<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日々納々

久しぶりに夢を見た。
夢?と思うかもしれないけど、母の介護中からほとんど夢を見なくなってた。
レビー話が続き、疲れて夢の中にでてくるかと思っても、なにもみない。

ところが、夢を見たのだ。
母がベッドに起き上がって、「美容院に行きたいね」と言った。
のぼる先生に電話しなくちゃと思った。
私は何もしゃべらない。
「私歩けると思うんだけどね、だめかしら」
「。。。。」
でも、母の顔は穏やかで、明るい。
母が、大きなため息をついて、また自分で横になり、ふとんをひっぱった。
「ゆみこ、お茶ちょうだい」

そんな夢を見たあと、「日々納々」を読む。
お歌の好きな方はもうご存知だとおもうけれど、今、facebookで
発信していらっしゃる、90才の歌人、清水千鶴さん。
タイトルもいいけど、お歌は優しく、ときには強烈、そして日々の「ことば」が心に染み渡る。

今日はこれ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。清水千鶴でございます。

 「あなたにとって言葉とはなにか」などと息子から難しいことをたずねられました。

 そこで、ふと考え込んでしまいました。私にとって言葉とは……、と。正直に申しますと、私は「言葉とはなにか」などという難しいことを、真っ正面から考えたことなどございませんでした。

 確かに若い頃はどういう言葉を使うと格好がいいかとか、どれだけの意味を重ねあわせれば深みが出るかとか、いろんなことをやってみましたが、いつ頃からかそんなことは単なる技巧に過ぎないと思うようになったのでございます。技巧は心には勝れないのでございます。どんなに技巧を労しても、砂上に楼閣を建てるがごとく、屋上屋を重ねるがごとく、虚しいものでございます。
 しかしこれも考えて導き出した結果ではなく、日々重ねてまいりました生活の中で感じて参ったことでございます。

 そんなことを息子と話しながら頭の中にひとつの言葉が浮かびました。「形見」でございます。どうやら私の言葉は日々をふりかえるための「形見」となっているようでございます。自分自身の足跡を自分でたどり、この身が消えました後も残る。そのためには飾ったり、偽ったり、背伸びをしたりなどということではなく、それ以上でも以下でもない私の心の在り様というものをしっかり語る。そんな言葉を自らのものとするための90年だったのかもしれません。

 言葉は形見。人生の終幕を間近にしてようやくそんなふうに思い至った次第でございます。もっと早くに悟っておれば、私の歌もまた違った趣のものになっておったやも知れません。が、それも私の人生だと、いまは穏やかに受けとめられるのでございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2013-02-21 12:53 | 気まぐれなお話 | Comments(1)

生活習慣

また徹夜をした。

だから今日は一日損した気分。
ほとんど寝てた。
おまけに長時間椅子に座ってたから、血管腫が痛い。

昼間は夫を始め、子供も猫も居るから、自分のことを集中してできる時間がない。
なにやかやで邪魔されるので、頭がちっとも落ち着かない。
夕方になって、集中してくるころに、お使いにでなくちゃならないとか、、
ご飯作らなくちゃならないし。。
ま、仕事してるわけじゃないから、たいしたことじゃないんだけど。。。

だから何かをまとめなくちゃならないときは徹夜が一番。

昔から夜に集中して、何かをするから、だめだなあ。
なんとか生活習慣変えないと、とおもいながら、意志薄弱、できやしない。
でも、一回徹夜で、損する一日、もったいないから、ほんとやめよ〜〜

facebookで見かける同期はみんな、楽しそう。
好きなことに集中して、ほんとうらやましいくらい。

私はといえば、まだまだこどものことでも頭痛いし、夫の健康もいろいろあるし、
自分のことは結構後回しなんだけど、猫たちのために?長生きせねば???と
思っているけど、やっぱり時間がいっぱいほしいなあ。

ちょっと前まで、寝るのは惜しいと思ってた時期もある。
でも睡眠は命の長さに関係するから、やっぱり寝ないとね。

インフルエンザのあと、お腹の状態があまりかんばしくない。
今日からスムージーも強化。
「腸は第二の脳」を信じて、ほんと気をつけなくちゃ。

足も大事なので、ヤムナボールで、足裏から矯正中。
ピラティス、インフルエンザで寝込んでて、応募期間逃してしまったけど、
たぶん、第二募集でだいじょうぶかな。
だめなら、近くの教室に行く予定。

休んでたら、お仲間から、どうしたの?と聞かれた。
インフルエンザと言ったら、高齢の方から、
「私なんか予防接種してないけど、かからなかったわ。せっせと免疫力あげないとだめよ」
と言われてしまった。
私もこんな元気な70代になれるかなあ。
ま、気持ちは19くらいから、変わってないと、思うけど。

さてぶつぶつ言ってないで、寝よう。
明日は日本語教室だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2013-02-18 01:13 | 気まぐれなお話 | Comments(0)

命の仕舞い方

娘のお友だちがグリーフケアを勉強しているというのは以前から聞いていたのだが
その方からの情報で、終末期在宅医療のドキュメンタリーを見た。

すごく良かった。
ありきたりのすごいんですよ、すばらしいでしょ、っていうのじゃない。
しっかり見せてくれた。
訪問診療チーム、看護チーム、介護チーム、その紹介の仕方もバランスが
良いのか、とにかくひとつひとつしっかり心に残った。

我が家で生き抜く
〜在宅終末医療のいま〜

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT1300800

在宅介護は決して簡単なことではない。
意志だけでもできるものではない。

番組の中でも介護者の麻痺した疲労感をしっかり知らせていた。

それでも大切な人の意志に添い、支えるチームがいて、
命をしっかり仕舞うことができる。

人間のすばらしさに泣けた。

すごいじゃないですか、「元自衛官」
娘を大切におもうからこそ、自分で仕舞いをつける父、愛。
音楽を愛し、歌い続けた夫。
登場する方すべてのそれぞれの人生。

これが人間なのだ。

録画したけど、ダビングできないほうで録っちゃったので失敗した。
残念。
でもなんとかこの映像ほしいなあ。
だれか取ってないかなあ。

余談。
1月半ばにインフルエンザに感染。
死んだ、、、という5日間&ダウンへろへろ5日間。
動けず、まいった。
すぐ腎盂炎起こす人だから、喉を通らないけど、がんばってチビチビアクエリアスを
飲み、なんとか切り抜けた。
この大食漢が、食欲ゼロ。
生活習慣病全部もってるし、無呼吸なのにCPAPなぞ付けられず、で、不安要素いっぱいで、
呼吸は変だし、
タミフルのみ始まったら、心臓変になるし、もしかして
アクシデントで死ぬかも、、なんて熱でモウロウとしながら考えた。

なんてことない、年なのよね。

スムージーとピラティスで元気だぞといばってたのが、、、気落ちした。

未だに体調は不完全で、背中も丸く、気管支あたりの筋肉も固く
ピラティスとヤムナをしないとだめな状態。
今週からがんばるぞと思ったら、水曜日は大雪らしい。。。
あ〜〜ん。

情報いらないといいつつ、只今facebookとツイッターでつぶやいている。
私を知っている人は覗けるかも。
あちこち書けないから、だんだんブログが少なくなる、、か
facebookが減ってくか。。。

でも気まぐれなので、どうなるかはわからない〜〜〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2013-02-05 02:03 | 気まぐれなお話 | Comments(3)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る