<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

現実を

受け入れないとやっていけないのはわかってるけど、
ついつい母にうるさく言ってしまう。
このくらいできるんじゃないかとか、体を動かすために
このくらいはしてほしいとか、ごはんもゆっくり食べなさいとか、
薬飲んでないじゃないとか、いっぱい言ってしまう。

そう、現実を認めないといけない。
母の思考能力はどんどん衰えている。

父をくるみクリニックに連れて行く予定だったが、
眠いという状態だし、歩きはするものの、いつスイッチオフに
なるかわからない、私が疲れていてきっと対処する力も
ないと思い、私だけで出かけた。

乗ったタクシーの運転手さん(60代)と天気の話から
洗濯の話になり、そこから家に介護老人がふたりいてということで、
その方も奥さんを15年も看病したという話になった。
それから認知症の話。
「だれもなりたくてなるわけじゃないのにね」という運転手さんの言葉。
そして、話はもりあがり、近所のH脳神経外科の話になり、
「治った人はいい先生だ、いい病院だというし、不満だった人は
だめな医者だ、ひどい病院だと言うんだよね」と彼の言葉。
「われわれは医者と病院を信じるしかないから、真剣に向き合ってくれる
病院をさがさなくちゃね」

なんだか、ほんとに充実した40分だった。

私も人恋しいのか、めずらしくいっぱい話した。
このごろ、話す相手が決まってるし、介護のことばかりだもの、ほんと
頭がおかしくなっても仕方がない状態だ。

そしてくるみクリニックで西村先生に会って、
報告していろいろ話して、なぜかすっきりして
一応、我が家方面の先生の名前を教えていただき、
またがんばろうという気持ちでかえってきた。
でも紹介された先生、やはり我が家には遠いようなきがする。
まだ本格的にお願いする段階ではないのでちょっと待つことになる。
どちらにしても来月、またくるみクリニックへ行く予定。

西村先生のお顔を見るだけでなんでこんなに気持ちが落ち着くのか
やはり、信頼するということ、大きいのだろうか。

頻尿のはずの母がトイレを忘れている。
退院直後のように、時間でトイレに連れて行くことに戻った。
血糖値もおかしい。
低すぎたり、高かったり。
カロリーは足りてるはずだし、また脳梗塞の前触れだろうか。
先生から血糖値70を切ったら、インシュリンは打たないで見ようということに
なった。
体のコントロールが効かなくなっているのは事実だ。

私の心配と仕事は増え続ける。
by ygracia | 2005-10-13 23:55 | 今日のお話

かねあい

なんでもひとりでこなしてしまうほうが楽は楽なんだけど、
それでは先が見えている。
ヘルパーさんをお願いはしているものの、父の様子も毎日違うので
水分補給見守りの時間帯にウマくあうとは限らない。
ヘルパーさんが来る30分前にのみたいと言い出せば飲ませねばならず、
せっかく気分よく寝付いたときにヘルパーさんの時間がきたりとか。
そういうときって、おことわりしてもいいものかどうか悩む。

ヘルパーさんをお願いして一番良かったのは清潔を保てること。
部屋もしかり、本人たちもトイレのときに清拭してもらえるのできれい。
そして、声かけがおおいから、父母もわたしの金切り声を聞かなくて済む。

でも時間を決めているから、私はやっぱり休めない。
父母がたまたまよく寝ていてくれるから、じゃ、私も寝ようと思うと、
もう時間がせまっていて、結局起きていなければならない。

うちの場合、かならず、なにかあるから、ヘルパーさんのいる2時間のなかで
何回かは呼ばれるのだ。むずかしいものだ。
それでもすこしは休めるからいいのだろうけど。

今日は夕方母の病院の予約があり、父をヘルパーさんにお願いした。
あさから、うろちょろふらふらし続けている父、夕方はせん妄もある。
ヘルパーさんもついて歩いたらしい。

母の先生、
「新聞や本を読んでますか?」
「・・・・・」
「頭の体操はしないとだめですよ、」
「・・・・・」
「岡村さんは頭の回転のいいかたなのに、」
「・・・・」
「ただのおばあさんになっちゃうよ、岡村さんらしくないじゃない」
「・・・・」
「新聞とかよんでね」
大きくうなずく母。
長い間、お付き合いしているN先生、ほんとうに心の広い、優しい方だ。

母は物事の混乱が少しづつ増えている。
娘に、
「水ちょうだい」と湯沸しポットを指す。
「お湯かお茶?」
「水」
お茶をあげて、
「シロップいっぱいいれて」
「お茶だよ」
「コップがない、コップがない」
「今、ここにあるでしょ、お茶がはいっているのよ」
「あ、そう」

私がうっかりして父のトロミ剤をふたつ、おきっぱなしにした。
おやつだとおもって、母はのもうとして、
あけられないので、私を呼んだ。

腕時計の電池がなくなり、止まった時計にパニック
目覚まし時計をかわりにおいたが、無関心。
このせいか、夜中におきて、にこにこと深夜番組をみている。

それでも、父がふらふらと歩き出したり、ベットから脱走していると、
「ゆみこ~」となぜか私の名を呼ぶ。
てっちゃんではない。ほかのときは全部、てっちゃん。

自分をコントロールするのに、ほんとうに疲れる。
気合をいれて、ふんばるよりしかたがない。
兼ね合いがうまくいけばいいけど、なかなか・・・
by ygracia | 2005-10-12 00:28 | 今日のお話

日々

クイズ日本語王というのをやっていて、娘といっしょに答えてて、
一応、国文科もでてるし、日本語教師もしたことあるわけで、
調子にのってこたえてたら、恥かいた。
「間違いだらけの日本語」の本をもってて、初級から間違えてたり。
ずいぶん、いい加減に覚えてたものだと反省。
夫に確かめたら、やっぱりまちがってたぞ。
調子のいいときに、父に聞いてみようと思った。
それでも、若者よりはいいのだから、今の子たちが
いかに国語教育おろそかにされてきたかは一目瞭然。
(この使い方あってるか?)
ま、国語より、スペイン語に夢中だったから、おそらく
同世代の人はもっと正しい日本語を使っているだろうとは思う。

日本語の上級クラスの人たちのディベートなんてものすごくて
感心しっぱなしだったけ。
お~日本語教えますなんておそれおおかったわけだ~~

さて、父の大きいほうがでなくて、最高記録10日を過ぎた。
下剤をのんでももなにしてもでない。
母のようにチェックしようとすると、「ほ~~~」といって、
嫌がる。男性はむずかしいのかも。
しかたないので、明日でなかったら、病院へ連れて行って
浣腸かなと考えてた。
おなかはパンパン、腸が破裂しないかと思った。
本人はなにもくるしくないという。
クロレラ飲ませて、バナナのどろどろを飲ませてみる。
2時間ほどしたら、出たという。
チェックすると、まだだ。
シャワー椅子でトイレに直行。
大蛇のようなりっぱなのがでるでるでる。
私のほうがうれしかった。なんでだ。

そのまま、お風呂場へ。ついでに体洗い、
「お風呂に入る?」ときくと、「入る」
それで、抱きかかえて。湯船へ。
父は1ヶ月ぶりでお風呂にはいり、ほんとに気持ちよさそうだった。
大のお風呂好きなのだ。
お風呂から必死であげて、椅子へ移動。
ほとんど、無反応。
ま、だいじょううだろうと、ちゃっちゃっとやって、ベットへ。
そこで父はまた覚醒して、じぶんで体をふいて、
私は背中の傷の消毒をし、ガーゼをつけ、パジャマをきせて、
オムツをして、布団をかけて、終了。

母は朝から、パニックで、めちゃくちゃ。
私も疲れたけど、わかっているとはいえ、やっぱり、いろいろ
話して聞かせても、母にはなにひとつ、理解できなくて
記憶ものこらないということが毎回わかる。
結局、いやなことはいっさい、覚えない。
自分にやさしくしてくれる、ヘルパーさんとか、いいときのことの記憶で
姉妹とか、姪とか甥とかのことしか覚えてないわけだ。
そして、自分のことがないがしろにされたとおもうと、パニックになる。
我慢ができないのだ。
先週からリスパダールを毎晩飲まなくてはいけない状態になっている。
神経内科の診察もいかなくてはいけないのだが、父と一緒は無理で、
他の日というと、父の見守り留守番をヘルパーさんに頼まなくては
ならず、ヘルパー頼んで、ふたり一緒に病院へいくには、
介護タクシーの車椅子2台用を頼まなくてはならず、あいてないと、
たいへんなのだ。
考えるだけでいやになる。

なんか書いてたら、いやになったので今日はここで終了。
外へ行って、外猫と遊んでこよう。
玄関前も、庭も先週の喧嘩騒動のおかげでうっぷんはらしで
私が全部草をむしり、きれいにし、娘がコスモスや、いろいろな花を
買ってきたのでそれを植え、一挙に美しくなり、外へ行くのが楽しみになった。
喧嘩をするとおもいっきり、はりきってしまう私なのだ。

そう、夫は前面降伏してきた。
「悪かった」と。
by ygracia | 2005-10-09 16:55 | 今日のお話

プレゼント

さっき、娘のマックでこのブログをみたら、なんとひど~い。
書き込みがずれてるじゃん。

マックでもウィンドウズでもきれいに見えるのかと思ってた。いやだ~。

マックで見てる方、私のせいではありません。
Exciteのスキンをそのまま使っています。

父のじょくそう騒ぎといろいろで疲れっぱなし。
でもつかれたなんでいってられないけど、夕べ午前3時に父の
体位交換をして、そのあと、寝込んでしまい、
「う~~~み~~こ~~~」
という父の声で目が覚めた。
時計をみるとなんと9時。
しまった。

とんでいくと、父は汚れたおむつをはずそうと必死で
ありとあらゆるところに中身がちらばっていた。
「おとうさん、声がきこえたよ、呼んでくれたんだ!」
「うん」
「ごめん、ねぼうした」
「しかたがない」

なんかとってもうれしかった。

父が元気だけど、いつ病院に消毒にいくかタイミングがむずかしい。
お昼前にトイレにいくというので、じゃ、ついでにI先生とこにいこうねと
連れだした。
天気もよかったので父は元気になり、診察室も歩いて入れた。
床ずれとおもっていたのは、引っかき傷だという。
本人は先生に自転車から落ちましたと伝えた。
どこかで転んですりむいたのかもしれない。
私が知らないうちに。
でもこれがじょくそうになるというので消毒。
マットレスは念のためじょくそう予防マットに変えた。
介護者からはちょいと使いにくい。
父をうごかすのに、うまく動かないから。
そういえば、母のときはスライダーをつかってたな。
どこにしまったかな。

せん妄あるけど、元気なので安心。
ご飯は歯がないのでもっぱらミルサーでどろどろに。
ちょっと不機嫌だが食べてはくれる。
レトルトはまずいのでやめた。冷凍のはミルサーにかけると
まずくなってしまった。
やはり手作りがいちばん。
おかゆ用に炊飯ジャーをかわなくちゃならない。
父母用におかゆをたいてみたら、ものすごくおいしかった。
でもそのままにしてたので、息子が「おかあ、失敗してるよ」だって。

精神的にも疲れてたが、なんとなく母に話をしてみたら
まともに返事がきた。
「情けないね~」
「もうしわけないね、私たちのことでいろいろと~」
あわてて、「おかあさん、心配しないでね、だいじょうぶだからね」
というと「わかった」
たぶん、明日は忘れてくれると思うけど。
やっぱり、話し相手になる母はうれしい。
神様がくれたちょっとしたプレゼントの日だった。今日は。
by ygracia | 2005-10-07 23:14 | 今日のお話

ブログ

娘が友人たちとMixiをやってたので、おもしろそう
娘に招待メールというものをもらって、いれてもらったんだけど、
やっぱり場違いというか友人もいないから3日で退会した。

このブログもいろいろ編集してみたいんだけど、
じっくりやる暇もなく、スキン編集のブログからちょっと借りてきて
いろいろやってみたのに、まったく反映されてない。
なにかがちょっとだけちがうんだろうけど、それをじっくり
見つけ出す暇もない。

私のホームページ作りは一冊のタグ辞典から出発した。
ホームページビルダーは知らなくて使ってなかった。
猫なかまの一人に先生になってもらって、必死で作ったっけ。
タグを勉強したのでソフトを使うようになっても細かいところが直せて助かった。

ところが、このブログはCSS編集なるものがあって、その表示もちがうから
ちょっとてこずる。
でもCSS編集の本はもってるのでまたいつか勉強するぞ。

と、ちょっとパソコンを離れられないでいると、
父は脱出し、母はまたトイレにいるのだ。
すこしは遊ばせてほしいんだけどな~
by ygracia | 2005-10-05 23:47 | 雑感

ケアプラン

ケアマネさんが、ヘルパーステーションのチーフと、父のデイのチーフを
引き連れてやってきてくれたのは月曜日。
父はあいにく調子が悪く、車椅子にいたものの、なんとなく不機嫌。
いつもお世話になっているデイの男性職員、Kさんの顔をみてちょっと笑みがでた。
Kさん、こころなしか悲しそうだったな。
ま、元気で歩けて、ゲームにもはりきっていた父だから、動けないのをみて
ちょっと気を落としたのかも。
いろいろ話し合って、デイのほうは回復度合いをみてから通えるかどうか
を決めることになった。歩けることが基準なのですこし難しいかもしれない。
ヘルパーさんのほうは、何をどうやって頼んでいいかまったく私が
決められなくて、なぜなら、父の変動がはげしいので、入浴といったって、血圧の状態で
まったくだめになるし、朝、調子がよくても数時間後にはどうなるか言えないし・・
というわけで、母を主体にして、掃除と母の入浴は決めた。
その時間のなかで、父の見守り。
それと父の水分補給タイムで午後30分。これはとりあえず、2週間毎日。
なにがなんでも200ccは飲ませるという過酷?なもの???
とにかくヘルパーさんがいる時間は私はちょっとだけだけど、ほっとできるわけだ。

きょうは、ほんとにひさしぶりでいちばん付き合いの長いMさんがきてくれた。
ほんとほっとした。
母もいっぱいしゃべって、あれこれとお願いしてた。
父はそのかん、2回ベットから脱出。しりもち1回。
ほんとに油断できない。
車椅子にベルトになるかもしれない。
でも車椅子ごとたっちゃったらどうしよう。

父の背中に床ずれができてしまった。たった一晩でだ。
昨日、私が疲れて寝込んでしまったため、体位交換しなかったから?
でもできちゃったので、今日はうちにある、低反発のマットレスをひいて寝かせた。
あす、ケアマネに連絡、すぐにじょくそう予防マットレスに変えなくてはいけない。
あと、明日皮膚科に連れて行かなくちゃ。

大変だ、ほんとに。

ところで、月曜日に衰えた父をみて、いろいろプランを作ったけど、
父が昨日から復活し始めて、ご飯もよくたべ、水分もとろみなしで
ごくごくと飲むのだ。
水分補給隊のヘルパーさんもこまるくらい。
ちょっと風邪気味か、ちょっとだけ咳がでる。
スイッチオンだと、いろいろ動き出すので困ることが増える。
洗濯しおわって、これから干さなくちゃならないものがなぜか、
部屋の中にあったり、引き出しが開いてたり。
そして、「おとうさん、だめでしょ!」といったとたん、スイッチオフになり、
よたよたと倒れこむのだ。
つきっきりでいられないので、大変。

母は父の世話にかかりっきりの私がおもしろくないらしい。
問題点は私が母にやさしくできないこと。
たぶん、母がなんでもできた人で、人一倍気遣いできる人だったのに
別人になり、昔の片鱗もみせないから、私は悲しく、くやしくて
だからやさしくなれない。
母が小鳥のように口をあけ、ほぐした魚をいれてあげるとき、
私はほんとに腹立たしくなってしまう。情けないと思ってしまうのだ。
母はおおきな麻痺はない、足が不自由なだけ。
だからついつい怒ってしまう。
でも母はなにも覚えてはいない。
そして、父のことをしているとかならず呼ぶ。
「てっちゃん、パンツをあげてよ」
「てっちゃん、水がないよ」
私はてっちゃんじゃないってば!

先月、先生に言われたっけ。
「いいかげんにあきらめないと・・・」

母のアルツハイマー、少しづつ進行はしているようだ。

私のストレスはもうなんだかフラッパーみたいなぶよぶよした物体で
宇宙のかなたにポヨ~ンと広がっていくような変な感覚。

今月末のショートが予定通り実現することを願いつつ、
なんとか日々を過ごしていこう。
by ygracia | 2005-10-05 23:33 | 今日のお話

介護とは

介護ってなんなんだろうって考えている。

よくテレビでみる光景、
大勢の家族の食卓にちっちゃい、ばあちゃんもいて、もくもくと
食べている。
こぼせば、隣にすわっている、嫁さんか娘か、息子がそれをひろう。
おかずを口にはこんでやって、首にはタオルでよだれかけだ。
みんな、ばあちゃんの存在をふつうに受け止め、
むせて飛んだごはんつぶも気にしない。
わいわいと食事がすすむ、日常の光景なんだ。

寝たきりのじいちゃんのベットが奥に見えていて、
こちらでは嫁さんとばあちゃんがお茶を飲んでいる。
訪問看護師がやってきて、じいちゃんに問いかける。
孫ものぞく、みんなでのぞきこむ。庭の犬も網戸ごしにのぞいている。
日常の風景なんだ。

うちはというと、1階のワンルームにふたつの介護ベット。
部屋にはいって正面に母。右奥に父。
それぞれのテレビ。
それぞれの車椅子。
ポータブルトイレ、父用。
なんとなくタンス。
壁には前ローマ法王の写真、母の知り合いの司祭の写真。
母の作った皮細工の絵画。
ねこたち。
でも囲む家族はいない。
会話のない、ねているだけの二人。

こどもたちにもそれぞれの生活がある。
朝晩のコエカケはしくれるけど、介護にはかかわっていない。
夫はまったく関わっていない。

生かされていることに感謝しているけれど、
生きることのサポートの介護って、
家族のなかで自然に受け入れられればいいのだけど、
やっぱり難しい。
どこかでだれか犠牲になり、どこかでだれかに迷惑をかけている。

それぞれの家族のかたちのなかで介護生活がある。
なんだか、田舎の大家族がうらやましい、このごろだ。
by ygracia | 2005-10-02 09:57 | 雑感

あ~あ

もうタイトルも思いつかない。
昨日は父の体位交換を2時にやって、それから寝た。
起きれなくて、5時半に見に行ったら、横向きにして背中にいれたビーズ
クッションの上に仰向けに寝てた。ま、いいか。
母はひとりで車椅子でトイレにいくことを許可しているので
いいけど、相変わらず頻尿で(でてないけど)ちょこちょこ行く。
それでも4時間は続けてねてるみたいだからいいか。
転倒の危険性もあるけど、今は仕方ない。ひとりでやっていい。
止めるとすごい、興奮して怒るので・・・

今朝父は調子よくベットから起きたのに、トイレに到着して脱力。
血圧がさがっちゃったのか、脳梗塞おきたか、わからない。
家族よんだけど、ぜんぜん聞こえなくてしかたないから
だきかかえてベットまでいったが、ベットにあげられない。
なんとかがんばったけど、あんまり強く抱いたから父は痛かったみたいだ。
結局一日ボーっとしてた。
おやつは良く食べた、ごはんは、まあまあ、
なすのおかか煮と肉じゃがは結構たべたのでいいか。
もうカロリーなんていってられないので、とにかく食べてほしい。

父母にかかりっきりで、夫がむくれはじまった。
夫には夫の人生の理想図があるのが、それがまったく実現されないので
おもしろくないのだ。
わかってくれてると思い込んでるととんでもないしっぺ返しがやってくる。
意地っぱりの私は、そうなると意地でも夫が文句つけたとこを
全部解消してやる。いっつもそう。とにかく寝ないでやらなくちゃならないこと
がふえるわけだ。
介護のために家庭崩壊は簡単だ。
夫が理想を実現させたいなら、別れるより仕方ない。
(別れ話はおきてませんけど)
今夜は夫とこどもたちの食事を優先したから父と母の食事がとんでもない
時間になってしまった。でもふたりはおいしそうに食べてくれたから
悲しみも吹っ飛んだけど。

それに息子がえらかった。
怒鳴る夫を封じ込めた。
さすが二十歳になったから強くなったね。
息子と猫4匹が私をガードした。
娘はさっさと逃げた。

きょうは我が家のトラブルを暴露しちゃった。
夫は優秀で、会社でも忙しく帰宅は深夜。 週末は、自分でクリーニング屋にいき
スーパーで買い物してきてくれるという生活をここ何年もしてくれている。
海外出張も多いので体もつかれるだろうけれど、ま、がんばってた。
きっと、彼も疲れたんだろうとは思うけど・・・
私の疲れ度はきっと、彼も想像できないだろうな。

とくに精神的な打撃はもっと疲れるのだ、あ~あ。
by ygracia | 2005-10-01 21:22 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る
通知を受け取る