<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

骨折4日目 ギブス

朝から国道吹っ飛ばそうと思ったら、普通に通勤渋滞だった。
カーナビが突然、「変更します、300m先○○を右へ」などと言い出した。
え、うちのカーナビ、渋滞避けたっけ??
また細い道に誘導されたらいやなので、じっくりとゆっくりと走って母のとこへ向かった。

やはり骨折で気弱になっている。
ずっと一緒にいてほしいらしいので、そっとそばにいる。

パジャマのまま、病院に行かせるのはいやだから、下着も替えて着替えさせた。
介護タクシーで近くの総合病院へ。
ここは来るのが2回目。

迷路っぽくて、ちょっと狭いのだが、事務方も看護師もとてもいい感じ。
きびきびとしていて、気がつくしいいなと思ってた。

今日もレントゲン室の前でガウン一枚で順番待ってるたおばあさんに
受付がすぐに気がついて、膝掛け毛布を持って来た。エライ。

土曜日のせいで、どこもかしこも溢れる人、人。
でもちっともいやじゃない。
なんだか皆あんまりイライラしてないんだ。

薬待ちで疲れてしまったおばあちゃんのところにすぐに受付が飛んで行き、
おばあちゃんの具合を尋ね、話を聞いている。 エライ。

病院ボランティアいっぱいおいてるのにつったてるだけのとこもあるっていうのに、ここはエライ。

整形のY先生に、説明を聞き、納得。
母もギブスを作るときに痛い思いをしたけど、その後は痛みが消えた。
動かしても痛くないみたい。

ホームの母の担当主任が支払いにいっているとき、Y先生が通りかかった。
「お〜〜血液検査ね?」
「あ、終わりました」
「だいじにね。」

こんな何気ない数秒の言葉だけど、たった今一回だけあった患者の家族なのに、
声をかけてくれるなんて、すごい感動だ。
医者って、いや誰だって、こうじゃなくちゃいかんのよね。。

看護師さんもかなり忙しいけど、みなテキパキしてる、
某おおきな病院のように、「わたし、忙しいんです!」なんてはっきりいう人いない。

なかなかいい病院だった。
でもここでも人手不足なのか、小児科なくなったみたいだ。なんてこった。。

ホームのなかま、母の足を見て、みんなで、大変だね〜〜って。
ひねっちゃったのかい、って。

母は動けないのがつらいらしい。

ホームの午前中もなかなか楽しいぞ。



b0055939_23445715.jpg

by ygracia | 2009-02-28 23:45 | 母の記録

骨折3日目 発熱

今日は母は発熱中。
処方はなくて頭をひやすのみ。
時折「てっちゃん」と呼ぶけど、だれだってきくと、「ゆみこ」と答えている。

足を動かせないこと、足を組めないこと、からだを起こせないことが
ストレスになっている。

父の付き添いさんに教わったように、両手のひらをうえにむけ、ベットを押すように
背中から手をぐーーんといれる。できたら横に動かしながらマッサージもする。
体位変換のできない場合にすごく有効なマッサージ。
コツはうで全体で体をしっかり支えるというかもちあげるような感じで行う。
母も「は〜〜」と大きなため息をついた。

足も動かしちゃいけないというもんだから、だれもさわらない。
だから腰から足がつっぱったまんま。
膝下を骨折してるから、ももの付け根をしっかりもちふくらはぎに手をいれ、
そーーっと位置をずらしてあげる。

そう、パジャマも肌着もまるまったまんま。
これじゃあっというまに褥瘡ができるだろうに。

なんだか不安になり、夕食までいることにした。
案の定、普段食事は自分でできるもんだから、ベッドを起こし、
あとは自分で食べてくださいの状態。
母は疲れてしまい、3さじでもういらないと言った。
介助したら、完食。。

発熱しているのに、母はパジャマの上にカーディガンを着たまま寝ている。
ゆうべのままだった。
これじゃ、熱も下がらないから、いやだという母を納得させて
脱がした。
そしたら、すっとしたらしい。
お部屋もかなり暖かい。

b0055939_22503543.jpg


介護と看護、Care と Cure
介護は看護に足りず、看護は介護をまっとうせず。

つくづく思った今日の一日。

お迎えの部屋では、おばあちゃんふたりが談義中。

「早く死にたいわ」
「そう簡単に死ねるもんじゃないわよ」
「そうかしら、どこもかしこも悪いのに」
「体が悪くても死ねないの」
「ところで、この句だけどね」
「ああ、だから言ったでしょ、はるの〜〜〜、で終わっちゃったら、あとの意味が続かないって」
「あらそう、弥生の〜〜っていれたらどうかしら」
「そうよ、それなら納得」
「弥生って何月だっけ」
「う〜〜ん、3月?」

豊かな人生経験のあるふたりの女性が、地球の片隅のそのまた片隅の片隅で
おともだちになって時間を楽しんでいる。。。最期の時間を。。
感慨深かった。
by ygracia | 2009-02-27 23:00 | 母の記録

骨折2日目 認知症の悪化

母のところにクッションなどを持っていった。
父のときはビーズクッションが役にたったけど、もう処分したから購入しようと
店にいったら、流行なのか、細かいビーズのものがない。
しかたないので低反発のつぶれやすいのを求めた。

足はぐるぐるまきだからどうなってんのか見えないけど、動けないことがかなりのストレスに
なっているのはよく分かった。

まず認知度が母が悪かったころのような感じ。
母の食事にぶつかり、おそらく、母は部屋で食べると言い出すと思い、
そうするとねたままになっちゃうから、極力動いてほしいので
私はさっさと姿を消してコンビニへ。

そのあと、母のところにアイスクリームとオロナミンCを持って行くと
「あの人たち、わかってんだかなんだか知らないけど、私を姉さんと
会わせないようにしてるのよ、いじわるよ」ってひそひそ声で言い出した。

こまったな。

「ばばちゃんはいるの?」(まただ)
「ばばちゃんは私の生まれる前に死んだから、私は会ってない」というと、
「何いってんのよ、そんなはずないっしょ」と怒る。

「私はだれ?」と聞くと
「姉さんよ」
(ひぇ〜〜)

「ゆみこだってば」
「なにさ」

ほんとに数年ぶりでこういう会話。

写真を持ち出し、まずは父と母が並んでいるのをみせると
にこにこしてる。
それから家族全員の写真を見せて、これはおとうさん、おかあさん、わたしと見せる。
うんうんと言ってるが、私の娘を指して「これはだれ」と聞いてみると
「わたしよ」

(わ〜〜〜)

母は今、若いときにもどっていた〜〜〜〜それも20代か〜〜〜
孫娘ときっと似てたんだろうな〜〜

私は太ったときの伯母にそっくりだから、やっぱり姉だとおもってるんだろうな。

それから、ほかの写真をだして見せたけど、半信半疑のままだったみたい。

b0055939_071470.jpg




やはり大きなストレスがかかると認知症は一気に悪くなるとしっかり見せてもらった。
入院はしないですんだだけ、まだ良かったのかもしれない。

ホームで管理してくださっていることもすごく嬉しい。
担当主任が責任を感じてらしたので、どうか重く考えないでほしいと願う。
母のために一生懸命考えてくださっていたことはよくわかっているから。

帰りに玄関のおひな様をぱちり。
うちのおひな様、日の目をみるのはいつになるんだろう。
今年もダメ。
ごめんね。ほんとに。

b0055939_0112876.jpg


明日の母はどんなだろう。楽しみ。
by ygracia | 2009-02-27 00:13 | 母の記録

どっかん

本日夕方、母がまたまた骨折いたしましたぁ〜〜〜

右膝下、たしか、昔も折ってる`〜〜〜

車いすからベッドへ移る時に、車いすがいつもより離れていたために、
無理な姿勢でベットに行こうとしてそのまますべりおち、ひざを正座のように
折ってついてしまったようです。
両足じゃなくてよかった。

夜8時過ぎに国道を吹っ飛ばして行ってきましたが、
私の顔みるなり「てっちゃん、随分来なかったね」
名前以外の記憶はしっかりしておりました。

忙しくてこれなかったと言い訳して、
母が甘いものがほしいというので、ミルクティを買ってきました。
「ああ^^おいしい」

ふとももから足首まで添え木でしっかり固定されていて、
動かすと痛いのですが、動かしてる。。。

痛いので折れたことはすぐ思い出してくれてます。

明日からのすべてのお仕事キャンセル。
母の世話にかけます〜〜〜
これも、大殺界の私に母がすこし静かにしてなさいと
指示を出したものと受け止めます。

ほんと、人生いろんなことおきるもんだぁ〜〜〜〜ぁ



b0055939_23142762.jpg

by ygracia | 2009-02-25 23:14 | 母の記録

今日のちょっといい話。

先月から今月にかけては母の救急搬送や緊急在宅介護があったので、
母にちょっとおやすみもらって、会いに行ってない。
明日行く予定だけど、鼻づまりひどくて、わからないな。
ほんとはね、毎日行かなくちゃいけないんだけどね。。
人生流れてるわたし。。かも。

さておもしろかったから皆にも読んでもらいたいなとおもって。

JUNKOさんのブログ
笑ってなんぼの介護福祉士
by ygracia | 2009-02-17 23:36 | 今日のお話

任務終了

地域認知症サポートブリッジの第31回目の会で、発表をさせていただいた。
いつもとは違った形態で、発表のあと、グループディスカッション、全体討議という形だった。
いつもはグループディスカッションのあと、各グループの発表をしている。

在宅介護家族の語りということで、レビー小体型認知症を含めて在宅介護に必要なこと、
見えたものなどを30分、娘が作ってくれたパワーポイントを使い(娘が操作)
なんとか語り終えた。
ときどき聞いてくださっている方の顔を見ていたのだけれど、
ちょっと重いんだな〜〜と感じてしまった。
70人弱の方が、それぞれの思いを持って聞いてくださっているのだけれど、
その方々すべてに伝えるというのはほんとうに難しい。
この話しはうちの場合ですよ、といくら言っても、なかなか耳に伝わっていないということも
あった。こういうときはパワーポイントをもっと強化しなくてはいけないと
娘からも指摘された。

どちらにしても初めての経験で、非常に勉強になった。

この会に集まって来ている介護関係、医療関係者は、ほんとうに素晴らしい。
お仕事終わっても、問題意識を持って、ボランティアで活動しているわけだ。

ほんとうはいろんな意見も聞いてみたかったけれど、その後の二次会で
医師たちとざっくばらんにお話が聞けて、これはほんとうに良かった。
次回も楽しみだ。

今日は、話しながら、cabinetさんやサナさんやダーマさんの顔を見て、
ほっと安心しながら、また語りつづけられたので、
ほんとうに助かった〜〜応援ありがとうございました。

そうそう、私に力をくれた父に感謝。
いいケアマネや支援者に出会えたのも在宅介護が続けられたのも
私の力ではなくて、父の力と人徳なのだと、孫である、娘が言った。。。
by ygracia | 2009-02-11 02:04 | 今日のお話

乾燥注意報

我が家の加湿器、現在4台。
そのうち一台は年末に購入したおしゃれなチムニーⅢである。
気化式はよくないぞと、言われてるのに買っちゃった。
そして2週間で壊れた。
説明書を読むと、1週間に1.2回掃除してとある。
水タンクは便利なんだけど、掃除をしなくちゃならない部分が、
本体の底のほうで、ブラシだって、ちょこちょことしか届かない。
これは欠点だ。
掃除したけど付いたり、消えたり。
で3ケ月は持つはずだったフィルターを替えてみた。
そしたら動いたけど、1週間でまた点滅。
間欠泉のように、霧がふわっとでたり、止まったり。
忙しくてメーカーに連絡してないけど、いろんなブログで壊れて
修理というのを見つけた。
あたりはずれがあるのかも。
デザイナーの作ったおしゃれな加湿器、病院で使われてたから
いいかと思ったけど、こんなにいっつも掃除してなきゃならないのは
大変だ。清潔でいいかもしれないけどね。
今日も間欠泉の霧が舞ってる。

空気も乾燥してるけどお肌も乾燥中。
私はボディショップのオリーブオイルシャワージェル愛用者。

今は娘のアロマオイルも活躍中。
精油はそのまま体につけることはできないから、キャリアオイルで薄めて使う。
ス−パーで手にいれられるものは、太白ごま油(炒ってない白いごま油)、
アロマショップで売ってるのはオリーブオイル(食用のじゃなくて)やスゥイートアーモンドオイル。

☆健康な人の場合なら、キャリアオイル 10ml に精油 1滴 (1%程度)

☆お年寄りなら血圧や血流を考慮して、薄めたものを使うから、
   キャリアオイル 20ml  に 精油  1滴

父の介護中は、父もボディショップのジェルで入浴し、顔も洗い、部分浴も全部これですませた。だから乾燥はなかった。
アロマオイルはラベンダーやティートリーので、手の甲の紫斑も薄くなった。
また塗っておくと紫斑の予防にもなっていた。皮膚を活性化してたのかも。

お年寄りの体の乾燥、おうちのケアでだいぶよくなるはず。
NIVEAでもベビーローションでもどんどん塗って上げてほしいものだ。
粉ふきはお年寄りの勲章みたいに言う人いるけど、違いますよ〜〜

体の表面だけじゃなく、内部もかなり乾燥中。
私は三年番茶と富士山麓のバナジウム水派。
なんてことない、三年番茶はマクロビで、バナジウムの水は糖尿病に効くというので。。

母は最近がぶがぶ飲めなくなった。
お水や、飲み物大好きだったのに、一晩コップの水もボトルの水も飲んでいない
ことが増えて来た。
OS1ゼリーもホームではどうしても飲みきることができない。
私がついてれば、病院のものというだけで、一気に飲んでくれるのだが。
むずかしい。

このOS1、経口補水液としては優秀。脱水予防としてもいい。
OS1 200ml中に含まれるナトリウムは0.23g  カリウムは 0.16g
ナトリウム0.23gは食塩0.58gに相当し、中くらいの梅干し1/3量に含まれる塩分とおなじ。
カリウム0.16gはオレンジジュース70ml、バナナ1/3本に含まれる量と同じなので、
高齢者で塩分制限のある方はこれを目安に医師に相談なさるといいと思う。

ポカリスゥエット500mlとOS1 200mlの摂取塩分量はほぼ同じだそうだ

OS1は味が少し濃いので飲みにくいと思う方もいるかもしれないけど、
慣れると飲み易くなると思う。
また脱水気味の人はおいしいと思うみたいだ。

高齢者の一日の水分必要量は体重1kgあたり30〜35ml.
一般的に3食とって水分は800ml前後と言われているそうだ。
ここに、お茶や補水液分を足せば、だいたいの水分摂取量がわかる。
しかし、実際、食事量も減って来て、水分も減ってくる頃、
こういう時期が介護家族にとってもほんとに難しい時期だ。

ポカリやアクエリアス、OS1,そのほかの味付き水分ゼリー、
なんでも使って、体内乾燥防いであげてほしい。

父を脳梗塞起こさせてしまった苦い経験から、水分補給は、
ほんとに大事なことだと思っている。

水分補給

今回大塚製薬さんにもいろいろ教えていただいた。
感謝。
by ygracia | 2009-02-08 01:12 | 水分補給