アスタ マニャーナ、また明日! gracia.exblog.jp

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2020年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

介護って。。

私はひとりっ子だったから、年老いた両親の世話をするのは当たり前だと思っていた。

北の大地から、幸せを信じて東京に出てきた母の
「苦労は自慢にはならないのよ、しなくていい苦労はしなくていい」ということばの通り
私は子供の時から、大事に育てられ、呑気に生きてたけれど、

父や母がどんな老後を過ごしたかったのか、一度も話したことなかった。。

私が外国に行っている間に、父が一度だけ、和歌山?県のリゾート型マンションの話をして、
「ここに住もうと思うんだよ」と聞いたことがあったけど、母の猛反対で、消えたようだった。

ひとりっ子の私が結婚決めた時も父や母と将来の話なんかしてなかったなあ。

その変わり、「人の人生」については小さい時からいっぱい聞かされて、話もした、、

そして、その辺の人間に成長した私は、結婚、子育て、しながら、父母の老いに直面していった。

家族会は卒業し、応援団になってからもまだ相談が絶えない。
経験を語るなというけれど、希望のある、そして道を探せる経験なら、みんながどんどん語るべきだし、
具体的な解決方法も模索できるなら、どんどんするべきだと私は思っている。

家族はついつい責任を追ってしまう。
かつげるわけのない重たいリュックを背負ったまま、道もないのに歩き出してしまう。

周囲のシステムはマニュアル化しすぎてしまい、職責以上のことはしないのが当然になっていて
ほんとに困っている人たちには、残酷な解決方法しか提示されない。

福祉って、法律で片付けられないものであるのにね。
だから、福祉なのにね。

で、世の中の矛盾に翻弄されながら、あきらめることの多いレビー家族は、
今日もがんばって、戦っているわけだ。

いまだに、病院でも施設でもちゃんと理解されてないレビーさんとその家族。

寝たきりは「寝かせられたきり」
食べられないわけじゃない、なぜ食べないのか、考えてみて。

我慢できちゃうレビーさん。
遠慮するレビーさん。

遺伝子的にも家族も同じで、遠慮がち。
だけど、必死で声を振りしぼる。

うちらの結論は
「ふつうの生活」を支えてくれたら、元気でいられるレビーさん

笑いと、周りの人の声、と日々のからだの動きと、ちょっとの薬調整と、
それが繰り返されていけば、腸内も元気になり、自律神経も整えられ、薬もちゃんと効くし、
本人は意欲が取り戻される。

気張りすぎてる家族、

今日も朝起きたら、歯を磨き、顔洗って、着替えて、
さあ、今日も1日元気でがんばろう!!

って、レビーさんとエイエイオーをしてみてね。


介護って。。_b0055939_13121074.jpg







by ygracia | 2020-10-26 13:14 | 気まぐれなお話

生活すること


テレビで急に合唱団のコロナ対策のニュースが増え出し、なんでと思ったら、
そろそろ第九の季節、だから、らしい。
そりゃ、呼気が強いから、問題は山積みだ。

私もコーラスに参加している。
消毒は万全。
部屋には高度な空気清浄循環機がついてるそうだ。

開けっぱなしはほかの部屋に影響があるので、できないから、
30分ごとの休憩と換気。

団では、フェイスカバー(ネックゲーター)を使っている。
布で鼻を覆うだけのものだから、自分の飛沫を飛ばさない、くらいの働き。
私はサージカルマスクにした。

私はというと、
甲状腺の術後、裏声っていうものがわからなくなってる。
高い声を出すのに、どうしたっけ。
首の中の筋肉?最初はほんの少し、硬い気がした。
一年ぶりで2時間近く声をだしていたら、その夜、右側の喉が痛み出した。
喉声だったけ??
熱はなんとも微妙。
36.9。

2週間前の外出あったかなあ。
病院に行ったぞ。。。

熱があがったらどうしようか、保健所に電話かとかいろいろ考えてしまったけど、
まあ、3日ほどで喉の痛みは治まってきて、熱も上がらなかったので
ほっとした。

行き帰りの電車も怖い。

だけど、今の私にはすこ=し、社会復帰が必要で、、
これが私の「生活すること」。

万全を期し、楽しみを失わず、なんとか乗り切りたい。

ひとつだけ、、仲間との食事は少し控えたほうがいいなあとちょっと反省。

静かに食べれればいいけど、なかなか、ネ!


生活すること_b0055939_08192155.jpg







by ygracia | 2020-10-15 08:21 | 気まぐれなお話

コロナコロナ

ある場所に用事があり、行かなくてはならないのに、数日前にコロナ発症したそうで。
ささっと出かけてささっとすまそうとか、いろいろいっぱい悩んでしまった。
すでに対処されてはいるらしいけど。。。

二重マスクだ、帽子だ、いや帽子付きレインコートか、、手袋忘れずに、、
とかアルコールスプレー振りまきながら、、、とか。。
まだ出たばかりだから、これから増えるかもしれない場所で。。
悩んだ、ほんとにマジで。
だって、感染すれば私はリスク高いので。。

先に準備しておかねばならないことがたくさんある。
猫たちのこと。
人間は残された人たちは自分たちの人生歩み続けてくれるだろうから
あまり心残りはない。
ま、ちょっとアラフォーの独身がいるので、そこだけか。。

なんて、ほんとにマジで、考えてしまった。
朝になり、電話で連絡してみたら、なんてことはない。
その用事は一切そこに行かないで完結することが判明。
緊張がほどけちゃった〜〜

しかしね、トランプ氏が「コロナを恐れるな!」なんてわがまま言い放題だけど、
感染したら、リスクのある人は命の保証はないのだ。
若くたって、サイトカインていうことだってあるんだ。
軽症だって苦しむんだ。

自分がほかの人にうつさないように気をつけることって、
忘れちゃいけない。
あなたにとって、大切な人が感染したら、困るように、
ほかの人にとって大切な人だって、同じように困るのだ。

生活しながら、しっかり感染対策とって、過ごさなくては、ね。

コロナコロナ_b0055939_18510002.jpg



by ygracia | 2020-10-06 18:51 | 気まぐれなお話

解禁☆


一年ぶりで人中へ。
ずっとがまんしていた、コーラスへの参加。
決心したのに、東京の感染者数増えてた。。。
少人数とはいえ、狭い部屋で、声出すときはドアを閉めてるから。
部屋には、建物全体の強力換気機能がついてるそうで、、、でも
いいのか悪いのか、わからないけど。
とりあえず、歌うときは歌いやすい、顔のケープ?マスク。
口周りが楽になる、だけど、ウィルスは通しちゃってるよね。。
それでも、歌う楽しみが復活した。
30分ごとの換気は欠かさない。

そのあと、勢いついて電車にのった。
電車の中は異様に静か。
お話は控えてくださいのアナウンスが響き渡る。
日本人て偉いね〜〜
一年ぶりの好きな場所へ。平日なのに、人がいっぱい。
高齢者もいっぱい。若者もいっぱい。
買い物して、ランチして、、ランチは初めての店。
天井高くて、広々してるから、感染対策は上とみて、入った。
メニュー写真より豪華なランチで嬉しくなる。

ところがご機嫌でいたのに、疲れがどっと押し寄せた。
必死で家にたどりつき、、、

いちねんぶりの電車外出。
疲れた〜〜

症状でてきたらアウトだわね。。。

解禁☆_b0055939_23153667.jpg
                             マスク入れ
解禁☆_b0055939_23201427.jpg




by ygracia | 2020-10-01 23:17 | 気まぐれなお話