<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いまのところ

インフルエンザ、頭の上を通り過ぎたかな〜〜〜
でも電車のなかでもコンコン咳してる人、やたらと多いし。。。。

選挙に行ってきました。
なんだかいつもより若い人が多くて、
並んだ列のなかで、「どうやんだろう?」「しるわけないしィ〜〜」
と、あげあげ頭のオネエちゃま。。。。。

80代の認知症とおぼしきお年寄りが家族に付き添われ、手を引かれてきた。
「おとうさん、字かけるかな〜」
「いいさ、線だけでも〜」

(?????)


バーコード読み取り、名前を確認されると
そのおじいさん、うなづくだけかと思ったら
「○○○雄です!」と大きな声で。
家族が
「オ〜〜〜〜」と歓声。

(うぁ〜〜〜)

その後、おじいさん、なにやら書いて、震える手で投票完了。

近所の車いすのおじいちゃんも投票していて、なんだか嬉しくなっちゃった。

人間、存在価値を確認できることが生きる力になる。

自分の存在を確認できて、国の一員として、清き一票(ほんとに清い)を
投じることができる、最高だ。

家族に付き添われて投票できたお年寄りの皆さん、きっと清々しい一日だっただろうな〜



b0055939_12125898.jpg








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!

by ygracia | 2009-08-31 12:13 | 今日のお話

インフルエンザがやってきた〜〜

このところ、遊びも含めて、母の長期?滞在の準備で、かなり忙しかった。
とにかく母が帰宅するとどこへも出られないので、オムツ初め、日用品も十分に準備しなくちゃならない。
もちろん食材も。ふだん手抜きで間に合わせでやってるから、
調べたら、介護用のタオルも足りない、血圧計もしまいっぱなし〜〜
準備が片付けになり、片付けが大掃除になり、ついでに父の思い出品が出て来て
うるうるして、いったい私何やってんだろうってことになっちゃった。

で、おしゃべり会ミーティング終了して帰宅して、バイトから帰って来た息子が言うには、
大の仲良し君が、新型インフルエンザにかかり、タミフルで復活したけど、まだ謹慎中で
人の集まるとこへ行くなといわれてるけど、いっしょにサーフィンに出かけるという〜〜
ちょっと待てェ〜〜〜

まだ息子は発症してないけど、ウィルスはどこに〜〜
うちの車にも良く一緒に乗ってたし。。
ま、ウィルス自体はその辺にいても人にくっつかなければ、2.3日で死ぬらしいけど。。。

母にはかなりのハイリスク。

帰宅は中止にしちゃったぁ〜〜

ごめん、おかあさん。

来月のほうがもっと危険なのかな。


過剰反応と息子はいうけど、ウィルス持ってるかもしれないのはアンタでしょぉ〜〜〜〜〜



なんだか、喉が痛いけど、ただのクーラー病かな〜〜b0055939_2035633.gif




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!




b0055939_19554031.jpg



b0055939_19594059.gif


まだまだお知らせが足りないみたいです。

認知症を学ぶ会セミナーin 東京

都内一部区域、川崎、横浜などで、ほそぼそと広報活動していますが、
まだまだお知らせが足りません。
皆様のご参加をお待ちしております。
また周りの方にお知らせ願えるととてもうれしいです。

パンフレットやポスターはこちらからダウンロードできますので、一枚でも
どなたかに手渡してくださるとまた、輪が広がります。

認知症を学ぶ会セミナーin 東京  お知らせページ



介護家族微力ながら、心を込めて、周知のためにまわっております。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。




b0055939_20144541.jpg

by ygracia | 2009-08-24 20:05 | 今日のお話

夏の終りに

東京地方、今日は、蒸し暑いのなんのって、まるでサウナにいるみたい。
今日は恒例の麻布十番祭りに行って来た。

ひとひとひと、暑いので、みんなうちわであおぎながら、ぶらぶらとしてる。

私はシードルを飲んじゃって、ほんわかしてたので、あわててお水購入。
いつものように、有名店の出店で買い物、今夜の夕食、年に一度の
インターナショナルディナーとなる。

b0055939_23241534.jpg



b0055939_23245092.jpg

奥に見えるのは六本木ヒルズ

b0055939_23254760.jpg



b0055939_23261385.jpg



b0055939_2326425.jpg



気がついたらもう人の波には入れない。湯気もたってる。

b0055939_23274274.jpg



今年の都会のゆかた姿〜〜

b0055939_23292241.jpg



b0055939_23294564.jpg



国際バザールは今年も大人気。

トルコのシシカバブー〜〜うまい!!

b0055939_233053100.jpg


アルゼンチンのソーセージパンは列ができてる。
b0055939_2331498.jpg



普段は行けない、富麗華のほっかほかのチャーハン、春巻き、酢豚、北京ダック、
あとはインターナショナルディナーで
今夜は大満足。

b0055939_23415073.jpg




痩せません〜〜〜



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!



b0055939_23384486.gifb0055939_2339819.gif
by ygracia | 2009-08-21 23:43 | 今日のお話

チラシおばさん

自分が住んでいる区でも行ったことがないところというのは結構新鮮である。

車で運転していくつもりだったのだけど、夕べの睡眠不足が恐いので中止。

バスと電車、一部タクシー(なぜかって、違う所に着いちゃって〜)

我が区もひろいなあって思う。 だって海だもんね〜〜〜

b0055939_23485338.jpg



乗ったバスはぐるぐる回って電車の駅へ==

ちょっとした旅行気分。


電車にのって、おとなりの区へ。

チラシおばさんがんばって、またまた電車に揺られて、帰宅。

たまにはバスで区内巡りも悪くない〜いつかゆっくりやってみようかな〜〜


b0055939_23542149.gif


まだまだお知らせが足りないみたいです。

認知症を学ぶ会セミナーin 東京

都内一部区域、川崎、横浜などで、ほそぼそと広報活動していますが、
まだまだお知らせが足りません。
皆様のご参加をお待ちしております。
また周りの方にお知らせ願えるととてもうれしいです。

パンフレットやポスターはこちらからダウンロードできますので、一枚でも
どなたかに手渡してくださるとまた、輪が広がります。

認知症を学ぶ会セミナーin 東京  お知らせページ



介護家族微力ながら、心を込めて、周知のためにまわっております。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。


b0055939_2357488.jpg




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!



b0055939_004121.gif




by ygracia | 2009-08-18 00:00 | 今日のお話

認知症を学ぶ会セミナーin東京

まだまだお知らせが足りないみたいです。

認知症を学ぶ会セミナーin 東京

都内一部区域、川崎、横浜などで、ほそぼそと広報活動していますが、
まだまだお知らせが足りません。
皆様のご参加をお待ちしております。
また周りの方にお知らせ願えるととてもうれしいです。

パンフレットやポスターはこちらからダウンロードできますので、一枚でも
どなたかに手渡してくださるとまた、輪が広がります。

認知症を学ぶ会セミナーin 東京  お知らせページ



介護家族微力ながら、心を込めて、周知のためにまわっております。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。





b0055939_1759377.jpg






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!



b0055939_1891386.gif


越智須美子さんのご主人越智俊二さんが長い闘病生活のあと8月8日に永眠されました。
こころからご冥福をお祈り申し上げます。

b0055939_1816922.jpg

by ygracia | 2009-08-16 18:09 | 今日のお話

やってみたい

『認知症という希望』の長男さんが夏休み自由研究と称して、ママチャリで24時間でどこまでいけるかとトライアル中。
楽しそうとおもいながら、今夜のウォーキング、予定よりもずっと歩いて、
どこまでいけるかなとやってみたい気持ちがムクムク湧いたけど、
明日が恐いので、やめてUターンして帰って来た。
一回やってみたいもんだ、どこまで歩けるか〜〜〜
多摩川ベリまで、もうすぐ楽勝みたいなんだけど。。

母のところへ行って来た。

このごろ、暑さもあるし、私の睡眠障害もあるしで、母のところにご無沙汰してしまった。

で、案の定、母のカーディガンは、粉薬と、たまごなんかがこびりついている。
受け取った、入れ歯ケース、あけたら、蓋の裏側も中もカビだらけ。
で、お水に歯が入っている。
早速しっかり洗った。もちろん施設長には言っておいた。

お昼寝中の母の布団をはぐと、ハンケツ状態。
オムツ替えのあと、ズボンをきちんとあげてません。
片側なんぞ、まったくあげてません。
だから下着もめくれてるし、ひっぱってあるのはカーディガンのみ。

これなんです。
主任がお休み中だと。

介護士さんたちは、みんな良い方たちなんです、
だけど、忙しいのと、文句言う人いないとこうなっちゃう。。。。
でも不思議なのは、みんなを知ってるから、そんなに腹立たない。
母はかわいそうだったな。

今日のホームはお盆休みのせいで、お客様がつぎつぎと出たり入ったりで
賑やか。

到着時にピアノの音がしてたので、母を急いで連れて行ったのだけど、
もう終わっちゃってた。
なんとドライバーさんが仕事の合間に弾いてたとの事。
この次聞かせてもらわなくちゃと母と話す。

母、今日はしっかりしてる。
入れ歯のない顔はほほがこけて、やっぱり癌進行なのかと一瞬気落ちしたが
入れ歯いれたら、いつもの顔になった。

ホームでは入れ歯をあづかりにしてしまい、食事のときにしか使わない。
再三、普段も入れてとお願いしたけれど、すぐ外すからという理由で
あづかりになっている。
またお願いしよう。
外してたらケースにいれてくれればいいし、はめるかどうか聞いてくれても良いのだけど
その時間がきっとないんだろうな。
ちょっとしたことなんだけど。

脳の活性のためには入れ歯いれてたほうがずっといいのに。
入れ歯の良い状態の方は寝てるときもつけてていいと今はいわれているのにね。
このあたりが、ホームのケアの勉強不足というか、ときどき感じるのだ。
新しい情報を家族の方が早く得ている事もある。

いつものかわいいおばあちゃん、でもデリケートな方。
今日はひとりで歌を歌ってた。
これが音程しっかりで、かなりお上手。
名前忘れたけど、有名な唱歌、二番が「漁り火遠く〜」で始まる歌。
すばらしい〜〜

玄関に置かせてもらった、
「学ぶ会」のパンフレットなんだかちっとも減ってなかった。がっかり。
しかたないね。

母、生クリームたっぷりのワッフル食べて、この前酸っぱいといった
ファイブミニを今日はおいしいといい、なんだかいっぱい食べて
ご満足。

早くうちに帰りたい。

この言葉を聞くと、胸が苦しくなってしまう。

それにしても長男さん、寝るのはどうするんだろう〜〜〜



b0055939_2359148.jpg









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!


b0055939_0059.gif
by ygracia | 2009-08-15 00:00 | 今日のお話

施設長の異動

昨日になって、母のホームから手紙が届いた。

9月1日付で、施設長が他の施設に異動になるという。

聞いてないよ〜〜だ。

施設に家族をお願いする時って、大変な決意がいる。
姥捨て、親不孝、情けない、空虚、脱力。。。。。

そんな中で、何を頼りに家族はそこを乗り越えるかというと、
「人」なのだ。

いろんな家族がいるから、いろんな施設の人間がいてもいい。
その上で、大勢の中で、信頼出来る人がいるという安心感が、家族もそして本人をも救うのだ。

施設や介護の質も良いには越した事はないけれど、
信じる「人」がいなかったり、少なくなるというのはどうしようもない。

ただ、その信じる「人」が、多くの信じうる「人々」を残してくれていれば
また救われるのだけれど。

会社としては、グループ全体の質の向上のためには、良い人材を
回して行かなければならないのだろうけれど、
せめて5年計画くらいにしてほしいと思った。

最初のホームの施設長も定年間際だったので、もしほかに異動になったら、
母を連れてついて行くと言って、笑われた。
でもそのくらい、不安だったから。
今はあのときとは、私自身も変わったので、心の対処もできるし、
スタッフを信じていかれるからいいけれど、
残念な気持ちもなきにしもあらず。

「人の痛み」がわかる人間が、施設にはたくさんいてほしい。
介助技術よりも、愛想の良さよりも、
「人の痛み」と「聞く耳」を持っててほしい。

母に言わせると、
施設長は「私にいちばん良くしてくれる人」だった。。。。



b0055939_1164896.jpg






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!


b0055939_1195213.gif
by ygracia | 2009-08-12 11:10 | 今日のお話

蒸し暑いときにこそ

この時期になると、いやな思い出が蘇って来る。

父のせん妄が激しくなり、また母の攻撃性が強くなった年に、父母のワンルーム
の部屋を二分割した。

どうしても母を連れて病院へ行かなければならないときに、
父を見守る人がいなくて、泣く泣く(ほんとに泣いた)父を閉じ込めた。
ワンルームのドアに鍵をしていくのだ。
父には「お父さんがどこかへ行っちゃって、怪我でもしたら困るから
閉めて行くけれどいい?すぐ帰って来るから」と言うと、
父は穏やかに「閉めて行っていいよ、外から開けられるんだろう」と答えた。
何かが起きて助けがはいっても確かにそとからすぐ開けられるようにはなっていた。

でも帰って来ると、ありとあらゆる手段で、ドアや窓を開けようとした痕跡があった。
こころのなかで、大泣きした。
ごめんなさい、ごめんなさいって。
父は疲れ果てて、ベッドにシャツ一枚になって、丸まって寝ていた。。。

夜は夜で、ワンルームを分割した間の戸を閉める。
「お父さん、お休み」
「ああ、お休み」

朝私が疲れ果てて目が覚めなくて、ちょっと遅くなり、あわてて戸を開けると
熱気とともに、放心状態の父の姿。。。
これが脱水を引き起こしていたのだ。
まだ嚥下も悪くはなかったから、水分も飲んでくれていたから、
何も気がつかなかった私だった。。

目先の放尿や、徘徊や脱走に気を取られて、カラダの熱や、
水分補給に気が回らなかった。

この脱水が秋の脳梗塞へとつながり、父は一挙に階段を駆け下りてしまった。。。。

身体が元気なお年寄りにこそ、十分な水分補給を気をつけていなくてはいけない。

飲めているからいいとか、食事がふつうにできているからだいじょうぶというわけではない。
食欲に任せて、食事を抜けば、また脱水し、血圧も低下、カラダの機能は落ちる。
元気なときこそ、注意が必要なのだ。
十分な水分補給と、正しい水分の利用が体内で行われる事、これが大事。

そしてそのあと、わかってくること。
嚥下が次第に悪くなり、食事量が減る事で、また水分が足りなくなっている。
そして脱水状態のまま、血圧も下がり、元気がなくなる。
点滴で水分補給すると、またまた元気を復活する。
まるで枯れかけた植木が水をあげると、シャキーンと復活するように
元気になる。

人間が水でできてること、ずっとずっと思い知らされて行くことになる。。。

先日、蒸暑い一日に軽い熱中症で、体温調節ができなくなり、
自分でもやっとわかった。
喉が渇いてごくごく飲むときはすでに脱水状態。
脱水する前にちょこちょこ補給しておくのがいちばんだということ。
頭でわかってても実行してなかったと反省。

私もDMなので(それにしては反省なしだけど)ポカリはあんまり続けられないので
アクエリアスにしてる。アクエリアスゼロのほうも。
でもカラダが欲してるのか、スポーツドリンク、ごくごく飲める。
ポカリイオンがいいのだけれど、その辺で売っていないし、ネットで購入
しなければならず、まだ試してない。
しかしこの成分なら、安心だ。
●エネルギー:8kcal ●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:2.1g ●ナトリウム:49mg ●カリウム:20mg
●カルシウム:2mg ●マグネシウム:0.6mg

おもしろいものハッケン。
スポーツドリンク成分比較表

水分補給、介護者も気をつけましょう〜〜

b0055939_3372986.jpg





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!


b0055939_3283754.gif
by ygracia | 2009-08-11 03:38 | 水分補給

第34回在宅認知症ケア連絡会

9月はセミナー続き。

9月9日(水) 夢の架け橋  レビー小体型認知症家族を支える会

9月10日(木) 第34回在宅認知症ケア連絡会

9月22日(火)(国民の休日) 認知症を学ぶ会セミナーin 東京

各地でいろんなセミナーが9月、10月と続くようだ。



第34回在宅認知症ケア連絡会

前回は、不穏、興奮、イライラなどの焦燥へ対応する一つの方法として取り上げた
「アロマ」に、かなりの反響がありました。
人間誰もが求める「五感の刺激」や「気持ちよさ」が、実は認知症の方の
心のケアにつながることに気づいたからかもしれません。

さて第34回定例連絡会のご案内です。
皆さん、「メディカルフットケア師」ってご存知ですか。
適切なトレーニングを受けて、自ら訴えられない認知症の方や高齢者の方の
現場で、日々足の手入れに専念する新しい職種です。

日本ではまだ数少ないそうですが、「足の手入れが心のケアにつながる」という
視点でのかかわりをされているそうです。

認知症の方への心のケアのあり方を考える上でも貴重な機会となると思います。
私たちが現場で直面しているフットケアの諸問題への理解も深めていけるでしょう。

多数の方のご参加をこころよりお待ちしております。


日時  2009年 9月10日(木)      18:45〜21:00

会場  きゅりあん(品川総合区民会館)  6階  大会議室 
         品川区東大井5-18-1   03-5479-4100


テーマ  フットケアから、心のケアへ

発表者    戸谷  修二   (医師 こだまクリニック)
発表者    勝目 恵美     (メディカルフットケア療法士)

ファシリテーター   元永 拓郎 (帝京大学准教授)
司会   神澤  都   (さわやかサポート久が原)

参加申し込み  在宅認知症ケア連絡会 連絡先ページよりメールにて。
連絡先ページ
 FAX 03-5337-2524  参加者氏名、連絡先、所属、職種 を記入

 今回はとても目新しく、すぐに役立つ情報です。
おばあちゃんやおじいちゃんの肥厚した爪や、角質、足の状態をもう一度チェックしてみてください。
足は第二の心臓です。足の健康も、認知症の方へのケアにはかかせないことです。

みなさま、ふるってご参加ください。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!




b0055939_17103199.gif







by ygracia | 2009-08-08 17:15 | 今日のお話

父が残したもの

昨日はレビー介護家族おしゃべり会の夏のお仕事、「認知症を学ぶ会セミナーin東京」
の広報活動。

やはり学ぶ会というところからではなく、介護家族おしゃべり会が判断して、
いいセミナーであるということで広報するのがいちばん、自分らしいと思って、
私は介護家族ですということから、突撃訪問をしている。
といってもまだちょっとだけど。

昨日は父と私を支えてくれたなつかしい方々と会う事ができた。
もちろん、初めて会った方も突撃でアポ無しでほんとに無礼な訪問なのに、
しっかりお話を聞いてくださった。
レビーのお話を。

ケアマネさんがたからもいろんな質問が出た。
予想をしていなかった展開だったので、取り留めない話になってしまったけれど、
機会があれば、きちんとお話をしたいと思った。

治療の開発は、先生方にお任せする。
だけど、医療でカバーできない部分は私たち経験者である、介護家族から
声をあげて、レビーの方とその家族が絶望のどん底に行かないですむように
また、すこしでも穏やかな大事な一日が続くように、協力していきたい。

ご本人も家族もそれを支える人々も、「レビー小体型認知症」という名前が
知られるようになったにもかかわわらず、みな手探り状態で腫れ物にさわるような
介護を強いられている。

いろんな声をまとめること、これからの私たち介護家族おしゃべり会の
お仕事になりそうだ。

私が初めて方の力を抜いて、周囲の手を借りて介護生活をはじめることが
できたきっかけとなったKさんも、優しいあの笑顔と口調はそのままに、
私の目の前に出て来てくださった。
こころが温かさでいっぱいになった。

「天職」ということばを、Kさんに捧げたい。

父が誉めていたK君もりっぱになられていた。
この方も天職だ。

父が私に残したもの、それを再確認して、またゆるゆると道を作っていると自信が湧いた。

感動は大きかったのだけど、巨体のせいで、どうやら軽い熱中症だったみたい。

帰宅してからも体温調節がうまくいかず、まいった。

で、本日は休養。

まったく話にならないわ〜〜


b0055939_2016634.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!

by ygracia | 2009-08-05 20:17 | 今日のお話